私はSuicaですが。 

2007年04月30日(月) 9時02分
パスモサービスが始まったお陰で、地元の駅でもSuicaのチャージができるようになりました。
有り難い事です。
何せ、今まで定期も買えなかったからなぁ…(都会の人からすれば衝撃の事実)

さっぶう 

2007年03月16日(金) 7時31分
買ったばかりのコート浮かれて着て出勤したら、雪降り始めた…!
寒 す ぎ る !
ダウンジャケット…いやエアーテックコート着てくれば良かった…。
とりあえず今冬初雪。
関東平野のど真ん中在住なので、積もる事はまずないだろうけど。

弱体 

2007年03月10日(土) 18時52分
相方プラス愉快な仲間たちと飲んでいます。
あーちょっと酒に弱くなっただろうか…。
最近飲んでなかったからなぁ。あらイヤダ!
弱くなったのは酒に対して?それとも生命力!?

ほほう 

2007年03月06日(火) 6時32分
山手線と京浜東北が止まってるらしいですな。
会社行きたくないから、このまま動くな(死)
駅混んでるんだろうなぁ…嫌だなぁ…。

招き猫 

2007年02月11日(日) 11時35分
3連休ですね!ほんともう、休みがないと私は崖から身を投げますよ(何もそこまで)
土曜日は、また散歩がてら浅草へ行ってきました。
目当ては念願の今戸神社です。ずっと行ってみたかったんだけど、なかなか都合がつかなくてな〜。

以前書いたかもしれませんが、私は招き猫が好きなので(あの愛嬌のある表情とポーズといったら!)招き猫発祥の地とされる今戸神社には行きたかったのですよ。

場所は、浅草駅から徒歩15分程度。隅田川の横を走る大きい道路を延々歩いて行けば着きます。
ビルが立ち並ぶ中に埋もれるようにして、その神社はありました。
鳥居をくぐり、境内に入ると、賽銭箱の横に身の丈1mはある夫婦招き猫がどーん!と座っています。
スゲエエエ!なんだかよくわからん迫力だよこれ!てゆーか、猫デカッ!
賽銭箱の、向かって左側に招き猫、右側に七福神の一人福禄寿が祀ってあります。
そんな、出せるもの全部出しちゃうぞみたいな…!なんて庶民くさい!(愛)
巨大招き猫と福禄寿でスペースきつそうだよ!
そういえば、浅草七福神めぐりのコースに入ってたね、今戸神社。

御参りを終えて、社務所で売っているお守りを色々見ました。
早朝で人気もなく、また社務所も無人だったので、気兼ねなくじっくり見れました。
色んなのに招き猫が描いてあったり刺繍がしてあったりして、もうかわいいったらないよ。
全部ほしいけど給料日前だしなーと結構長い時間見ていたかもしれない。
とりあえず、当初から買うと決めていた、今戸焼きの招き猫を買うことにしました。
それがこれ。

神社のお姉さんの話によると、隅田川沿いで取れた土から作っていたもので、今はその土の量も減り、価格が上がる一方だとかなんとか。
神社から少し歩いた場所に工房があって、そこで手作りで作っているのそうです。

おみくじも引きました。
招き猫発祥の地を謳っているだけあって、おみくじも招き猫。
透明の袋の中に、くじと招き猫の人形が入っているんです。
入っている招き猫にも色々種類があったため、自分の好みの猫が入っている奴を引いてしまったよ。
果たしてこれ、おみくじを引いたと言えるのか…。でもいいんだ。かわいいから!
それがこれ。

写真を撮った人間の腕前の関係で、そら恐ろしく青白くなってますが、実物は可愛いです…。

神社の人と少し話をした後、神社を出て、隅田川沿いをぶらぶらしながら帰りました。
丁度今、梅祭りをやってますよ。
梅の花が7・8分先でいい感じです。あと香りがいい。
隅田川は桜の時期、人がごった返してえらいことになりますが、梅もいいよ梅も!
私は梅の方が好きだなぁ。
なんか雅じゃないですか?造形も好みだし。
それに馬鹿騒ぎする人もいないしね。
桜を肴に酒を飲むのは昔ながらの楽しみだけど、飲み食いすることを目的に桜の下に来るのは勘違いも甚だしいよ。
それで尚ごみを残していくとなったらもう最悪。
汚してどーする!死体となって根元に埋まって桜の美化に努めたらいかがかしら!

閑話休題。
吾妻橋から、例の有名なあれも激写。

うんk…じゃなくて、炎のオブジェ。アサヒビールの自社ビルはいつ見ても愉快だね。

雷門の方に行くと、修学旅行生みたいな子達がいっぱいいました。
そうか、そんな時期か。
…修学旅行って、土日に被るものだったっけ…?いや別にいいけど。
修学旅行生が、人力車のお兄さんと記念撮影してるのがほほえましかった。お兄さんもサービス業なのでノリノリです。旅行生よりポーズ決めすぎです!
人力車の人は大変だよなー。あんな重たいもん一人で引っ張る上に、観光案内もできなきゃいけないんだよ。トークがたって知識も持ってなきゃいかんのだよ。すごいなぁ。その割りにフロムエーに出てた時間給は以下略。

その後は、裏道をさくさく進んで駅に戻り、地元の岩盤浴でヒーリング&デトックス。
今回はエステ付コース。あーはーん、足のむくみが緩和される〜。
これは、今日一日は幸せな気分でいられるなぁ〜と思っていたところに、もう死にたいくらい最悪な気分になる電話がかかってきたのでへこみましたが、これはまた別の話。
こんなに色々やってもまだ休みが二日もあるなんて素敵過ぎる!
連休ってやっぱいいなぁ!

バレンタイン卿暗殺 

2007年02月08日(木) 23時18分
バレンタインデーは、思春期の甘酸っぱい若人だけがやればいいと思う今日この頃ですこんばんは。
社会人にとってのバレンタインデーなんて邪魔くさいことこの上ない。
チョコが食いたきゃ自分で買いな!

若い女の子からチョコを貰いたいというおっさんも存在しますが、お礼が面倒だからほしくないという男性もいるのですよね。
個人的に一番ウザイのは、男性から「チョコないの〜?」と言われることじゃなく(男性に対してなら「ええありません」と即答できるので)、男にこびたいおつぼねがチョコを配ることを半ば義務化している女社会ならではの妙な駆け引きですよ。
おつぼねが勝手に取り仕切って、全員からチョコを買う分のお金を徴収するシステムなら別にいい。
そうではなく、社風的に「女は男にチョコを配るのが当たり前」という雰囲気を作り出し、うっかりチョコを持っていかなかったりすると、「あの子なんで持ってこないのかしら。ほんと若い子は常識がないわね〜」と聞こえよがしに取り巻きと話したりするあの雰囲気!あれがホント苦手ですよ!
そういうのって個人の自由なんじゃないの!?
なんで自分が配るからって他の子もやって然るべきみたいな感じになるの!
女社会のこういうとこってホント困るよ。
ちなみに、お局より気の利いたものを配っても睨まれる事があるので、さじ加減が難しい。

しかしお局が意気揚々と、いつもよりワントーン高い喋り方をしながらチョコを配るわけですが、受取る側の男性社員の顔が何故か全員苦笑いだったり引きつってたりするのはご愛嬌なんだろうか。
…思いを遂げたいなら、チョコをばら撒くより、普段の態度を改めるとか、仕事の上で信用を得るとかした方がいいんじゃ…会社なんだし…。
社会において、愛想がよくても仕事ができなきゃ信頼されないし、信頼されないってことは好きになってもらえないってことだと思うんだけど…。
まぁ、その考え方も人それぞれか。

街には手作りチョコのマニュアルとか色々出てるけど、あれってチョコを溶かしてまた固めなおすだけなんじゃないの?違うの?(死)
私が思うに、手作りチョコだと相手に思わせたいなら、平凡なつくりのチョコを買って、パッケージから出して、市販のラッピングセットで綺麗に包みなおせば手作りチョコって思ってもらえるんじゃないかなぁ(姑息)
味は保障します!

