車の買い換えですが最近では専門の

May 03 [Tue], 2016, 3:16
車の買い換えですが、最近では、専門の買い取り業者に車の査定を頼む人が大勢います。こうした中、注意しておきたいのは、事故歴や修理歴について、相手にきちんと伝えておかないとどうなるか、です。売買契約時に店と契約書を交わします。



そこに記載されている買取査定規約を見てみると、これには、車を売る人がその車の事故歴を把握しているならそれを申告する義務があるとされています。





ですから、事故歴を知っていて隠していた場合は、契約成立後や、買い取りが終わっている状態であっても事後減額要求が可能になっております。





事故歴の申告は必ずしておいた方がいいでしょう。

車の査定を依頼する際、その時期とか依頼する業者によっては数十万円の差がついてしまう場合もあります。普段から車内の手入れや傷、凹みが付かないように心掛けることももちろんですが、少しでも高価に買取してもらうためには、数社の買取業者に依頼をし、その価格比較をすることです。







自動車の査定では、高額の査定額になるための条件がいくつかあります。その一つに挙げられるのは、その車種が人気かどうかということになります。よく売れる車種は、たとえ高値で買い取ったとしても早めに売れてしまうことが予想され、より高い値段でも売れると思われ、総じて高めに査定されることが多い可能性が高いです。例として挙げられるものは、アルフォードやワゴンR、それに、フィットやハリアー等々です。







これらが人気のある車種の一部として挙げられます。近頃では、出張査定をしている中古買取業者がほぼ全てといっていいぐらいです。







指定した日時に自宅に査定スタッフが来て、あなたの車の現況を確認して査定を行うのです。





その買取査定額に納得出来るようであれば、車を売る契約を結んで、愛車を引き渡し、買取額は数日後にご自身の口座へ振り込まれます。



二重査定という制度は中古車を取扱う業者にとっては都合が良い制度ではありますが、利用者においては非常に不利な制度です。悪質業者となると、この精度を巧妙に利用して、大幅に査定額を下げることもあります。





二重査定制度におけるトラブルを回避するためにも、契約を結ぶ前に契約書をきちんと確認すること、査定時に正しく車の状態について伝えることが大切です。