アカモズだけどメインクーン

February 09 [Tue], 2016, 22:01
費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術が物を言うといわれています。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って過ごすのが無難です。日常生活では力をかけないように努め、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。日常的に運動を続けている方なら、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。また、自由診療のため、歯科医院によっても思いの外費用は違ってきます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは誰も言っていません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。自分の歯のお手入れと同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。従って、年間1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療の開始はできる状況になっています。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。この原因としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局、治療してみるまで分からないということになります。鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、サボらず毎日のケアを行ってください。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、異常に気付くのも遅くなります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。義歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクはあります。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココネ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ir2eop5t2enagm/index1_0.rdf