イビチャ・オシム 

July 10 [Tue], 2007, 14:40
痛恨のドロー発進にオシム監督がブチ切れた。アジア杯3連覇を狙う1次リーグB組の日本は、9日、ベトナム・ハノイで行われた初戦でカタールと対戦。後半16分にFW高原直泰(28)が先制点を挙げたが、43分にFKを直接決められて1―1で引き分けた。好機を生かせず、急造の4バックも最後にほころびを見せ、イビチャ・オシム監督(66)はロッカーで選手に激怒。背水の日本は13日、ベトナムに敗れたUAEと対戦する。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/ivica_osim/

楽天、球団初の5連勝=プロ野球・日本ハム−楽天 

May 16 [Wed], 2007, 11:09
天が球団初の5連勝。延長12回に四球と犠打失策などで無死一、三塁とし、ウィットの中堅への犠飛で決勝点を奪った。日本ハムは田中幸のソロ本塁打などで2点差を追い付き、6回以降は楽天を無安打に抑えながら敗れた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070515-00000251-jij-spo

エトーの怒り収まらず バルセロナは2つに分裂 

February 14 [Wed], 2007, 16:51
リーグ戦で数分間のみの出場を拒んだエトーは本気で怒りを募らせており、その矛先はあらゆる関係者に向けられている。彼が出場を拒んだことはバルセロナのフランク・ライカールト監督が試合後の記者会見で明らかにした。“事件”から2日後、エトーはまずそのライカールトを激しい攻撃の対象とした。

「僕が出場を拒んだと記者会見で言ったのは最悪の奴だ。勇気があるなら面と向かって直接言ってくれればいい。僕はけがをして調子が良くない間も常にチームのことを考えてきたし、いつもチームの一員として練習してきた」

 続いてエトーの攻撃対象はロナウジーニョへと移った。
「チームメートの1人がチームのことを考えるべきだと言うのなら、まずは彼自身がそうしなければならない。でも、僕はいつもまずチームのことを考えている。お金のことはその次だ。このことが一番ショックだった」

 エトーによれば、バルセロナは2つに分裂しているとのことだ。
「2つの派閥がある。1つはラポルタ会長を中心としたもの、もう1つはそのほかの人たちだ」

“そのほかの人たち”というのは副会長のサンドロ・ロセルとの結び付きが強い選手たちのことを指している。
「僕は2人の人間の争いの真ん中にいて、すべての攻撃を受ける立場にある」とエトーはコメントを続けた。

 ラポルタ会長はバルセロナ首脳陣の緊急会議を開くことを要請しており、この重大な発言に対して何らかの決断が下されることは間違いないだろう。現在のバルセロナは苦しんでいる。ヨハン・クライフはバルセロナが1つの時代の終わりを迎えたと言っていたが、選手たちの雰囲気の悪さがそれを証明しているかのようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070214-00000011-spnavi-socc
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:irjtufjr7
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる