半透明人間、現る! 

December 01 [Thu], 2005, 21:49
私のお店は最近できたばかりなので、働いている人間は社員以外オープニングスタッフなわけですが………。

同じ時期に仕事を始めても、そろそろ仕事の出来る人間と出来ない人間が区別できる頃になりました。
私は・・・客観的に判断できないので、自分のことは取りあえずおいておきます。

早番の時間帯、主婦のパートが多いというのはこういった職種で働いている方にはおわかりでしょうが、うちも例外ではありません。
主婦サンたちの間でも、仕事が出来る(もしくは努力してる)人と出来ない人(努力する気さえ無い人)がいます。
そのなかで努力さえせずに、文句ばかり言ってる主婦サンがいます。同じことを何度も聞く。口癖は「わたしあんまりシフトに入ってないから〜〜〜」。覚えられないのに、メモとることもしない。強い口調で「前も言いましたよね」と言うと、「次の日仕事に来たくない………」と駄々をこねる。終いには「主婦なんだから、そんなこと言われてもできない」などとほざきます。

他の主婦サンたちには、迷惑このうえない人物です
ただ、この方は社員からも嫌われているので、今では半透明人間としてスルーされちゃってます。
私の勘では、2006年になるころには、半透明どころか透明になっていることでしょう。

送別会が、もしもあったら私はカラオケで、ピンクレディーの「透明人間」を熱唱させていただきます

さて映画の紹介です。

監督:澤井信一郎
出演:薬師丸ひろ子・三田佳子 他
原作:夏樹静子







古い映画なので、皆さんご存知だとおもいますが・・・出演者若すぎですね。前回紹介した映画の薬師丸ひろ子をみてたので、余計に感じてしまうのかもしれません。
昔見た時は、サラっと流してみてたのであまり覚えてなかったのですが、劇中の舞台演出家「蜷川幸雄」だったんですね〜〜〜。舞台美術は妹尾河童だし。。。
映画も優秀でしたが、私としてはあの舞台を最初から最後まで見たい気分になりました。

そう思いません?

レイクサイドマーダーケース 

November 20 [Sun], 2005, 2:38
DVD鑑賞の日です。

 監督:青山真治
 原作:東野圭吾
 出演:役所広司・豊川悦司・薬師丸ひろ子   他

 ストーリー:中学お受験のために合宿所に集まった、3組の親子と塾講師。合宿所で1人の女性が殺された。殺されたのは並木家の父親の愛人。殺したと告白したのはその妻。子供たちのために、死体を始末する3組の夫
           婦。しかし、しだいに………。

東野圭吾原作。原作は読んだことなかったのですが、面白かったです。
両親の不倫のいざこざで子供の未来をおかしくしたくないという気持ちから、3組の夫婦が手を取りあって死体を始末する様はかなり異様。受験に夢中になる大人たちと対照的に、冷静な子供たち………。

役所広司・薬師丸ひろ子・豊川悦司の演技も素晴らしいのですが、なにより柄本明が凄かった。坦々と死体の処理をしていく姿は、フジテレビ系で放送されたOUTの佐竹役を彷彿とさせられてゾッとしました。
他にも、鶴見辰吾・杉田かおるが夫婦役で共演していたり、死体がツインピークスだったりなど遊び心もあります。

あの湖畔の別荘にもし自分がいたとしたら、あの親達と同じ行動を取らないという自信はありません

アダルト納品 

November 19 [Sat], 2005, 1:40
今日は、ほったらかしになっていた商品の納品。
箱をあけてみると、わんさかとアダルトDVDがでてまいりました。

うちの納品という仕事は、とても単純で店用バーコードを発行し、コンピューターに読込ませそのバーコードをパッケージとDVDケースに貼り付ける。
という手順。

もう若い娘さんという歳でもないので、アダルティーなパッケージに頬を赤らめるということはないのですが。
あんまりじっくり見る機会ないですから、じっくり見させていただきました!!
アイドル風なのから、えぐい雰囲気のものまで多種多様の様です。

