阿蘇方面へ行き当たりばったりの旅(その2) 

February 17 [Sun], 2008, 1:52
阿蘇まで辿り着いたら、次は宿探し!
と、いうところですが、
今回はキャンプなのでテント泊です。
少しだけ下調べしてあった、キャンプ場へGO!



阿蘇の外輪山から中のほうへ入ったところ、
「坊中」という場所なのですが・・・。
看板を見つけてまっすぐに向ってみると???



ゲートが閉まっております。
そして、ゲートに張り紙がしてあります。
「一応、閉めさせていただきます」
というようなことが書いてあります。
『一応』って、どういうこと???



訳がわかりませんが、閉まっているので仕方がありません。
別の場所を探してみることにしました。



阿蘇山をぐるっと回るくらい走り回り、
ようやく開いているキャンプ場を発見☆
『鍋の平キャンプ場』というところです。



本日の宿泊はこちらにテントを張ってということに決定☆
夕食の材料を買出しに行くことに相成りました。



お湯を沸かすことは出来るものの、
本格的にお料理できるような道具をもってきていないので、
最も近いスーパー(と言っても、結構、距離ありました)で、
すぐに食べられそうなものばかりを購入!
トマト、鶏刺、からしレンコン、ほうれん草の白和えなど
所謂、お惣菜です。



食料の調達が完了したら、日が暮れないうちに急いでテントの設営☆

私達以外、キャンプ場には誰もいません。
日曜日ですから、当たり前か・・・。
キャンプ場のすぐ隣は、牧場らしいです。

牛がすぐ近くにいます。



涼しいというか、寒いし、日も暮れてきたので、
そろそろ夕飯にすることにしました。

ちょっと、ホームレスちっくな食事ですが、
満足度200パーセントでした。



途中の道の駅で購入した焼酎をお湯割で飲んで、
日が暮れて、星が出てきたので、8時には就寝しました。



寝袋に入り、横になると、テントの入り口から満点の星空が☆
ものすごくきれいです。
星が瞬いています。瞬く星ははじめて見ました。
写真を撮ったのですが、上手に撮れなかったので、写真なしです。



しばらく星を眺めていましたが、ほどなく熟睡zzz



そして、夜中に目が覚めました。
主人も目覚めたようです。
時刻を確認すると、、、
2時?
いや、11時10分でした。
まだまだ日にちも変わってないよ〜。



再び、就寝☆



そして、またまた目が覚めました☆
1時30分!
まだまだ、朝まで時間がありすぎ!
そして、寒すぎ!
そして、風が時々ビューっと通っていき、怖すぎ!



風がガサガサ言うと、
動物がやってきて、テントを突っついているのではないかと思ってしまいます。
寝返りを打ちたくても、テントの外側を向いて眠れません。怖くて。
南極物語みたいな夢を見ました。
あと、植村直己物語みたいな夢も。
その後も、3時ぐらいに目が覚めて、
覚悟を決めて、テントの外側に向いて眠ったら、よく眠れました。



朝、5時30分、起床!
コーヒーを入れて、目を覚まし、テントの撤収〜!
月曜日の朝に、キャンプ場で目覚めているのって、私達くらいなもんだよ〜。




今回のキャンプで、人間には安心して眠れる場所が絶対に必要なことを学習しました!

家庭的になる道のり&テスト結果 

February 12 [Tue], 2008, 9:08
こんばんは∩(´∀`∩)



家庭科で編み物をしてたけど、



まったく分かりませんでした。。。



一応学校で毛糸をもらったという事で喜んでます(猫・・・??)







去年のパソコンの授業は結構得意(?)だけど



調理、裁縫はあんまり。。。



小学校のころはよく裁縫とか楽しんでたんですけどねww



家庭的な人になるには



程遠いwww




ところで今日返ってきた答案



生物に驚きの点数がっ!!!!!



良い意味でですよww



社会もまぁまぁ出来て・・・



英語はグレードクラス落ちそうだけど



平均超したのでいいとして(ヲィ!)



ただ現代文は出来なかったけどねww

オカザイル再び!! 

January 21 [Mon], 2008, 16:35
かなり前の話になりますが



めちゃいけのオファーシリーズ見ましたか?



