古瀬の辻野

August 08 [Tue], 2017, 1:03
葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも問題ないでしょう。でも、葉酸には体に有益な様々な働きをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで身体を健康的に保つことをおススメします。
葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても摂取が勧められているほどです。サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方もいらっしゃいますよね。もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。ですから普段食べる機会の多いほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。ですから、サプリによる摂取が無くても普通の食事を摂っていたならば、ある程度は摂取できるのです。
妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。葉酸は赤ちゃんが元気に育つために大変重要な栄養素の一つです。それでは、もし葉酸が不足したら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。葉酸には、細胞分裂を促す働きがある事が分かっていますから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天異常を発症する可能性があると言われているそうです。また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。なぜかと言うと、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。この話は当然、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。そのため、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中から葉酸を摂るようにするのが良いでしょう。
妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、おとうふや納豆、魚などがあります。それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、意識して摂取していきたいですね。ただ、総合的に言えば、多くの食材から栄養をとるのが理想的な食生活というのに変わりはありません。その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので今しばらくは我慢するべきでしょう。
妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんも多いと思います。しかし、実は葉酸は熱に弱いため調理のために加熱することで葉酸が溶け出てしまっていることもあります。葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が足りていないかもしれません。
近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、お腹の中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天的な神経管障害が発症しにくくなることが科学的見地からも認められています。ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が勧告しているのです。例えば補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。また種類によっては特定保健用食品として、私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが少なくありません。
実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が不足してしまうと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。こうした事を踏まえ、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。これらはノンカフェインなので、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になるという事ですので、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。
妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、造血に必須の栄養素です。この作用は妊娠にも有効で、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠しやすくなるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。葉酸で血液が増産されると、新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能が正常化して活発になり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:イッカ
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/irtocfatyunudi/index1_0.rdf