12/28GvG 

2008年12月29日(月) 23時09分
ひさびさのGvレポです。
今週の流れは
VF5防衛(安定後)→B1攻め(玉犬vsBLSM)→VF5防衛(風鈴&下僕vsBLSM)→VF3,4,5確保
→B4確保→V3(清流vs別働1)&C3(風鈴vs別働2)&B5(レーサーvs別働3)

2008年最後ってことでかなりアクティブに動きました。

とりあえず先週のことから、先週はB3風鈴砦乗っ取りが目標でした。
予想通り逃げられたので中途半端なままB1行こうとしたところ、下僕がSE砦の方を攻めてきてもらえたのでSE砦防衛、いかにうちらがSE把握してないかってことを痛感しました。
最初逃げられたので、最後は風鈴の2砦目狙いという感じで競り勝って5砦を達成

今週こそは気合をいれて玉犬用の編成で全力攻めを堪能するためB1へ、目標は商業値落としでした。
先週みたいに放棄されることも想定していましたが、さすが玉犬防衛してくれて安心しました。

VF5は監視おいて守れてたらいいなぁ程度


VF5防衛:
VF5をガーディアン等の準備

B1攻め(玉犬vsBLSM):
鯖状態が良かったこともあり、HITSTOP系のGF?、前衛火力が薄かったのでロキ破壊用PTも用意してありましたが、突破狙いでチェイスのアシストをするように突入
突入間隔をはやめにして、回収しにくい状態を維持します。
回収ギルドがてまどっているのかERの人数がじょじょに削れて行きます。
全体的に減ってきた+WIZ地帯EMC狙いのため前の方に注意をひきつけたところで、厨AXがエンペの方へするすると抜けて破壊、その後商業値落としへ
VF5のバリケードが破壊されているという情報が入ってきますが、戦力割いては商業値落としは無理と判断して、VF5は放置、商業値落とし後すぐにVF5向かいますが間に合いませんでした。

年末の影響もあると思いますがいつもの玉犬と比べるとADS、スナ火力、HITSTOPが少ないor徹底されていなかったと感じました。
それでもチェイサー対策などしっかりしてるし、別働規模で落とせる風鈴などと比べると戦力は↑ですね。
正直BLSMのV4防衛よりB1の玉犬のが堅かったと思うしね。
先週はB3乗っ取り用の編成+鯖状態を考慮すると、先週行ってたらおそらく今週と同じ結果にならなかったと考えます。

VF5防衛(風鈴&下僕vsBLSM):
B1攻略中から風鈴にずっと攻められていましたが、商業値落とし終わって全軍戻すぐらいのタイミングでエンペ破壊
そこに下僕が”当然追加”されレース状態、排除して確保を試みますが同盟きってあったりバリケード守護石準備などまったくできてなかったので、平地戦で遊びつつ違う場所を探します。

VF5の商業値落ちたことでLISAの高商業値砦消滅(VF5そんな高くないけど)・・・・・

VF3,4,5、B4確保:
空き家のVF3,4と商業値が落ちたVF5を確保し、この状態を維持しながら最後の旧砦派遣の作戦を考えます。

V3(清流vs別働1):
15名程度の指揮を一任して砦の選定から全部任せてV3へ
SGの凍結率に驚きつつADS、SGで排除して安定確保

C3(風鈴vs別働2):
VF5商業値落としされたので本陣?のC3襲撃(B2(笑)のはずないよね)
21:54に遅延解除してもらった時点で奪えると確信しましたが(自己遅延レース予定?)最後はギリギリでした。
21:58にひほうで破壊、残り40秒でエンペ直下でEMCされましたがなんとか逃げ切れました。


B5(レーサーvs別働3):
最後レース状態だったB5狙いますが確保できず。

本陣ないのがでかいですが、先週5砦、今週6砦と結果良すぎです。まぁ風鈴に競り勝ってなければ-2砦でしたし紙一重の内容でした。
SE砦のコゲ天の守り方とか、BLSMに不足してる点はまだまだありますので、”勝って兜の緒を締めよ”と結果に慢心しないで来年も頑張って行きたいとおもいます。

2008/10/19GvG 

2008年10月21日(火) 2時35分
ひさびさのGvレポです。
今週の流れは
B3攻め(風鈴vsBLSM)→B4攻め(下僕vsBLSM)