岡村さんすごいですね。見事。かっこよかった。



なんだかんだ言っても、こなしてしまいますもんね。



本当にすごいなー☆



このオファーシリーズは毎回おもしろ企画で



ちょっぴり感動もあり



大好きです。



オカザイルもエグザイルもイメージアップ☆





世界でひとつのキュートな似顔絵
似顔絵屋Hanako☆

いつものところへ 

January 15 [Tue], 2008, 0:17
いつものように飲みにきました。

守るものがないせいか、今日も酒が進むわ。

明日仕事する気ないし。

BLEACH 更木。 

January 03 [Thu], 2008, 7:00
気づいたら書いてました。

難しいっすねBLEACHキャラは…
まともにかけるのコンと花ちゃんくらいかも…。

まだまだ勉強不足です。

紫陽花や山田五十鈴という女優 

December 18 [Tue], 2007, 8:31
青森の浪岡映画祭で、山田五十鈴特集を組まれた時に、松竹だったかのプロデューサーの升本喜年さんがゲストで来られてたので、著書を買いましたら、サインもらえましたー!



美人女優として名高い方ですけど、他の美人女優さんとはなんか雰囲気違う方ですよねー。



んで、恋愛も、好きな人色に染まる(BY米米CLUB?今流れてるから、僕らの音楽で)みたいな、もんのすごい好きっぷりってかんじがした、この本読むと。



だけど、裏切られたり、しまいには性病まで移されて大変なことになったり・・・子供も不幸になったりと、いやはやまあ、いろんなことがあったんですねー。



正直言って、年取ってからの姿から知ったので、カネボウの化粧品のCMとか出てたりとか、ドラマとかだと、やっぱり必殺シリーズとか。



その特集で、いろいろ映画見ましたが、芸者の姉妹の話とか、すっごいぴったんこな役だなーと思いました。「祇園の姉妹」か、浅田次郎の本にもそんな題名の映画が出てきたけど。



あと、芸の話の映画、踊るシーンが素晴らしかったですねー。泉鏡花原作だそうですけど。「歌行灯」というやつですね。



この浪岡映画祭、青森市と弘前市の間にある浪岡町で行われてたんですが、いろいろ毎回特集上映がすごくて、ゴダール特集とか、あと、ドキュメンタリー映画の監督の特集(でも、ドキュメンタリー苦手で、DVのえんえんインタビューのやつは、ちょっとお腹いっぱい過ぎたー)など、いろいろな映画を上映してきたのですが、青森市に浪岡町が合併されてからは、ポルノ映画を上映しようとして、市でお金出すの打ち切りになってしまい、映画祭終わっちゃったんじゃないかな?

風林火山博 

December 12 [Wed], 2007, 9:04
5日(金)早起きして (早起きしたつもり・・・) 新宿から甲府へ。




新宿駅の 西口改札から入ってしまった私。



中央線の特急ホーム、〓〓って 



なんであんなに 遠いの〜?



駅構内で 迷子になるかと思いましたわ(^^ゞ




8時丁度ではなかったけど 特急「あずさ」で甲府へ。



甲府には 車山のペンションでの丁稚奉公の行き帰りに



ピンポイントで行ったことはあるけど 泊まりは初めてです。




ホテルに荷物を預けて テンションを高める為に 



山梨県庁近くで開催されている「風林火山博」へ れっつらご〜。



NHK大河「風林火山」のドラマ展と



山梨の土産もん大集合って感じです。








ドラマ展は 



武田氏の歴史、山本勘助の人物像



ドラマの撮影現場のパネルや ハイライトシーンのビデオ



主要登場人物のインタビュー などなど。




撮影禁止のところが多くてねぇ・・・。



入場料¥700のわりに ちょっとしょぼいかも・・・。



ま、いっかー。千葉ちゃんのインタビュー見れたし。





うっちーと亀ちゃんの実物大パネルの前で 衣装をつけて写真撮影できます。





内野聖陽さん




千葉真一さんのサイン。




「武田検定」なるものを受けてみました




四択問題が 10問。



やってみる?





  1、武田信玄が作ったと言うお金は何ですか?
  2、武田信玄を悩ませた暴れ川はどれですか?
  3、武田氏の家宝「御旗(みはた)」は、どのようなデザインの旗でしょうか?
  4、武田信玄のおじいさん(母方)の名前はどれですか?
  5、武田信玄を火葬したと言われ、現在は信玄の墓が建っている所はどこ?
  6、信玄の軍師とされる人物は、合戦での活躍により何に例えられる?
  7、信玄に出家した軍師に、道号を書き与えました。それは何ですか?
  8、軍師がとされる人物が、上杉謙信に備えるために築いた城は?
  9、信玄が徳川家康を打ち破った戦いは何ですか?
  10、山本勘助から築城術を伝授された武将は誰ですか?






