なんかもう。 

2006年03月02日(木) 20時00分
 まったく最近日記をつけていなかった。書かなきゃと思っていても筆(手)が進まず。春休みに入ってからは、ゼミの合宿と、サークルの追いコンとバイトをこなし、ていただけか?今日は後期の成績が発表され、一通り単位が取れていたので、一安心。安心して本が読める(今までと何も変わってないか)。
 昨日は伊坂幸太郎の「チルドレン」を再読した。5月にwowowでドラマ化するらしい。生の陣内さんが見たくてたまらないけど、wowowは未加入なため断念するしかない。DVD化されることを祈ろう。今日はこれから辻村深月の「凍りのくじら」を読む。

読了。 

2006年02月17日(金) 12時32分
 図書館から借りてきた、貫井徳郎の「悪党たちは千里を走る」を読んだ。極悪とまでいかない悪党たちが誘拐の計画を立てるも、横から出てきた別の誘拐犯に狙っていた子供を誘拐されてしまう話。一度読み始めたら、止まらなくなってしまった。そんなテンポとユーモアがある話。

暇。 

2006年02月16日(木) 12時43分
 春休みだというのに何もやる気がおきない。こうしてだらだらと休みが終わる事態だけは避けたい・・・がんばる。バイトはしてますけどね。
 14日はどういうわけかとても暖かく春日和だった。バレンタインだからか?今日はまた寒い。
 昨日、若竹七海さんの小説を初めて読んだ。「スクランブル」。入りやすい作品だったと思う。主人公の6人(だったはず)娘たちの区別がまったくつかなかったのが残念。全体を通して少しずつ明かされていく殺人事件の謎よりも、各章の女学院で起こる小さな謎のほうが私には面白かった。

休みの日。 

2006年02月13日(月) 12時16分
最近バイトしかしていなかったが、今日は久しぶりに丸一日休みで嬉しい。とか言いつつ、本は毎日読んでいる。昨日「キーリVIII死者たちは荒野に永眠る(上)」を読んだ。このシリーズはIから読み続けているので最終巻の下巻も買う予定。「不死人」という存在が中心にありながら、かなり人が死んでいく話だし、グロテスクな描写も少々・・・。でも主人公キーリと、ハーヴェイの不器用な恋愛模様に思わずニヤリとしてしまう。最後はどうなるのかな〜。

テスト終わり。 

2006年02月09日(木) 17時07分
 とても久しぶりに更新。風邪がやっと治ってきて、テストも全教科終わって、もう何も気負わなくていいと思うと嬉しい。ただ今日、電車が途中で止まって、テストに遅刻といういままでにない事態になった。せめて路線がもう一本あれば乗り換えできるのに。
 明日からは何をしようか。考えるだけで楽しい。

風邪気味。 

2006年02月04日(土) 11時43分
 朝起きたら、のどが痛くなっていた。風邪かもしれない。
 昨日から今日にかけて、本を4冊読んだ。といっても恩田陸の「蛇行する川のほとり」はとても薄い。再読だったこともあり、3冊ともあっという間に読んだ。しかし、今日更新されていたMORI LOG ACADEMYを読んだら、森氏は本を再読することはないらしい。登場人物の台詞や内容をを忘れたりすることはないからだと言っていた。内容を忘れるのは詰め込みだからだと言っていたが、果たして本当にそうなのだろうか。私は一度読んだミステリィをもう一度読み、最後明かされる犯人にもう一度驚くことが可能な人間である。
 もう1冊は近藤史恵の「演じられた白い夜」を読んだ。こちらは初読だったから、かなりのスリルを味わいながら読めた。演劇と現実の殺人がリンクする話で、近藤さんのいつもながらの恋愛小説とミステリィが合わさったような、二度おいしい感が得られた。

雪。 

2006年02月01日(水) 22時58分
 雪雪雪・・・。ウチの大学の周りは一面真っ白に。なにもテスト期間に積もることないのに・・・
雪のため、テストも中止になり、後日またやるとのこと。嬉しいような悲しいような。
 恩田陸の「エンド・ゲーム」を図書館から借りてきて読み終わった。終わり方が少しあっけなく、期待が高かっただけに残念。一日で読んでしまったので、またじっくり読んでもいいと思う。未読の「蒲公英草紙」も読みたい。こちらも期待は高い。
 今日は同じく図書館で借りてきた「蛇行する川のほとり」を読んでいた。一度読んだけれどもまた読みたくなったので。しばらくは恩田さんの本を読んで過ごそうと思う。

個人的な幸せ。 

2006年01月29日(日) 13時31分
 近所の古本屋が閉店するので行ってきた。なんと文庫本半額だったので、ここぞとばかりに買いあさってきた。買ったのは、森博嗣の「スカイ・クロラ」、近藤史恵の未読の小説2冊と「凍える島」、加納朋子の「ささらさや」と「ガラスの麒麟」、歌野昌午の小説2冊、貫井徳郎のデビュー作、西澤保彦の「人格転移の殺人」、赤川次郎の小説2冊、あと川端康成の「雪国」の13冊。あまり新しいのは残ってなかったのは残念だったが、これから読む楽しみができたので嬉しい。
 今日はこれから図書館に行って、予約していた恩田陸の「エンド・ゲーム」を借りに行く。
 テスト終わってから読もう・・・・・・。

2日目。 

2006年01月28日(土) 0時29分
 忘れると思ったけど、とりあえず思い出したので更新することにする。すでに12時は過ぎてるが、私の感覚ではまだ27日なので、そのつもりで書く。
 今日も寒かった。昨日のような風が強い風がふいてなかったのはありがたかったけど。午後から学校に行って、ゼミと他2つの授業を受けてきた。そのうち1つは最終テストだったけれど、まあ単位はとれるだろう・・・。
 空き時間にはパソコンで時間をつぶしていた。最近作家の森博嗣さんが公開している日記「MORI LOG ACADMY」を読むことにはまっている。小説も好きだが、日記もすごく面白い。まめに更新しているのですぐ読めるのも嬉しい。どうしたらあんなスマートな文章が書けるのだろう。テストが終わったら、森博嗣さんの小説を再読しようと決心。
 

始まり。 

2006年01月26日(木) 20時21分
 いつ終わりが来るともわからないけれども、最近ブログを始めた友人に触発されて初めてみることにした。日記をつけることで、自分の生活習慣を振りかえるいい機会になればよいと思う。そもそも大学生になってから文章を書く機会がとても多くなったというのに、いまだに文章を書くのが苦手だ。せいぜい飽きないように気をつけよう。
 日記らしいことを書かなければ・・・
 今日は風が強かった。風に殺意を感じたような気もする。
 国際関係論のテストが無事終わった。とりあえず一安心。他のテストに向けてこれから勉強せねば・・・。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iroha-uta
読者になる
Yapme!一覧
読者になる