ただ何枚も何枚も山のように積んであるDVDに、ひとつひとつ丁寧に貼り付けているうちに酔ってしまいました………。
女性の裸に酔ったのか、モザイクに酔ったのか。

普段の納品より、よっぽど疲れました………。




みました、ボーン・アイデンティティ。大作のスパイ映画ですね。普通に楽しめました
でも、いまいちヒロインの役割がわからないのと、ラストがあっけない点はいささか不満。ミッション・インポッシブル(1)のほうが私的にはスキ。

マット・デイモン、私の中のイメージかわりました

早起き、実は苦手 

November 14 [Mon], 2005, 20:15
主婦なのですが、早起きが苦手だったりします。
なのに、今週は9時出勤のみです。
9時に働けるように準備するためには、6時半に起きなくてはいけません。

寒いっす。寒過ぎっす

今日は、隣でレジ打ちしていたバイト仲間がお客様におこられていました。
ウチのお店は、以前レンタルビデオ屋さんだった所を居抜きで新しくしたので、お客は以前のビデオ屋のお客様が多いんですけどね。
前のビデオ屋から料金形態が変わったことにご立腹されてるご様子。
まぁ経営母体自体が変わってしまったので、仕方ないんですが客心理としては許せないのでしょう。
私も働いてなかったら暴れて立腹していたはず

でも声を大にして言いたい。
そんなに前の店がいいなら、遠慮しないで行ってくれ
………もう、どこにもないけどなー

おすすめ映画。スターシップ・トゥルーパーズ。
SF超大作B級映画。
ポール・バーホーベン、大金かけてよくぞこんな映画を作ってくれました。
巨大昆虫の群れにマシンガン一つで立ち向かう人類。
大爆笑モノ。注:ギャグ映画では無いとおもう。

マイケル・アイアンサイドが素敵。

モンスター 

November 13 [Sun], 2005, 0:33
今日はオフだったのでDVDを観ました。


監督:パティ・ジェンキンス
主演:シャーリーズ・セロン
   クリスティーナ・リッチ

ストーリー:有り金の5ドルを使いきったら死のうと思っていたアイリーンが出会ってしまった、最愛のセルビーに。彼女のために、殺人に手を染めてゆくアイリーン。全ては彼女との未来のため。


アメリカでモンスターと呼ばれた実在した連続殺人犯。
セルビーを倖せにすることが自分の倖せ、生きる目的。悲しく、寂しい映画。
殺人を繰り返すうち、ついには殺したくなかった人間まで殺さざるを得なくなり、神に許しを乞いながら引き金をひくアイリーン。
自分の心を殺すために、今まで犯してきた罪を周りのせいにしようとする姿は痛々しい。
最後、セルビーの裏切りに気づいた顔は、やるせなく心に深く刻まれた。
最後の最後までセルビーへの愛を貫いた様子は、胸が締めつけられる。

シャーリーズ・セロン、素晴らし過ぎ!!!

はじめまして 

November 11 [Fri], 2005, 13:36
はじめまして、こぱです
某大手レンタルビデオ店に最近、勤め始めました。


現在29才。2児のハハでもありますが、このブログでは仕事の話をしようとおもいます。

本日は11時からシフトイン。午前中は結構暇なのですが、ウチのお店は声出しが基本のため

「いらっしゃいませ〜〜」

と大きな声で叫んでみますが、しーんと静まり返っています。
再度叫んでみてもしーん

どうやら張り切りオバチャンの一人相撲のようです。

泣きません、泣きませんとも!!
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ヾ(=^▽^=)ノ
» レイクサイドマーダーケース (2005年12月10日)
アイコン画像d( ̄◇ ̄)b グッ♪
» レイクサイドマーダーケース (2005年12月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:irasshaimase
読者になる
Yapme!一覧
読者になる