私 4問目を間違えて、9問正解でした。







う〜ん、あんなに勉強したのに まだまだ修行が足らん(-"-)





  答え
    1、甲州金
    2、釜無川
    3、日の丸
    4、大井貞隆
    5、岩窪
    6、摩利支天
    7、道鬼斎
    8、海津城
    9、三方が原の戦い
    10、馬場信春





11月11日には 50問の「武田検定」があります。



高得点マイスターには 認定証と記念品がもらえるそうですよ。

俊輔の銅像がグラスゴーに建つ日(あたしが勝手に造る) 

December 05 [Wed], 2007, 15:14
 '07-6-26 稲毛での練習にて。本文とは関係ありませんよぅ〜(最近生写真撮る機会がないからさ・・)








  10月23日(火)19:00〜20:54 テレ朝系列新番組「体育の時間」
  
  俊輔とロナウジーニョがキックターゲットで対決!(といっても別々に収録)
  
  野球のストラックアウトのように、12球のサッカーボールを蹴って9枚のパネルを打ち抜くとゆー、
  あれです。

  3流アイドルがロッククライミングっぽいのを露出多目で挑戦するとか 番組の大半はそんなのだけど
  (S○SUKEのパクリとか言っちゃダメ!)
  桐光時代がちょっぴり思い出されるかわゆい髪型に萌えちゃってください♡

  キョーコ的には 俊輔とロニーで2時間引っぱれよっってかんじですが。。。 










さて。



そんなこんなで先週はまたしても公私共にトラブル続出で、結局チケット買って席もおさえててもらったにもかかわらず長居のエジプト戦ははずしてしまったわけですが。



俊輔選手はその前に帰国してしまいましたね〜。





先週は20日(土)のセルティック×グラスゴーレンジャーズとの観戦イベントもあったのであきらめはつきましたが。。(;・∀・)




セルティックにとって、リーグ戦の「レンジャーズ」との対戦は サポーターにとっても選手にとっても、
グラスゴーという街にとっても特別な一戦なのです。



セルティックとレンジャーズは 同じグラスゴーの街にあり、同じ地域チーム同士の戦いなどを「ダービーマッチ」というのですが、このセルティック×レンジャーズの戦いは'''世界最古のダービー'''として'''『オールドファーム』'''と称しています。



(こんなこと俊輔マニアの皆様には釈迦に説法なのですが)





ちょっとおもしろいことに BHOYS(セルティックのサポーターの愛称)の間ではチャンピオンズリーグでの1勝よりも、このオールドファームでの勝利のほうに価値を感じてるようです。



記憶に新しい前年度のCLマンU戦での俊輔の あの号泣のFKを、「あれをオールドファームでやってくれたら、もっとすごかった」なんて言うBHOYSがいたなんて話を友達から聞きましたが、それくらい彼らにとってオールドファームは重要な試合なのです。





ところがですね。





これだけセルティックの核となり つい先日は生涯契約のオファーの話まで出た俊輔選手なのですが、



このオールドファームでだけはまだそんなに記憶に残る活躍がないのです。





悪い予感が的中です。




20日(土)のアウェイのオールドファームにスタメン出場したスンタンは なんか顔色も悪くてしかもちょっと痩せてて、なんとなく体調よくなさそうに見えました。





唯一の見せ場の ほぼ正面からのスンタンのFKは なんと軸足を滑らせて失敗。



(これは、試合中何度も他の選手もすべるシーンがあったので 俊輔のせいではなくアイブロックの芝のせいと断定)



全体を通して俊輔のいる右サイドに全然ボールが行かず、ボールでなく俊輔の行方を追うサッカーの見方をしてるキョーコにはなんとも酔いのさめる展開に。



左ばっかり使う一本調子の攻めがちっとも冴えず、俊輔も後半13分で交代、0−3とゆー屈辱的な完敗。




負けたのは別にいいんだけど、(とゆーか、悪いんだけど 俊輔が抜けてから点入れて勝ったりしたらなんかサミシイから)俊輔交代の理由を知りたいですよねぇ。



普段セルティックでは 俊輔は、怪我してない限りスタメンフル出場当然!みたいなかんじで、
ストラカン監督からも俊輔への強い信頼と愛がにじみ出てるのに。



監督が俊輔を途中で下げたのは前年度CLのミラン戦、今年度CLのシャフタール、(その間にカップ戦準決勝もあったけど) そしてこのオールドファームと、最近ではここ一番の試合でばっかり交代してるんですよね。




いまさらだけど、ミラン戦での交代の理由とか、まだあたしにはわかりません。。




今回のオールドファームでは レジーナ時代を思い出しちゃうような存在感でちょっと残念でした。



怪我も完治したのか なんか心配です。






次のオールドファームは2008年1月2日。



ホームでの、「ぜったいに負けられない戦い」です。




俊輔がセルティックの歴史をまた変える瞬間を、しっかりカメラにおさめてきます!