今週は2PCで参加(クリエ、パラ)。

B3攻め(風鈴vsBLSM):
先週下僕が宿無しだったこともあり、スタダ警戒してスタート
いつもと状況が違ったので各地の状況把握に手間どりながら、8:30から予定通り風鈴攻めへ

大人数でないと防衛できない砦なので、風鈴でもいまの人数だときつい。
最初の集合に時間かかって40分ぐらいから本格的な攻め開始
風鈴は2PC含め60-65名程度、オーソドックスな2ロキ防衛(実働40-45名規模かなぁ)
突破狙い、ロキ崩しなどやりますが、通常突入は防がれます。
50分ぐらいにチェイスEMCが決まり破壊
(やっぱり個人技、さすがS級)
同盟外で2度、合計3回落としてB3撤退

風鈴はやっぱり組織的には一番しっかり防衛してる。
組織的に崩したいけど、最後はいつも個人技になる。
BLSMは南米型からアフリカ型に変化した感じ、欧州サッカーへの道は険しい。


B4攻め(下僕vsBLSM):
開始から下僕警戒していましたが、ずっとB4防衛と予想外の展開
あまりない機会だったので多砦狙いではなくB4攻めを決定
下僕は2PC含め50名程度、2ロキ防衛(実働35名規模かなぁ)

9:40からB4攻め
奇襲を警戒し、風鈴へ送ったのより少ない規模で攻略開始
3度目の突入あたりからWP付近を制圧し、徐々にライン押し上げて行きます。
9:52あたりから下僕がハーフイナバへ以降
8割方下僕優勢のまま、9:56に遅延解除され終了。

一番の敗因は陽動かけてくると考えてたこと
V4陽動きてたらシナリオ通りだったけど、今回下僕の指揮は優秀でしたね。
それでも編成+指示ミスがなければ5分まではもっていけそうだったので残念。

役割把握が出来ている人数的には、下僕に対する優位はなかったのでまだまだです。

大規模な臨時同盟もできたし、来週以降も動向読めないから面白そうです。

記念 

2007年11月30日(金) 1時31分
製薬してて初だったの記念UP

不毛な争い 

2007年09月17日(月) 0時03分

B4防衛→B1派遣→V4派遣→B4戻り  B4確保

先週B1を終盤落としたせいか、B4へマスターを含めた偵察がやたらきます。
まるで求愛を恫喝で示す北朝鮮のよう。

いつもは挑発に乗らないのですが攻める場所が少ないため、挑発にのってB1派遣
準備も作戦もなく派遣規模も少なかったのでほとんど成果なくだらだらと攻め込みます。
派遣先もないため9時5分まで継続し、その後は偵察しつつV4に派遣

V4派遣中にB4への牽制が多くなったため、こちらもB1へEMC派遣
すると今度は風鈴がB4庭で大規模なEMCをして攻め込んできます。
防衛体制が雑だったこともあって、風鈴チェイサーマスターにエンペ付近に張り付かれますがなんとか処理
こちらもB1エンペ付近でEMCが通りそうになりますがスペルブレイカーで防がれお互い仲良く1砦
(まじで惜しすぎる。教授さん良い仕事するなー)

どちらも宿無しの可能性が高かっただけに緊張したGvでした。
まぁ利益だけを優先すれば不毛な争いなんでしょうけどね。

久々の更新 

2007年01月31日(水) 13時00分
とりあえず煽ってるブログが多いので、ゴルゴ的になるべく第三者的視点で風鈴と自分の同盟を分析してみる。
うちのギルドは自由がもっとうなので行き過ぎは注意はするが、規制はしない。

人数ではロリビの方が多いが、さまざまな状況下で的確に判断し動ける人数では風鈴が勝っている。
おそらくマニュアル化することによて効率を高めていると思う。
B3防衛ではこのマイナス部分がでたため落城させることが出来たが(マラドーナの5人抜きドリブル見たいな個人技だが・・)、最小構成で防衛できる砦では風鈴のほうが防衛力が高くなると思う。

サッカーでいうと南米型(ロリビ)、欧州型(風鈴)といった感じだ。
抽象的に書くと攻めでも同様に組織的な攻めと個人プレーに頼った攻めという差がある。
各分野においては前衛などは風鈴の方がうまいし、後衛演奏ではロリビの方が機能してるところがある。

