齋藤で荒川

January 04 [Wed], 2017, 13:57
最近ではニードル脱毛といった脱毛方法が減り、見かけることがずいぶんと減りました。ニードル脱毛の方法とは、針を毛穴に刺し電気を通すという脱毛法でおそらくいろいろな脱毛方法の中で一番と断言していいほど痛みを感じるものです。
こんなニードル脱毛の料金のほうですが、サロンによっては多少ばらつきがあるものの比較的高額な料金設定になるようです。



以前から興味のあった体の脱毛専門のエターナルラビリンスという脱毛エステに初めて赴いてみました。特定箇所の脱毛で、数ヶ所、脱毛するならこの際、一気に全部のムダ毛処理をしちゃおうと思い、予約してみたんです!特徴を挙げるとすると、とにかく施術が念入りでした。



高額な印象でしたが、思っていたより安くて満足しています。
光脱毛を受ける際はムダ毛のシェービングが必須です。脱毛サロンで施術する前日には済ませたいものです。肌への負担を考えると、前々日か3日くらい前が理想的です。出先で処理するのは難しいですし、日にちが近くなるほど忘れてしまったという先例も数多くあります。


ちゃんとサロンの受付まで来たのに、事前のお手入れを忘れて別の日を再度予約しなければならないなんてことにならないよう、ある程度のスパンをとってシェービングは済ませておきたいですね。初夏というのはムダ毛が気になり始める季節です。服から覗く肌が気になり、ワキ、ウデ、膝下といった目立つ部位のムダ毛を冬のような自己流ではなしに肌をキレイに仕上げたいと考え始めるのです。当然ながら利用者が増えて脱毛サロンも忙しくなりますし、値段を下げるようなことはほとんどしません。


安価に済ますことができるのは、気温が低くなり肌の露出がなくなる時期でしょう。

同じ脱毛器を使っていても、ときどき痛いと感じられるときがあります。個人差もありますし、同一人物でも部位によって感覚が違っていたりするので、避けられないことです。そんなときは、水や保冷剤などであらかじめ皮膚を冷やしてから脱毛器を使えば、痛みを緩和して効率良く脱毛することができます。



トーンコントロール機能つきの脱毛器も増えてきましたね。
この場合は、無理のない程度に出力を弱く設定してください。
きっちり脱毛しようとして出力を高くしても、痛みがつらかったり、脱毛後のほてりなどがあったりしたら、続けられないと思うのです。弱くても使い続けることで効果はあるのですから、時間はかかりますが、気長に続けていきましょう。毛の生えるサイクルに合わせたタイミングで脱毛を行うことになるので、脱毛サロンは一定の期間を空けて通うことになります。



ムダ毛のサイクルは大まかに分けて成長期、退行期、休止期に分別されます。


特に成長期に施術を行いますと、脱毛効果を高めることが出来ます。人それぞれ違いはありますが、約2ヶ月を目処に毛周期のサイクルは1サイクルとなっているのです。なので、脱毛サロンへ通う周期もこの二ヶ月という間隔が一応の目安となります。

きちんと通ったのにもかかわらず、再びムダ毛が生えたなどが脱毛サロンのクレームとして多いようです。

主に脱毛サロンでは光脱毛をしていますが、医療脱毛の「永久脱毛」とは別物になるので、その程度は人により異なりますが、施術完了後に産毛が生えることはあります。

なるべくなら全部の毛を取り除きたい場合には、費用は高額になりますが、脱毛サロンを選ばずに、医療脱毛を受けるといいかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuna
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/irpnacxrtbsmae/index1_0.rdf