10月21日、日曜日 

December 01 [Sat], 2007, 20:54
地元の自衛隊の祭り行って来た。
模擬戦とか展示されてる戦車、装甲車を見た(^O^)
マジカッコ良かったぁ〜

ハプニングも有りました。

地元じない友達も来るはずだったけど、電車に乗り遅れて、

祭り始まっちゃうから他の友達と先行ってて言ったから、先に行ったんだよ(^_^)v

友達は何とか駅に着いたんだけど、行き先が分からず、

その辺の人に道を聞いたんだけど、祭りの場所じゃなく、結構離れた場所にある。

演習所に行っちゃったみたいで、自衛隊の人に、囲まれたみたい。

結局、祭りは終わっちゃった(^_^;)

祭りには、行けずに可愛そうなことした。ごめんなさい。

めっちゃ怖かったぁ〜って、着かれた顔で言って来たから、「本当に申し訳ないです」って言ったら、

いいよ気にしないでって言ったけど、気にするよ。°・(>_<)・°。マジゴメン。

これからは、気おつけないとね( ̄―+ ̄)ニヤリ

怜治ストーリー 

November 28 [Wed], 2007, 10:41
広大な砂漠、そこで群がる多くもの影・・・立ち向かう1の男・・・
男は叫ぶ「お前らの力を見せてみろ」と。
男と無数の影の戦いが始まる。
叙事詩「武御雷」一説より。





〜怜治〜
砂漠の真ん中、場違いな白のコートを纏った男が立っている。
「・・・・・・熱い」
この男が立っているのには理由がある。
1時間前、怜治は砂漠の町にとある部品を買いに来ていた。
部品を買い終えたとき、一人の男が話しかけてきた。
「頼みがある。とある女性を救い出して欲しい」と、怜治は答えた
「俺は自分の利益にならんことはやらない」
男は話を続けた。
「女性はゴーストにさらわれた。そのゴーストは色々な貴重なものを持っているらしい」
それを聞いた怜治は依頼を受けたのだ。
「何処に居やがるんだ?」
怜治の前で何かが動いたように思えた。
「・・・・・」
イグニッションする怜治。右手には亜流武御雷と呼ばれる大剣を装備していた。
「何か居るな・・・目的の奴らかな〜」
にこりと笑う怜治。
砂から二足歩行犬の様な姿をしたゴーストらしきものが居た。
「GAAAAA」
「黙れよ!雑魚」
冷静に言い放ち大剣を振り回す。ゴーストたちはただの肉片となるまで・・・。
「・・・・しまった巣の場所を聞き忘れたな」
怜治が困っていると周りの砂が舞い上がる。
「おぉ〜よかったまだ居たのか〜」
ゴーストは先ほどの100倍くらい居た。
「ははは〜お前らの力見せてみろ」
子供のようにハシャグ怜治
「ぎゃあ、ぎゃあ、ぎゃあ、コロセコロセコロセ」
続々と出てくるゴースト
「おぉ〜いいね〜けど、多すぎじゃない?」
少し焦る怜治。戦いは始まった。



そして一つの影が残った。
「・・・・・あ、場所聞くの忘れた」
怜治だった。
すべてのゴーストはただの肉片になっていた。
血だらけの亜流武御雷にゴーストの肉片、傷ついた剣士が一人。
風が舞い上がる。先ほどはなかったのに何処からか洞窟が出てきた。
「おぉ〜スゲーな」笑いながら入っていく怜治
洞窟の中にはガラクタに女性が一人怯えて居た。
「♪〜」
ガラクタを漁る怜治。何が起きているのか訳も分からずパニクっている女性。
「あぁ〜そうそう、ゴースト倒したから帰っても平気だから」
漁りながら怜治が言う
「え、あの?」
「おぉ〜いいね、在った、在った」
怜治は小さな茶色の宝石を持って去ろうとした。
「めんどいけど、送ってあげよう、君運がいいよ〜今日の俺はご機嫌だ!」
そして怜治は満足げに送っていった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:irenlu1690
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» 阿蘇方面へ行き当たりばったりの旅(その2) (2008年10月17日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 阿蘇方面へ行き当たりばったりの旅(その2) (2008年10月12日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 阿蘇方面へ行き当たりばったりの旅(その2) (2008年10月02日)
アイコン画像チャーリー
» 阿蘇方面へ行き当たりばったりの旅(その2) (2008年10月01日)
アイコン画像ハム太郎
» 阿蘇方面へ行き当たりばったりの旅(その2) (2008年09月29日)
アイコン画像えびふりゃー
» 阿蘇方面へ行き当たりばったりの旅(その2) (2008年09月17日)
Yapme!一覧
読者になる