第3話 グループデート 

2007年09月01日(土) 20時35分

『おはょ。』

『おはょ。』

キュン。

ゃべぇ。胸がドキ2しちゃってるょー。。。

ちょっとの沈黙が続く。
『ぁいつ等遅いな。なにしてんだろ。遼は彼女とベツのトコ行くって言ってたけどさぁ。』

『えっ・・・?知恵と淳司クンは2ヒトでドッカ行くってサッキ電話きましたケド・・・』
『ってコトは・・・2ヒトだけ?』
『・・・・・・・・・・いきませんか・・・・』
『えっ?』
『2ヒトでもイイので一緒に行きませんか・・・ディズニーランド・・・』


っって・・・・
イイの決まってるぢゃないかぁ(●ノ∀`●)σ

そして2人の長い1日が始まった。。。

まさか、美奈チャンからあんなコト聞かされるなんて思ってもなかったんだ。


つづく。。。

第3話 グループデート 

2007年08月29日(水) 20時31分
学校・・・
とうとう始まってしまった・・・

9月3日・・・今日も・・・・・・


暑いぃーーーーーーーーーーーーーー(*ノД`*)

なぜこんなにも暑いの・・・・?

なんで新学期早々、校庭で始業式なんだょ!!!


『リュー!久しぶり((ヾ(∀´* )』
『おっ!淳司に遼ぢゃねぇか!』

淳司クンと遼クンは俺サンのお友達でネ。
この前、一緒に海行った男共ってのがコノ2人デね・・・

『久しぶりって、コノ前海行ったぢゃネェかょ(;・∀・) 』

『まぁそぉなんだケドょー!・・・・それより・・・お前さぁ。』
『なに・・・・・・・・・・?』


急になんだょ!?ヘンな目線送るなょー(゜Д゜))


『お前・・・・美奈ちゃんのアド聞いただろー!!!』
なぁんだ。ソレかょ!?
『まぁ聞いたとゆーか。。。。まぁ知ってるカナァ・・・(。-∀-)』

『イイよなぁー。。。でも、俺知恵ちゃん狙いだからヽ(´∀`●)ノ』
『そぉなの!?えっ?遼は・・・?』

『俺はかのじょ いるモーン(/∀\*)』

そぉだった。コイツは彼女いるんだった・・・いいよなぁ・・・
遼の彼女も桜木女子だったよなぁ・・・


『そんでさぁ!!知恵ちゃんの提案で、今度俺等と知恵ちゃんたちでグループデートでもしよってさ!!』

ハッ・・・?グループデート?

『知恵ちゃんたちって知恵ちゃんとあと誰だょ?』

『知恵ちゃんでしょ!俺の彼女と。後美奈ちゃんだよ!!』『美奈ちゃんもくるのかっ!?』

なんか知らないけど、鼓動が高まってきてる気がぁ・・・(/∀\*)


『お前もくるだろ?今度の日曜なんだケドさ!!』
『お・・・おぅ・・・・』


胸の鼓動が高まってるヨー(/□\*)

ルンルン気分でお家到ー着ー!!

気が狂いスギで気がつかなかった!!!
美奈ちゃんカラメールがきてた!!  しかも1時間前くらいに・・・( ´・ω・`)



今度の日曜日、来ますか?
朝の7時に○○駅だそうです。

楽しみにしてるヨ!絶対に来てネ!!
            美奈


絶対に行きますトモーーーーー(/∀\*)
楽しみにしてくれてるんだー!!


・・・・・・・・・・・・てかさ・・・・・・・・

7時って早くなぃ!?


まぁいっかぁ!!美奈ちゃんとラブラブできるモーンヽ(´∀`●)ノ


おバカな俺サンでスイマセン・・・

ルンルン気分で時がすぎ、とうとう日曜日がやってきた・・・

目覚まし時計を見ると予定よりチョット早く起きスギた。。

身支度も終えてルンルンしながらお家を出発ー(/∀\*)

○○駅に着くとソコには1人。眩しすぎる女の子が立っていた。
そしてコッチを見るなり、腕を大きく振ってそのカワィい笑顔を俺に見せてくれた。

今日は楽しい1日にらりそうダぁヽ(´∀`●)ノ


つづく。。。。。。

第2話 君に会えた 

2007年08月28日(火) 3時53分
女の子2人を連れて歩いてる男ドモ3人組・・・

1人余る(´Д`A;)まぁイイけど・・・

『名前なんてゆーの?』

『えっと、石川美奈デス(ノ∀`*)』
『かわぃー名前ぇ!!』

ぉい2。カワィィのは名前だけぢゃなぃだろっ!!

もちろん俺が目をつけていたのは美奈ちゃんであって・・・



まぁ・・・・・1目ボレです(////照)

まぁもう1人は知恵ちゃんだそうです。

2人とも15才で高1だそうで・・・
タメぢゃん!!みたいなネv(・ω・´☆)

そんな中男共はのんきにかわい子チャンとおしゃべりネ・・・・


俺はショボク、Iポットしかもナノで曲を聴いてたとさっ(´c_`。ヾ)


『あ・・・あのぉ・・・・』

『な・・・に?』
なんかカワッィイ。
下から見上げて話してくるのがぃぃ!!
俺のアゴくらいしか背がない美奈ちゃんかわぃい!!!


『アド交換しませんか・・・?』

『あっ・・・。ぃいケド』

なにカッコつけてンだ!俺(////照)


『ぁりがとぅござぃマス!』

スッゴい笑顔で嬉そうに携帯を握り締めている美奈ちゃんを見て胸がキュンってした。
初めての感覚だ。。。
笑顔もカワィィんだなぁ・・・爽やかでェ元気系でェ明るくてェチョイ能天気ポクてぇ・・・俺のタイプ!!



つか、俺とアドを交換したダケでこんなに喜ぶモンなの・・・?

もしかして俺のコト気になってる?

そぉだょなぁ!俺カッコぃぃモン!←バカですハィ。。。。





この日はゲーセン行ってプリとか撮ってゲームして終了。

皆とわかれてカラ家に着くと携帯に『新着メール5件』の文字があった。
受信BOXを見てみると、

宿題映させてくれぇー!!
だの
今度遊ばヘン?
だのバッカ・・・

まぁ俺は学年トップを争うくらいの天才だから宿題なんて、
チョチョいのチョいヤでな!!

そんなくだらないメールの中に1つ・・・・・

      美奈 
って名前があった。



今日は楽しかったデス。
ナンパみたいなの初めてダッタから緊張したケド・・・

また遊びましょうネ!
   美奈


ナンパみたいなマネしてゴメンね!!

デモメールくれるとか嬉しい!!








このときからだ。
俺の本気の初恋が始まったのは。


つづく。。。。

第1話 君と会えた。 

2007年08月27日(月) 20時03分
あ゛ぁ〜。暑い!! 暑すぎるだロっ(*ノД`*)

雲1つない青スギる空。その青が映ってぃる大きな・・・・・・・



海ぃ〜〜〜〜〜ヽ(´∀`●)ノ


はぃ。俺の名前ヮ鈴村龍デス。高1なんですネェ。
今日ゎ男友達と海デスね!男だけ・・・
ナンパでもしてレディー達とタワムれたぃナァ・・・

なんか海汚ェなぁ・・・海草邪魔だしっ!!





時間ダケがすぎていった。。。あぁ・・・ナンパ・・・できなかったぁ。

帰り道。駅まで15分。

って・・・道長ぇよ(゜Д゜))

ゃっと駅についてそばのマックに突入(;・∀・)

『涼しぃ〜〜〜〜』 

声を揃ぇて言ぅ男共タチでしたぁ。

早速レジに並ぶと制服姿の女の子2人組がぁ〜(/∀\*)

メッチャかゎいぃ〜ヾ(o´д`o)ノ゙
かわぃスギでしょぉ!!
2人ともギザカヮユス!!

友達も気づぃたポクて、
『ぁの子達カヮイくなぃ?』
『カワイィどころぢゃなぃよー』
『でも、ァレって桜高ぢゃネ?』『マヂで!?桜高がぃるんだょ!?』
桜高ってのヮ、俺等の高校の隣にぁる女子高で正式にゎ桜木女子高校って言ぅのネ・
『俺声掛けてぃぃかなぁ?』
『マヂで!!声掛けてこぃよー』『行ってくるゎー』
って盛り上がってるヮケで・・・
1人が話しかけに行ったさっ。

『ネェ。君達カワぃぃねぇ?桜高でしょ?俺等となりの唯野男子高校なんだケドさぁ!
これから一緒に遊ばナィ?俺等3人だけどィィ?』
唯野男子ゎ俺等の学校なの。


『えっ・・・でも・・・』
『暇だし遊んでこぅヨ!』

2人でコソコソ話してマス・・・


『ぢゃぁ遊びませんか?』

かわぃー!俺背が高ぃからかなぁ。上目づかぃで見てくるょー!

『ぢゃぁ行こぅかぁー!』『行こっ行こっ!!』

男共ゎテンションMAXですネェ・・・・



つづく。。。。