解体作業 リヤ足回り 

February 29 [Fri], 2008, 19:27
本日も夕方から作業開始。

これで全体の半分くらいはやっつけたかな?

ファンポチ♪ 

February 12 [Tue], 2008, 18:42
今までにファンポチしてくださった方は・・・

気づいたときでいいので、ここにファンポチ報告してください!!!

ここにファンポチ報告おねがいします。

今日のお客さん 

January 29 [Tue], 2008, 0:50
フランス人男性(ろう)が今日ご来店。
串揚げ、生ガキを食べて生ビール3杯?飲んで満足そうにお帰りなりました。
ありがとう(^v^)

危機一髪! 

January 16 [Wed], 2008, 10:23
危ないところだった!

嫁さんと一番チビが二人で家で・・・・・


前日のカレーの残りに火を入れようと嫁さんが


コンロになべをかけ 点火。


と、ここまでは普段どおりの光景


が!ここからがうちの奥様のすっとぼけたところ。


なんと!!お昼寝開始!!!!!!


チビが寝ずに奥様がスヤスヤ…




30分ほどしたところで何やらケムタイ????


チビは「クムたいね〜」って平常心。


奥様も「そうね〜」っておねぼけ。



それでも、ケムイ!


何気なくキッチンへ!!!!!


ドアを開けたとたん まっしろ!!!!!!!!!!



あっという間に家中に煙が立ちこめ、二人ともパニック!



そのころ、うちの外では娘が帰宅中____


「すごい、けむりだなぁ」ってこっちものんきに。


家がちかづくと、何やら焦げ臭い。


どうやら、我が家のようだ!


かけって帰宅


家中まっしろ!


目前にはパニックの二人。


娘も加わりトリオでパニック。




事なきを得てナベを庭に放置・・・・・・


家中こげ臭い・・・


その夜は外食

奥さん落ち込み、子どもはよろこび。

おいらはあきれ。。。


残ったのは こげたなべと大きな穴の開いたお玉。


ともあれ火事にならず、怪我もなかったのが幸いだ。。。。

ミーハーですがm(__)m 

January 09 [Wed], 2008, 9:39
千葉騎手にゴーグルいただいてしまいました♪
ちょっと普段は使えませんが(^_^;)

ある日のこと 

December 22 [Sat], 2007, 0:54
 午前中は陶芸WSにでて、午後から同好会の方へ行く。これは帰りの空の様子と渋皮煮の栗のもと、

柴栗。こんな風にして入っていた栗。このイガが痛いんですよね。

でも秋の大きな楽しみ。今年は山に行かず、人んちの敷地内でとった。

この写真を撮るそばから、ぼたっぽたっと音がする。それはどんぐり。コナラだ。

この時期は意外とにぎやかであります。

今年の登り窯のWSはつぼの残りの粘土で、どんぐり親子のオブジェを作った。

笠が粘土を擦り付けただけのものなので、火の勢いで飛んでしまうかも・・・。いやだなあ。

子どもに関していえば、紛失の可能性が・・・・。

どうなりますやら。

七音(どれみ) 雪月花(せしる) 大生(ひろ) 響き優先 今時の命名 

December 15 [Sat], 2007, 6:48
昨日(10月11日)朝日新聞の夕刊に「響き優先 今時の命名」の記事が載っていました。



個性的な名前が増えているんだとか



以下記事の名前を列記します。



<漢字全体から読みを連想させる>



虹色 (そら)
想  (こころ)
星彩 (きらら)
大空 (ひろたか)
夏向花(ひまわり)
航海 (わたる)
倭人 (やまと)



<西洋の言葉を連想させる>



騎士 (ないと)
絹  (しるく)
聖  (まりあ)
宇宙 (こすも)
一二三(わるつ)
月女神(でぃあな)
希海 (のあ)



<音の響きがいい>



輝也 (だいや)
梨純 (りずむ)
月愛 (るな)
瞳月 (しずく)
美星空(うらら)
心温 (ここあ)
梨里衣(りりい)



<難しい漢字を使う>



颯羅 (そら)
耀琉 (ひかる)
魅麗 (みより)
伶鳳 (れおん)
凱都 (かいと)
爽楓 (さやか)
瑳翼 (さすけ)



確かにチョッと前「稀星」(きらら)という名前の出生届けの受理如何が話題になりましたね。



読んでいて不思議で楽しい名前はいいとして余り難しすぎる名前はどうかな?とも思います。
うちの幼稚園でもすごい名前が多くて当初大いに驚きました。
かくいう私も名前には響きにこだわり、ポンチもパンチも実は難読名でして、よくいわれを聞かれました。
年中になり知れ渡ったのか今では別に驚かれもせず、初対面でも特に聞かれません(笑)。



それに一度知ってしまうとお互いなんともなくなるのが不思議です。
インパクトは強いかも知れません。



子供の未来を思う親の気持ちが通じてみな幸せになるといいですね。

レッスンの後に・・・ 

December 08 [Sat], 2007, 1:10
この1週間は絶え間なくレッスンが入っていました。
貴重な休みもあわただしく過ごした為に体力が持つか心配でしたが
急に冷え込んできた気候のおかげで元気に乗り越えることができました。



と、言いつつも、先日のチャクラレッスンの際、生徒さんがお互いの心身の状態を
リーディングしている時、自分のチャクラリーディングをすると散々でした。
誰のものかを明かさずに生徒さんに「この人の状態はどんな状況だか説明できますか?」と
投げかけると、「どろどろした憎しみがある。」とか「いろいろ考えないで
ゆっくり休んだ方がいいと思います。」という答えが返ってきました。
図星です☆



元気じゃないときに元気に振舞いはするものの、それを隠せないのがオーラや
チャクラのリーディング。客観的に自分をみたら、本当にバランスが崩れているのが
よくわかりますが、それでも今はそのバランスをこれ以上に崩さずに頑張って
ハードワークを乗り切るしかありません。後2か月半。。。。今年一杯
頑張ります!



そんなこんなで、レッスンを行った後は気落ちしたり、喜んでみたり、
頭が痛くなったりと様々な好転反応のようなものを感じます。



先日のサトルアロマの理論レッスンは第1チャクラの心身のバランスを
整える精油たちの個性を体感していただいたり、理解していただいたりの
時間でした。根っこの精油、どっしりした精油。勉強している空気も重たいような
安定感のあるような空気になります。
心や意識が穏やかになると同時に、私はアロマのレッスンは顕著に体に
変化が現れます。香りに包まれているだけなのに、しっかり出てくれるのが嬉しい。



翌日のお通じはまさに「通じる」ほどの勢いがありました。大変下品な話ですが
一度では流れていかない老廃物を眺めながら、「恐るべし、第1チャクラ」と
一人感嘆のため息をもらしました。




サトルアロマの精油コラム←10/19UP



ヒーリングダフネHP



TEL:0797-73-2375

注文あれこれ 

December 05 [Wed], 2007, 3:05
今日は社会見学に出かけた次女さん。



弁当なのだが、実に注文が多い。



必ず入れて欲しいものは、2〜3日前から言い続ける。



作った後は、必ずチェックしなければ気がすまない。



普通は何が入っているか、楽しみにしておくものだと思うのだが、
「何が入っているか分からない」ことは不安の材料にしかならないらしい。



社会見学は、アイスクリーム作り。



実は、1学期にあった市内の特支クラスの交流会でやっている。



その時は人のざわめきと、泡だて器の音が嫌で逃走した。



今回、担任は2年生の方について行くとかで、
前回のことを伝えるようにお願いしておいた。



さて、どうなるかな。

不妊治療はつらくない 

December 01 [Sat], 2007, 9:04
■「不妊治療はつらくない」/加藤修(著)/主婦の友社/2002



不妊治療では、全国一有名なクリニック「加藤レディスクリニック」の院長が書かれた本です。
このクリニックに行って院長とお会いすると、ほぼ必ず頂ける本だとの噂(自慢つきらしいけど)。
治療されている方の間では、「なかなか良い」と評判の本だったので、読んでみたいとは思っていたのですが、古本屋で見つけたので、GET。



もともと体外受精(IVF)に偏見というか二の足を踏むことがなく、原因不明の不妊である私としては、割と素直に受け入れられる内容でした。
いくつか、おお〜っ、と思う内容があったので、下記にメモ。



1)ヒューナーテストの重要性
 ヒューナーテスト(性交渉の後に、腟内・子宮口の頚管粘液内に精子が存在しているかどうかをチェックする検査)って、実は受けたことがないのです。受けよう受けようと思いつつ、この検査をしないでAIHに進んでました。
 ヒューナーテストが不良だったら、AIHでも充分妊娠可能なんですよね。私の場合、とにかく早く授かりたかったから、個人的にAIHを軽視してました。3回くらいしかトライしてないし。期待もしてなかったし。でも、今度は受けてみようかな。
 で、この本では「極端な言い方をすれば、不妊検査はヒューナーテストだけでよいと考えています。」と書かれています。そしてヒューナーテストの結果が良好かつ不妊期間が2-3年過ぎていれば自然妊娠はもとよりAIHでも妊娠できないでしょう、とのこと。
 そりゃまぁ、そうでしょうね。精子君がたくさん居ても、卵子ちゃんに会えない、あるいは出会って受精しても着床しない、ということでしょうから・・・。



2)排卵誘発剤(hMG)の使いすぎ
 自然周期の採卵ではhMGをあまり使わないようにしますが、一般的には体外受精の場合、卵子ちゃんを育てるために、たっぷりhMGを使います。この連日の注射が痛いし、面倒なんですよね・・・。
 皆が思っていることだとは思いますが、やはりこのhMGの使いすぎが良くないらしいです。この本によれば「大量、長期のhMG使用患者からは、常に良好卵子を採取できない」と書かれています。「いつもいつもは、良い卵子ちゃんが採取できるというわけではない(ときには良い卵子ちゃんが取れる)」という意味なのか、やはり「もう良好な卵子を得ることは絶望的」という意味なのか、ちょっと日本語がわかりにくいのですが、そういうことらしいです。卵巣の反応が低下する、ということなのかなぁ。
 私も既に採卵を4回していますが、hMGを大量投与する治療は、あと2-3回以内にしたい・・・です。できれば年に2回まで、かなぁ。勝手な感覚論なので、なんとも言えませんが。



3)自然周期採卵法のメリット・デメリット
 この本(クリニック)によると「自然周期の体外受精とは、クロミッドの内服、あるいは薬剤なしで卵胞の自然な発育を待ち、適切な時期に卵胞から卵子を採取する方法」とされています。
 メリットは、2)で示したような薬剤の大量投与による過剰刺激で、卵子をムダに消費することが少ない、OHSS対策になる、薬の費用が軽減、連続治療が可能、ということだそうです。しかも排卵を起こすためのhCG投与が不要らしく、スプレキュア(点鼻薬)でO.K.だそう。
 デメリットは、1割弱の割合で採卵前に排卵してしまうということ、または採卵時間の変更があること、そして採卵できる卵子の数が少なくなること、だそうです。
 採卵できる卵子の数が少なくなることは構いませんが(少数精鋭だろうし)、排卵しちゃってたら凹むよなぁ・・・。私は以前、別のクリニックでhMG併用で自然周期の採卵をしましたが、このときのhMGが合わなかったみたいで、卵子が黄体化をおこしてました。採卵って一大イベントだから、めちゃめちゃ凹みました。クロミッドだけで卵胞を刺激していたら、いけてたのかもなぁ。しかし、毎月採卵にトライできるというのは魅力的です。毎月トライしていたら、経済的にお得になるのかどうかは不明ですが・・・。



4)月経周期の重要性
 この本を読んで、一番ビックリしたこと、それがコレでした。
 なんでも、月経の一周期というのは独立したものではなく、ある周期の卵子は、その前の前の周期から発育しているのだそうです。
 だから、月経が不順な場合は、hMGで卵巣刺激をしても良好な卵子が採取できないそうです。う〜ん、難しいですねぇ。



5)ヒトと他の哺乳類との違い
'''''○ヒトの体外受精着床率は低い'''''
 ヒトは4細胞の受精卵を子宮に戻しても着床可能ですが、マウス・ウシ・ブタなどでは着床しないそうです。一般に、これら哺乳類は、受精卵が発育するための環境条件が厳しいとのこと。なんだか、ちょっと不思議です。
 さて、これらの哺乳類には胚盤胞を戻すそうですが、胚盤胞の着床率は、ウシで40-65%なのに対し、ヒトでは10-20%だそうです。  



'''''○ヒトの子宮外妊娠率・流産率は高い'''''
 マウス・ウシ・ブタなどでは子宮外妊娠は起こらないとされているそうです。一方ヒトでは、自然妊娠において0.5-1%、体外受精では4-5%もの子宮外妊娠が発生するそうです。 また、ウシは流産率5-8%とされているそうですが、ヒトは20-25%だそう。



6)卵子回帰説
 上記5)などから、このクリニックでは「卵子回帰説(子宮に移植した胚は、すみやかに子宮から卵管へと移動して、そこで3-5日かけて発育した後に、再び子宮に戻って着床する)」という仮説を立てているそうです。
 そして、今後は胚盤胞の移植が中心になっていくと考えているそうです。



7)胚盤胞移植
 そうはいいつつも、4細胞→胚盤胞まで育てるのは、結構難しいです。ここが複数個採卵できた場合の悩みどころですよね・・・。
 しかも、胚盤胞移植でも、案外子宮外妊娠と流産が多いらしい(ダメじゃん、卵子回帰説!)。
 そういう訳で、このクリニックでは卵管・年齢・胚の3つの条件を総合的に判断して、
4細胞で戻したり、胚盤胞で戻したりするそうです。
 
8)新しい技術
 このクリニックには研究開発部もあるみたいで、新しい技術開発にも取り組んでいるそう。
 驚いたのは、強度の男性不妊の場合(精子の元になる細胞はあるが、体内で精子が育たない場合)でも、なんとかなりそうだということ。
 そして、もっと驚いたのが、加齢等による卵子の質の改善方法。遺伝子を残したい老化卵子の細胞質を抜き取り(核はそのまま)、若い細胞質とそっくり入れ替えるのだそう。この研究は、とりあえずウシでは成功したそうで、ヒトへの適応が待たれるところのようです。
 不妊治療って、この30年でものすごい進歩を遂げてきたと思うけど、この新しい手法って、本当にすごい。かなり感動しちゃいました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:irnomo1527
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 解体作業 リヤ足回り (2008年10月17日)
アイコン画像真那斗
» 解体作業 リヤ足回り (2008年10月15日)
アイコン画像猫男爵
» 解体作業 リヤ足回り (2008年10月14日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 解体作業 リヤ足回り (2008年10月10日)
アイコン画像めーたん
» 解体作業 リヤ足回り (2008年10月09日)
アイコン画像RAOSU
» 解体作業 リヤ足回り (2008年10月01日)
アイコン画像ハム太郎
» 解体作業 リヤ足回り (2008年09月28日)
アイコン画像南雲
» 解体作業 リヤ足回り (2008年09月22日)
アイコン画像火星の後継者
» 解体作業 リヤ足回り (2008年09月16日)
アイコン画像ネオニート
» 危機一髪! (2008年01月19日)
Yapme!一覧
読者になる