ロリビ-としては個人技と組織力が融合したチャンピオンズリーグのようなサッカーがしたい。
と思いつつアフリカ型になるかもしれない。







因みに俺はサッカーよりラグビーのが好きなのだが・・・・
好きな選手はラグビーだとロムー、サッカーだとジョージ・ウェア
なにがいいたい日記かわからん。

11/5GvG 

2006年11月06日(月) 12時16分
イベント:
今週は急な癌からの告知で各同盟ともなにをしていいかわからない状態
ろりびーでは今回のことをマイナスではなくプラスに考えるとイベントをする良い機会と捉え、一つの同盟では限界があるので大規模なイベントしてみようってことで始まりました。

参加した同盟は風鈴、LS、新つゆ、ろりびー

最大特徴は消費したアイテムが巻きもどること、イベントはアイテムを最大限消費することを趣旨として
テーマを”MIXUP”※混戦、混乱、乱闘
としてロキ防衛ガチガチではなく防衛に穴を作り、乱戦を作り出すルールで行いました。

ルールはこんな感じ
・開催地はBritoniah4
・終了予定時刻21:15
・BCは各勢力ごと
・EMC使用禁止(開始前の防衛側集合の時は可)
・鯖落ち対策のために忍者禁止
・ソウルリンカー使用不可
・防衛側は担当MAP以外への追撃はしない(復帰の段階での戦闘はOK)
・防衛MAP 庭+1F、ER+3Fと区分け
・ロキは1枚のみ
・鯖が落ちた場合防衛側復帰するまで一時待機、防衛側復帰してから開始する
・基本他勢力排除
・原則1PCのみ

イベントの方は準備期間がほとんど無かったわりにはみんなの満足度は高く成功だったと思います。
関係同盟並びに運営担当者の皆様ありがとうございました。


確保戦:
9:15からの確保戦
確保は予定通りのL4と別動でB3確保
3砦目は失敗でした。

確保戦は鯖落ちによる時間ろすと準備不足が痛かった。
ちゃんと準備していれば3砦いけたとおもうだけに残念でした。

神器開放と10/22GvG 

2006年10月25日(水) 15時44分
神器開放と10/22GvG
ミョルニール作成決定したのが12月、それから10ヶ月かけてやっと作成することができました。
協力してくれたギルド&同盟の皆様ありがとうございました。
驚くことにロリビーはミョルを意識した砦確保を行ってきたわけですが自力で出した数がお察し・・・
本当に驚くべき引きの弱さを露呈しました。
マスター陣は運をスロットだけに使わないで頂きたい!
ブリーシンについては連続開放のほうが驚くだろうってことで開放
これでやっと念願の製薬ケミ装備が完成しました。

コットンシャツなのは重量の関係です。
まだマスターリングcがないけど・・・



あと遅いけどGvレポ

今回はいつも防衛案作る人が多忙で無理だったので防衛案(いつもダメだししかしてなかったけど・・)&編成担当
初めて作りましたが魔法位置以外は30分、編成、各自の動き含めて1時間半程度
B4防衛の時に数合わせ(職合わせ?)の配置で失敗した教訓があったため、今回は落城想定しての制圧シフト
急造の防衛案で各自が役割果たせるか心配でしたが、各自考えて行動(特にスナWIZ陣かなぁ)でき完全防衛できました。
経費的にずっと戦うのはきついけどやっぱり風鈴との闘いが一番熱い。前回攻めでうちが行ったように今のGvは一つの要因で落城までいってしまうのでミスをどれだけ少なくするか重要です。内容的にはいつ決壊してもおかしくない要素が今回もたくさんあったので、その要素をどれだけ少なく出来るか今後努力していきたいと思います。

ミラーマン 

2006年09月15日(金) 11時16分
昔田代まさしって盗作ネタローグを作ったことのある身としては、ミラーマンって名前のネタ教授つくってみたい。

8/27GvG 

2006年08月28日(月) 4時37分
先週のGvGの話から、日記とか誰が読んでどう思おうと関係ないと思っていたけど、ポタ子さんのミスじゃないのに間違った情報(ロリビ-のミスとか関係なく、風鈴にとっては結果がすべてだとは思うのだけどw)でミスがあったように書かれてしまったのはポタ子さんの名誉に関わるのでそこから・・・
めめたん日記の08月24日Web拍手に詳細書いてありますが、C2に数名行く予定が10名強いったのは指揮PTのミスでありポタ子さんのミスじゃないことは明確にしておきます。


今日はいつもは指揮してないひとに任せてみてのGvG
指揮PTの人すら次が予想できないアクティブなGvGでしたw

今週の流れは
B2防衛→V2攻め(レーサーvsロリビー)→B1攻め(LSvsロリビー&ZEVRA+クリティカル&TBS同盟)→B2攻め(ロリビ-vsZEVRA+クリティカル)→V2攻め(レーサーvsロリビー)→B2防衛→別働V2派遣→B5別働派遣

B2防衛→V2攻め(レーサーvsロリビー):
開始は防衛からどこも来ないので放棄し、V2でイナバ練習

B1攻め(LSvsロリビー&ZEVRA+クリティカル&TBS同盟):
排除か共闘か迷いますが規模が大きいため共闘作戦をとり攻城開始。
B1の防衛は難しいので穴が出来やすくいっぱいありましたが、1度目の突入ではそこを突くことが出来ず跳ね返されます。
2度目の突入でWP付近を排除して足場を作り一気に崩しTBSがエンペ破壊


B2攻め(ロリビ-vsZEVRA+クリティカル):
B1落城直後にZEVRA+クリティカルがB2防衛に入ったということでそちらにお邪魔することに・・
オーソドックスなロキ防衛を期待していたのですが、ロキなしで後衛陣にLPをはっただけの防衛
教授をADSで狙ってLPを消し後衛陣にSGで終了

V2攻め(レーサーvsロリビー):
まだ時間があったので再びイナバ練習

B2防衛:
最終確保先をB2、別働派遣を鯖の時間差を利用してV2→B5と3砦を目標

本日2回いったV2の練習が生かされ?V2を別働で確保、最後B5へ別働派遣しますがレーサーの壁はあつく跳ね返されB2+V2の2砦となりました。

保守的な思考の俺では取れない大胆な指示もあり新鮮で楽しめました。

8/6GvG 

2006年08月07日(月) 18時31分
ひさびさのGvレポです。
今週の流れは
B4攻め(風鈴vsロリビー)→B3攻め(MSW?vsロリビー&LS)→B1防衛(風鈴vsロリビー)

今週はひさびさに2PCで参加(クリエ、リンカー)。

B4攻め(風鈴vsロリビー):
スタダはなしで配置をまっての突入
風鈴の防衛はロキ2枚のWP↑8名で塞ぎ火力はADSと弓系メイン2PC含め50数名で実数40ちょっとかな?
EMCによる高回転の突入で徐々に削っていきます。
WP付近押していたときのEMCなど混乱ありましたが、40分頃に風鈴の半分排除しマスターを2名落としてエンペ破壊
それと同時に風鈴の落城EMCが決まり現場が混乱

遅延される形になってしまうと予想してギルド移動指示がでます。
しかし予定していたギルドが使用できずぐだぐだになりそうなので撤退。

B1へ

B3攻め(MSW?vsロリビー&LS):
B1攻め手がないのでMSW?がどのくらいの規模なのかということで派遣
崩したところぐらいで風鈴襲来

B1防衛(風鈴vsロリビー):
B4の遅延解除をはやめにしたので挑発かな?とおもってましたが向こうから来てくれました。
リンカー&チェイサーEMCマスターを派遣しての大規模別働

B4防衛は実数8-10名規模だったもよう。

可能性はありそうだったのでB4へ少数派遣、エンペは叩けたけど落城はできず

感想はローグ魂は本当に鬼ですね。マヤPor陽光の箱がないとほぼ炙りだせないと思われる。
B1の防衛は防衛案なし、編成の調整なしだったので、かなりお粗末だったもののなんとか遅延解除→粘りでB1確保

9時後半までB4粘着予定だったけどハプニングで撤退、最後まで追いかけてきてくれたのでなかなか楽しいGvができました。

2週連続で風鈴とやった印象は、規模は同じぐらいで役割把握が出来ている人数の差&EMCマスターの構成の差で負けているという感じですね。

ロリビーの大体正確&最速のレポートであるめめたんのHP紹介
http://j-don.sakura.ne.jp/cgi-bin/da/diary.cgi

ネタでBAPのHR狩り