ピット。 

February 18 [Thu], 2010, 9:37
小学1年生位の時 真っ白くて嘴の真っ赤な文鳥を飼っていた。

可愛くて頭の良い文鳥だった。

ある日 親戚の叔母が遊びに来て 

「この文鳥可愛いね〜。・・・・・・・・・」

後は何言われたか定かではないが ピットを譲ってほしいと言うのだ。

甘い言葉の誘惑に負けてしまった子供の私は いとも簡単にあげてしまったらしい。

その後、叔母に貰われていったピットは死んでしまった。

数十年経った今でも絶対に忘れられない出来事だ。

なぜ、あの時 「イヤだ!」 の一言が言えなかったんだろう。

後悔がずっと心にある。

一生忘れる事のない出来事。

                       
                         ごめんね・・・ピット。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:琴
読者になる
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる