ゴールデンターキンと美心

July 09 [Sat], 2016, 9:53
介護士というと介護施設に勤めているイメージがありますが、介護士が働ける職場として実のところ、保育園が挙げられます。
保育園に勤めるということで、子どもが好きであったり育児の経験がある介護士は、理想的な職場だと思います。

仕事の内容は、子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという必要不可欠な仕事なのです。
食い逸れる心配の少ない人気職、介護士を目指すには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく介護士という肩書きを得ます。国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、特に恐れるようなものではないようです。

介護士の養成を目的とした、専門の教育機関は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、介護の立場から支援したいという考えを持った介護士の方が増えています。



海外でも介護士の需要は大きくなる一方で、困難を抱える人を救うことの出来る介護士という人材が要求されています。


当たり前の事ですが、海外では患者との円滑なコミュニケーションのために英語が必要不可欠なのです。

本気で介護士として海外で働くことを夢見るのならば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。何かと業務が多い介護士ですが、それだけに、介護士がいなければ介護施設内で仕事が回らないほどであり、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。
入院患者のいる介護施設ではもちろん24時間稼働しますし、介護士も24時間、介護施設に滞在することになります。そこで、どこの介護施設でも日勤、夜勤と交代制を採っています。
夜勤のある仕事ではどうしても、多少強引にでも時間の調整をしなければ睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。
簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、基本的に土日は休みになります。


何か不測の事態による緊急の出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。
また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういったところは高い確率で土日は休めるようになっているでしょう。一般的に介護士の職場というと介護施設を思い浮かべますが、その介護施設といっても複数の科を持っている総合介護施設から、地域の町医者まで規模は様々です。また、介護施設や保育園も介護士の職場と言えるでしょう。
それぞれの会社で給料が変わるものですが、当然ながら、介護士の場合も同じでしょう。
町医者と総合介護施設とでは、どうしても収入は違ったものになるでしょう。



これらの事を考慮すると、一口に介護士といっても、平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。
看護士と介護士、いったい何が違うのでしょう。



読み方はどちらも同じですが、それぞれ漢字表記にすると、この二つになります。
かつては「看護士」が男性、看護婦は女性と明確に分けられていました。でも、2001年に法律が変わったことを契機として、女性にも男性にも使うことができる介護士という呼び方に一元化しました。


基本的に定休制の会社員とは異なり、介護士の休みは職場によって違うのです。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、先にシフトが組まれていますので、出勤や休日がカレンダー通りではないことも一般的です。


別の見方をすれば、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。
患者に安心して治療を受けてもらうためにも、介護士は服装や外見を意識しておく事を忘れてはいけません。



メイクが必要な女性では、派手な化粧はなるだけ控えておいて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが良いでしょう。ノーメイクという訳でもありませんから、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象がガラッと変わると思います。


今どきの交代制勤務、一般的に「シフト勤務」になる業種のもののひとつに、介護士の仕事がありますよね。外来の介護士ならば夜勤がないこともあるようなのですが、一般的には病棟の方が必要な介護士も多いので、まだ経験が浅ければ、必然的にシフト勤務になると思います。
妻が介護士としてシフトを組んで仕事をしていましたから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって困った事を覚えています。

大方の場合、介護士の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。介護施設勤務で、二交代制だった場合、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。労働時間が長いということも一般的に、介護士の勤務というものが過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。

かつての介護士は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の介護士がほとんどでした。でも、今では介護士という名前も定着して、男性が働くことも珍しくありません。実際の現場に必要になる介護士としての能力を考えるならば、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。
本来女性が持っているような優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、介護士にとって大事なポイントになっています。



日夜、仕事に打ち込む介護士の給料は、他業種と比べると高めですが、個人のクリニックなのか、大規模な公立介護施設なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。
退職時につく手当、退職金はどうかというと、都道府県や市町村などによる公立介護施設や、あるいは国立の介護施設なら、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、そうした規定に沿って支払われます。一方、個人経営の介護施設になると、介護施設にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、結局は院長先生の考え次第となるようです。

つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立介護施設で、あとは介護施設によるようです。どういった場合に、介護士がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、回復して退院した患者さんが、後になって、介護施設まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。

また、特に患者さんのご家族から何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、しみじみとやりがいを感じられます。世間で言われているように、介護士の仕事はかなり辛いものです。ですから、やりがいを覚えなくなったら、多分介護士はもう辞めたい、などと願ってしまうでしょう。
介護士を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。


通常業務のみでも大変忙しいのに加え、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残って仕事をしなければならないことがよくあります。

とはいえ、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。



少し前まで愚痴を言っていたような人がすぐさま笑顔を向けられるのだから、介護士はさながら女優だなと感じます。

介護士の仕事といっても、部署が違えば、介護士として必要になる技術や処置の方法も異なります。ローテーション研修は、介護士にとってひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、視野を広げて、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。



介護士としての今後を思い描くことに繋がりますし、やる気も上げられると言われています。



給料の面で見ると、介護士は待遇がいいと思われがちですが、実をいうとどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、総額が上がっている場合が多いです。ですからナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであれば勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤がある勤務先を選択してください。
当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって給料の額は違ってきます。近年、日本においてはインドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、外国人介護士候補生という方々を受け入れています。



とは言っても、日本語で作製された介護士の国家試験を受験し、3年間の滞在期間中に介護士資格の取得ができなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。就労中に日本語を学び、また、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。
職場を移りたい、と考える介護士は意外なほど多いようです。

どこの介護機関でも、介護士は人手不足になりがちで、結果として、求人が大変多いわけです。


今いる職場において、そこでの給料が相場より遥かに安かったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。

現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。
他の仕事と違い、介護士が職場で勤務する時間というのは、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。シフトの具合によっては仕方がないとしても、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、小さな子供がいる人でもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、なんとか対応していける主な理由は、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。未婚の友人の中でも介護士をしている人が結構います。



介護士は人気が高いと思うのですが、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?介護士がどのくらいの年齢で結婚しているのかを調べてみますと、両極端だという事が言えますね。
結婚が遅い人に共通していることは、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、自分の出世を考えて結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。


もし介護士として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。

放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、介護施設内で働く限り、危険はいろいろありますので、油断は禁物です。もう一つ、薬のことも介護施設で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、気をつけないといけません。そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。

仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。


介護士の職は特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、他の仕事と同様に、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。

職業柄、ストライキをすることも介護士にとっては困難で、雇用する側が、しっかりと気を配るということが重要であるということに疑いの余地はありません。
皆さんは介護士の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、晴れて介護士になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。


料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。
そうはいっても、ここ数年の間に徐々に介護士の制服も変わってきているのが現状で、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、これも世の中の傾向なのでしょうね。


以前はそれ程一般的ではなかった、介護士各々の能力評価ですが、近年ではだいぶ行なう介護施設が増えてきました。
個人ごとの能力を測り、評価できるように、指標をはじめから作っていったところもあります。月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、じっくり時間をかけて一年に一度だけ、という介護施設もあります。


なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、高いモチベーションを保てます。

どこの業界にもこういったものはあるようですが、介護士の世界で通用する業界用語のひとつに「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。
これは、食事をとりに休憩してきます、ということを他の勤務中の介護士に伝えるための暗号として使用している現場は多いようです。

そもそもエッセンとは、というと、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。昔、この世界ではドイツ語の介護用語が盛んに使用されていた事実があって、そんな時代の名残ですが、とにかく今の時代の介護士も、よく使う業界用語です。

介護士の仕事を選択する、外せない理由の一つに収入が高いという点があります。



卒後間もない介護士の場合も、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも多くもらえていることがわかると思います。


しかし、給料を多くもらうということは、それだけよく勉強して日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。


不規則な交代勤務や煩雑な仕事など多くの仕事がある介護士ですが、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。



入院している患者に関する情報をしっかり覚え、責任を持って交代する介護士に伝え、スムーズに看護業務を行えるようにしなくてはなりません。



伝言で済むものも多いとはいうものの、病状や処置に関する情報については重い責任の仕事だと言えます。

初めて介護士の就職先を探してみても決まらず困っている話を聞きますが、年齢が壁になっているかもしれません。求人において特に年齢制限の記載がなくても、場合によっては、介護施設が内実に年齢を理由にした不採用を決められていることも、珍しくないのです。中でも、30歳以上で未経験の場合、厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。介護士になるための手段として、看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。

大学の特色は何かというと高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、より幅広く知識を修得できるということでしょう。対する専門学校については、実習など現場に即した内容が多いので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。
その他、学費に関しても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:聖
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる