夢みてた頃 

April 23 [Wed], 2008, 18:28




今までに

抱いた夢は

いくつある

可能性の3文字

信じてた頃







俵万智の詩集を読んでるときに
触発されて書いた短歌。
これまでに抱いた夢、いくつあるかわかんないくらいいっぱい。
でももう、そんな沢山の夢を見たって、と思ってしまうくらいに
自分の可能性のなさや世の中の虚しさが見えてきた。


はるかぜふいた 

March 16 [Sun], 2008, 21:33

はらりと舞った桜の花びら

るり色の空を見上げた

かぜがまだ冷たい

ぜんぶがぜんぶ新鮮に見えるよ

ふふふ、と笑う君の笑顔まで

いつもと違う気がするの

たぶん 緑の匂いを運ぶ風のせい




視線のその先 

March 02 [Sun], 2008, 17:11

しずかな夕暮れ

せんれつな橙の光



のんびり翔けるカラス



そっと手を伸ばし

のけぞる自分の心を

ささえるかのように

きょうも太陽にさよならを 月にこんにちはを

ごめんねと今日も言えずに 

March 01 [Sat], 2008, 21:15

今回は
全体通して一つの物語風。
いえずに の部分が
急な展開すぎてちょっとひっかかるけど
気にしないでください。






ごっそりとれたきのこを

めいっぱいに抱えて



ねえ、これで何作る?って

とてもきらきらした笑顔で聞いてくる君




きっとずっと続くんだろうな、なんて

ょく根拠はわからないけど感じてた

うそみたいに幸せな日々

もうずっと途切れるはずないと思った



いっそのこと

えいえんに思い出せなくなればいいのに

ずっと幸せだなんて思ってたことさえ

にがい思い出だ今じゃ

ごめんね でもあたし 明日もこの足で歩かなきゃ 

February 28 [Thu], 2008, 16:51
あいうえお作文です
最初の文字に「ん」がついてたら文章は続けられません
ご了承ください笑

そして
全体通しての文章はあんまりつながってません
思いついた言葉をはめてるだけなんです
それもご了承ください。







ごつごつしたきみの拳は

めずらしく冷え切っていた



ねえ、今なにを考えてるの?



できるかもしれない できないかもしれない

もう やるしかない




あともう少しで

たすけられそうな君を

しずかにみてることしかできない自分がそこにいた



あきあきしたよこの景色 なんて

しんじられない台詞だ今じゃ

たいようが輝いてるのも綺麗な緑がそこにあるのも

もれなく地球にプレゼントされた特権さ くれた誰かに感謝





これじゃすすめないじゃないか前にも後ろにも

のんびり行こうなんていってる暇はないんだよ

あしたがあるかどうかさえわからないんだよ

しんだときに 悔いはない なんて言える自信はないけど

でんしゃに揺られるこの毎日を

あるくのは自分の足だけ

るーるもなにもないけど これだけずっと決まってる

かわりなんていないんだよ 淋しいね

なきたくなるけど

きもちが滅入るときもあるけど

ゃるしかないんだ 自分が歩くしかない

no title 

February 28 [Thu], 2008, 16:43
一年前に書いたあいうえおぽえむ。

さっき久々に読み返したけど
このぽえむはやっぱりすきだ。

あいうえおぽえむなので
全体通した文章と
各行最初の一文字だけ取ってできる文章
両方お楽しみ下さい!









4色の明日

があの瞬間から脳裏にやき

ついてはなれない

にっきにかいたことばのかけら

なつかしいなみだながしてよみかえしてた き

っと今日のことばもあしたのことばもきのうのことばも

てきとうにかいたって 未来のじぶんは いまの自分のなにか大切な

ものをおもいだしてくれる


えきまえに集まったひとごみ

が みつめる先は

おおきなビジョン

ののしるコトバばかり作ってきた

じんるいもやっぱり優しいことばになみだするんだね

ぶっそうな事件ばかりおこっておこして泣いて笑って けいこくお

んはずっとなりっぱなしだったのに 誰一人気づかずに

でんぱの波にのって 時代の波にながされて


いつかはじぶんのきらきらせかいのきらきら

たくさんみつけるんだって

いってたじぶんが

よねんごの今は 「汚い世の中」としかいえなくなった


ないすとぅーみーとぅー よくわ

からない外国語 不器用

なコトバのかけら

いつかたった一言でも自分のコトバが使えれば それでいい


みつけたきらきら

うしなったきらきら

しんでったきらきら

なにもうしなわないなんてできなくて なにも

わからないなんてありえなくて

なにかそこにある自分だけのきらきら

いつかきっとその手ににぎる


じかんがないよ

ぶりきの時計みつめて 冷静にすいっちお

ん あした

のじぶんなんてわからなくて

きのうのじぶんさえ色がかすれて

らららるる ってご

きげんでうたったつもりなのに

らせんかいだん降りるようにおちるなみだ


こけこっこー まっかな

とさかのおっきなとりが 公園のすな

ばで好き放題に だけど凛と

のんびり朝のお知らせ 寝起きの

かすんだ目を 眠気をおびた小さな手でこすって

けいたいのアラームがなった あた

らしい朝だ 朝がきた


冬の5時 

January 06 [Sun], 2008, 19:13

魂が口から抜けていく
掴み取る気力もないまま
目の前に浮いてる魂ひたすら眺める


これが自分かあ


不安で心臓が高鳴る
慌てて深呼吸して心臓なだめる
不安があるのはなにも変わらないよ



現実逃避のアイテムにさえ
手を伸ばす気力がないよ




昨日握っていたシャープペンシル
机にぽつり
切なく。







夕陽さしこむ机上が
なんだか羨ましく思えた冬の5時

くらやみあるく 

January 05 [Sat], 2008, 12:28

くやしい思いなんて何度もしたよ

らしくないと思ってもどうしようもなかった

やすみなんて無い

みんなに追い付くには走るしかない

あしたなんか見えないよ

るんるんで歩ける日はいつくるのか

くるしいけどこれが私の選んだ道
P R
素敵なお言葉。
アイコン画像秋吉
» 夢みてた頃 (2008年04月24日)
アイコン画像ぴよこ
» 視線のその先 (2008年04月23日)
アイコン画像ベースのお兄さん
» 視線のその先 (2008年03月22日)
アイコン画像ぴよこ
» 視線のその先 (2008年03月16日)
アイコン画像ベースのお兄さん
» 視線のその先 (2008年03月10日)
アイコン画像ぴよこ
» 視線のその先 (2008年03月09日)
アイコン画像ベースのお兄さん
» 視線のその先 (2008年03月08日)
アイコン画像ぴよこ
» ごめんねと今日も言えずに (2008年03月02日)
アイコン画像ベースのお兄さん
» ごめんねと今日も言えずに (2008年03月01日)
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
メッセージどぞどぞ

TITLE


MESSAGE