美也と塚ちゃん

March 26 [Sat], 2016, 9:40
看護師は大変なこともいっぱいある仕事ですが、一生継続しやすい仕事であるというふうにも考えられています。
例えば、妊娠で一度休みを取った場合でも、再就職しやすい職業でしょう。高いレベルの専門性が産休の後の復帰のしやすさにつながっていると考えられるでしょう。

ただ、就職先に困らないといわれますが、離職率の高い職種でもあるのです。看護師が転職する際に具体的に、自分が望む職場の条件が完全に想像できないこともあるようです。



そんな時は、多数の求人情報がある看護師転職サイトを使う方が、自身にマッチした転職先を探し出すことができるはずです。
一般に、看護師が転職に挑戦するときでも、ひとりでは、待遇の話まではできかねることもありますが、看護師の転職サイトなら待遇についての話し合いにも力を貸してくれますから、より良い条件での転職が可能です。


初めて転職する人には、履歴書とか職務経歴書の書き方について教えてくれることも助かるでしょう。看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、昼間のみの勤務だったり、休みの日が多い職場で働いたりすることが見つかると良いですね。

育児の間のみ看護師をお休みするという人も多くいますが、お金がないと子育てに困りますので、看護師の資格を利用できる別の仕事を見つけた方がいいでしょう。色々な働き方ができる看護師なのですが、そのほとんどはやはり、病院で勤務しています。



看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。こうして、病院に限らず仕事をすることが可能であり、自身の生活が変わっていくのに合わせて転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。


こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。慢性的に看護師の数が足りない、とする医療機関は多く、需要は高まる一方で、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。

今、働いている仕事場ではハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。
看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、公的医療機関であれば、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、それを支払ってもらえるでしょう。ところが、個人病院の方では、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、結局は院長先生の考え次第となるようです。勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。

少し長く看護師をしてきておりますが、思ったことは、一般に看護師は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。

禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。看護師になるための資格である国家試験は、1年に1度行われます。
看護師の不足が問題となっている日本という国にとっては喜ばしいことに、ここ数年の看護師の国家試験合格率は約90%と非常に高水準を維持している状態です。


看護師の国家試験は、大学入学試験のような落とすための試験ではなく、決められたラインをクリアできれば合格することができる試験です。他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしているとマイナス評価となるのかというと、そうとは限りません。



自己PRのやり方次第では、意欲と経験があるといった印象にもっていくことも可能でしょう。



ですが、働いている期間がほんのちょっとの場合には、雇ってもすぐにやめてしまうのではと思われてしまう場合も少なくないでしょう。

看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえず言語化できるようにしておきたいものです。
日中だけの勤務がよい、プライベートの時間は十分確保したい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、要求にも個性があって当然です。


看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、負担になる労働環境で辛さに耐え続けることはありません。よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、否定的な事由だったりすると、それだけで評価を下げることになりかねません。この場合は、仕事を変えたい本当の訳をわざわざ報告するにはおよびませんから、ポジティブな印象を与える応募動機を表明してください。
あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。

それは病院の中でも国公立の病院に勤めることなんです。



そもそも、看護師は長期にわたって務められる業種で注目されていますが、さらに公務員の待遇が付加することでさらに安定した職業になると言えます。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。



これらは何よりも魅力的だと思います。

ひょっとすると、看護師は医療ミスには関わっていない思っている方がいるようです。

よく医師による手術の失敗をニュースで報じることがありますよね。

しかしながら、注射や点滴の投与を間違えたりすることもあり、最悪、訴えられてしまうことも看護師にも十分に想定される事態なのです。
不安や悩みを抱えている患者から見ると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。



でも、その労働は過酷なものであることが多いのです。



具体的には、たくさんの覚えなけばいけない事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも少なくないそうです。責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方や趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソラ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/irtf0yrmt1saen/index1_0.rdf