んがー。 

May 17 [Wed], 2006, 21:31
オヒサシ・・・ぶりーふあんどとらんくす

なんだかなーあ
書くこととか思いつかないわけじゃないんだけど、
隣に弟いるし、書くに書けないですわ。

ほんとに・・・ε-(ーдー)ハァ

明日は学校いくっす・・・多分・・・
行きたくない・・・・

クソおはよう 

April 05 [Wed], 2006, 8:28
1ヶ月の放置。


久しぶりかと思えば機嫌悪


サイテー

おひさし、ブリーふ 

March 19 [Sun], 2006, 15:30
めっちゃ久しぶり書く気すんねんけどどう思う?


なんかな、めっちゃダルイ。
す、す、すばるくんと夜中にバトールしたつもりですYO
私はね、独り言かますだけのためにあのスレに居るわけやないんです。
そうです、ちゃんと親交を深めたり、信頼しあったり、頼ったり頼られたりしたいわけです。
それなのに!それなのにだ!!
皆壁を作ってるやないですか。
仲良くしたいとか、頼られたいとか言うくせに。クセニ!!
なんか知らんけど壁をお造りになられて。
交流しづらくしてるんだと、私は考えるのです。どう思われますか?そこんとこ。


言葉でなんて、いくらでもいえるんだよ。
錦戸君。渋谷君。
仲良くしたいとか思うのならそちらがそういうような壁壊してくれないと困ります。はい。


以上。


PCからの昼間更新でした。

抱きしめたい 

March 11 [Sat], 2006, 0:06
抱きしめたい
溢れるほどの想いが こぼれてしまう前に

抱きしめたいねー

溜め息の中にひとりで閉じ籠ってみる 

March 04 [Sat], 2006, 1:45
誕生日。

随分前にした約束は、守られてしまいました。
嬉しい反面、とても苦しい

なんや意外にスッキリしとる 

February 28 [Tue], 2006, 0:16
めっちゃスッキリしとるわ

なんちゅうんやろ

なんかスッキリしとるわ

なんかなしてやったりでスッキリやわ


あースッキリスッキリ

日本に居らんしスッキリやわ

乙女心 

February 18 [Sat], 2006, 0:35
急にあなたを思い出した
寂しい夜の常連客
あなたを探したその先は
消せないままのメールたち

昔の携帯取り出すと
決まって開くあなたの場所
進むことは無いけれど
今のわたしには十分で

あなたを好きで居ることに
わたしは幸せ感じてる
どうせならばこの気持ち
全てぶつけてやりたいの
押さえきれないこの想い
痛いくらいに浴びせたい

溢れる想いが今ここに
涙となって溢れだす
あなたがくれた言葉には
どれにも愛を感じてた
月に一度の愛してる
そんな言葉が恋しくて
初めて感じたこの愛を
越える愛はもう無いの


心の声 

February 16 [Thu], 2006, 22:48
周りの雑音(オト)にかき消され 心の声が聞こえない
僕はやっぱり弱いから 静かにしてよと言えなくて


一人で歩くこの道が 今では凄く寂しくて
誰かが居ればこの道も 寂しくないと思ってた


心の声が聞こえたら あなたの全てを受けとめる
そしてここからまた二人 歩き始めれば怖くない

完成日時 2005年11月5日  無題 

February 15 [Wed], 2006, 3:30
人は何故 出会う?
それは 淋しがりだから
ダレかに 愛されていたいの
じゃあ何故 別れる?
それは ワカラナイ
別れは ココロに傷付けるのに
自分が選んだ道 行けば
その傷深め 自分苦しめる
それ乗り越えれば また道は開かれるだろう
今はただ 目の前に敷かれた道を行くだけ


人は何故 愛し合う?
それは 愛しいと思ったから
相手を 必要とするの
じゃあ何故 別れる?
時間(とき)が 訪れただけ
愛が冷めては 温かさも感じない
一緒に歩んだ道 振り返れば
無駄な寄り道 たくさんしたね
そんなの全ても 今となれば宝物
これからもっと 素敵な恋をしてみせるから


あなたの事 忘れない
これからもずっと 胸の中に

題名無し 

February 14 [Tue], 2006, 2:50

君が居た あの日を今も思い出す
さようなら 別れを告げたあの日から
この世が全て青の世界


それが自分 苦しめるとは
思う訳も ありません


突然起こした 行動が
悔やんでも悔やみ 切れません
君は今 どこにいるの
まだあの温もり ありますか?
もう一度だけ 触れさせて
あなたの心 その身(ハダ)に
もう一度だけ 触れてほしい
冷たく冷えた 僕の身に




頑張ろう あなたの声が欲しいから
よぉやった ただその声が欲しいだけ
どれ程頑張ったのでしょう


頑張る意味は あるのだろうか
頑張る日々が 空しいの


空回りの日々 積み重ね
悲しく涙が 溢れます
人の心が 分からない
温もり求めちゃ 駄目ですか?
もう一度だけ 触れさせて
あなたの心 その身(ハダ)に
もう一度だけ 触れてほしい
冷たく冷えた 僕の身に




愛することが 怖くなり
今までずっと 逃げてきた
あなただけだと 気付いた今は
何故今なんだと 悔やむだけ
もう一度だけ 触れさせて
あなたの心 その身(ハダ)に
もう一度だけ 触れてほしい
冷たく冷えた 僕の身に




1ヶ月程掛っての完成。
私の作詞作品1号です。
このあと曲をつけて、あーしてこーして。
最終的には何らかの形で歌います。



++僕について++
○●自分●○

□ 名前×悠
■ 年×13歳
□ 住み×北海道
■ 誕生日×ひなまつりの次の日

○●スキ●○

□ Jr@あめぞう
■ 関ジャニ∞
□  唯里
■ ネット
□ メール
■ 黒
□ 白

○●キライ●○

■ ウソ
□ 学校
■ 勉強
□ 自分













2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
++最新記事++
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iroha-eight
読者になる
Yapme!一覧
読者になる