ココーアー 

2007年01月12日(金) 20時40分
相方とファミレスと私。
相方と会うのもかなり久々ですが、ファミレスに来るのも久々です。

日本海の荒波 

2007年01月10日(水) 13時18分
連休を利用して金沢に旅行に行ってました。
日本の情緒と食を楽しむ旅です!
小京都加賀、利家はんのお膝元や〜。

当日の金沢は、曇りで風強めでしたが、ネットの天気予報などの前情報で雪や雨の荒れ模様を予想していた私と友人は、「なんだ全然天気いいじゃん!」と上機嫌でした。ポジティブです。

武家屋敷跡や兼六園、尾山神社、ひがし茶屋街といった名所を巡りつつ、武家屋敷跡にある野村家や兼六園内の時雨亭でお抹茶を立てていただきました。
どちらも見事な日本庭園が望める昔ながらの日本家屋、和室の中でいただけます。
お客を呼び込むために改築されたとかそういった形跡もなく、本当に普通のお屋敷をそのまま利用している感じです。
寒い外から入ってきたのと、時間のせいか部屋の中に私と友人の二人だけだったことで、心身ともにリラックス、お茶とお茶菓子もとてもおいしかったです。
「私ここに住む!」とか口走ってました。無理です。

ホテルは温泉のあるところを取っていたので、ふやけるぐらい浸かってました。
効能が「疲労回復、肩こり、冷え性、婦人病、美肌効果」だったんですよ!もう一生分浸かるよ!
私が老人のように温泉に浸かってる間、友人は次の日の予定に組み込んである、ひがし茶屋街に単身赴いてましたが。若いってええのー。

夜は豪華に懐石料理です。冬の日本海の魚と地酒は最高じゃあ〜!
日本酒は命の水だね!

二日目は12時のチェックアウトぎりぎりまで、部屋でだらっだらした後、ひがし茶屋街へ行きました。
お茶屋街ですね。

↑ひがし茶屋街。昔ながらの日本家屋が立ち並ぶ。この中には民家も含まれる。

夜はオレンジの灯りと静かな中にかすかに聞こえる太鼓と三味線の音がして、時代劇の世界に来たみたいでしたが、昼はまた違った趣がありましたよー。
この中の店は1件1件入りましたが、特筆ものは茶房一笑さんでしょうか。
お茶とお菓子がセットになった1050円のものを頼むと、注文したお茶とお菓子以外にも色々出てくるんですよ。
まず冷棒茶、お正月に飲むお茶、注文したお茶とお菓子、お正月用のお菓子、温めた棒茶が出てきて、しかもお土産にお茶を一袋くれたんですよ…!ス ゲ エ !

 
1枚目:お正月のお茶、2枚目:注文したお茶。抹茶と練り菓子。唐松っていうそうな。

お店の中、2階も見学させてもらいました。
素敵だー!

帰りは駅弁を買って特急列車の中で食べました。日本海が荒れたり、新潟で地震があった影響で新幹線が乱れましたが、運よくガラ空きの新幹線(自由席)に乗れたのでそれ程足止めを食らう事無く帰れました。
北陸と関東の天気の違いに、やはり関東って天候に恵まれてんだなぁ…と思った…。
しかし楽しくて美味しい旅だった。日本文化万歳!

健康増進 

2007年01月07日(日) 15時14分
温泉最高じゃーい!

旅立ち 

2007年01月07日(日) 7時35分
おはようございます。
今日から旅行です。
無事新幹線に乗れました。
周りは旅行でいっぱいです。
とてもいい天気、車窓の景色が美しいです。
これから行く所は雨と雪ですが(完)
日本海…!
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧
読者になる