アークランプがスローロリス

December 14 [Wed], 2016, 0:25
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。具体的には、普段の食事に加えて葉酸を補給することを正式に厚生労働省が推奨しています。なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。



サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、サプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を心掛けたいですね。妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。
この期間は葉酸の十分な摂取が推奨されています。ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そんなことはありません。お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を低減してくれるという話では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が重要な期間だという事です。ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。
熱によって失われやすい葉酸は、葉酸摂取を目的とした調理において、ちょっとしたコツがあります。

出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱しなければいけない場合、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。

もし面倒だな、と感じる方はサプリを利用するのが良いでしょう。


一般的に、妊娠してから病院が行う栄養指導や、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。

実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。
ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が加熱によってその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、十分な葉酸摂取を心がけてください。

二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。

ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、言えば不機嫌になりそうだったので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、即、妊娠できるというわけでもなく、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、それが功を奏したのか、早々に二人目の妊娠が判明。



やったぁ!と思いました。
嬉しかったです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shizuku
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる