五月病の症状に使用される薬

March 17 [Sun], 2013, 19:06
最近はストレスの多い社会を反映し、心療内科や精神科を受診する人が増えています。
また、心療内科や精神科のある病院や診療所も増えてきました。
以前と比べて、心療内科や精神科を受診するのに抵抗感が少なくなってきた時代と言えるでしょう。
五月病もまた、ストレス社会を反映したものと言えますが、五月病の憂鬱な気持ちや、イライラ感、意欲がないなどの症状に対して、心療内科や精神科で処方される薬とはどのようなものでしょうか。

五月病の症状には、抗不安薬といわれる薬が用いられることが多いようです。
抗不安薬とは、精神に作用し不安や筋肉の緊張を取る、不眠を解消するなどの効果があります。
個人の症状に応じて、医師が薬を処方します。
使用量や種類など、人により違うので、勝手に量を変えたり、止めてしまうのは厳禁です。
副作用もありますので、心配な場合は医師に相談してください。体の緊張をとる作用があるためか、ダルさや脱力感をうったえることが多いそうです。
また、アルコールと一緒に服用してはいけません。
服用しなくても大丈夫、と感じても、自己判断で服用を止めないこと。
医師と相談のうえ、服用量を減らしたり、服用回数を減らしていきます。

そして、薬だけに頼るのではなく、同時に食事をきちんと取る、ストレス解消の方法などを見つけて、明るく生活できるよう心がけましょう。
五月病に関して様々な情報がありますが、薬はその中の選択肢のひとつです。
自分にあった五月病の乗り切り方を見つけ、新しい環境を楽しめるよう、願ってやみません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ジェルーン
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/irjmgce4/index1_0.rdf