IQKeyの2015リニューアルモデルは、日本全国送料無料!? 

March 30 [Wed], 2016, 15:30
電動知育ブロックIQKeyは、NHKの「まちかど情報室」をはじめ
フジテレビ「めざましテレビ」、日本テレビ「スッキリ」
テレビ朝日「ゆうゆう散歩」などたくさんのメディアで
紹介された知育玩具です。

対象は、小学校低学年から4年生くらいまでが
もっとも楽しく遊べる時期です。

それ以上小さいと何がなんだか理解しにくいですし
高学年になるとネットやゲームが遊びの中心になって
しまうからです。

管理人自身は、やはり小学生の時にプレゼントしてもらい
毎日遊んだ思い出があります。

その後、小学生の高学年になると「電子ブロック」という
電子部品を組み立ててラジオをつくるおもちゃで
遊んでいたりしました。

さて、
IQKeyのメーカー公式ページでは、
2015年リニューアルモデルが日本全国送料無料
販売されています。

楽天やアマゾンでも購入できますが、価格はすべて一緒でした。

それもそのはず、よく調べてみたところ発売元は
メーカーと同じ株式会社スタディラボさんだったのです。

公式サイトでは、お客様の声や2015年リニューアルモデルについての
動画もありますので1度のぞいて見るといいかもしれません。

IQKeyの公式ホームページへは、
 ↓ ↓ ↓ のバナーからどうぞ♪


ここが変わった!IQKeyの2015リニューアルモデルの変更点 

March 30 [Wed], 2016, 15:28
IQKeyは、2015年にリニューアルされました。

特別に新しいパーツが加わったわけではありませんが
お客さんにご指摘されたところを改善しています。

車に例えるなら、マイナーチェンジくらいのリニューアルです。

主な改善ポイントは、
1.ギアの性能が上がって騒音が少なくなった。

2.金属シャフトをプラスチックのはめ込みに変更して
 はずれにくくした。
 
3.タイヤのゴムを柔らかくして脱着しやすくした。

4.水上で動かしたとき、モーターに浸水して壊れることがあるので
 水上モデルの設計図を削除した。
 
5.初期不良に対しての対応を早める努力をしている。
とのことです。


最初の3つは、問題のパーツの改善なので歓迎ですが、
あとの2つは、残念ですがメーカーさんの言い訳ですね。

電動知育ブロックIQKeyは、そんなに安くはありません。

一般的にも知育玩具は、安くはありませんが
押入れにしまわれてしまうより、こわれるまで
遊んでくれるなら本望ではありませんか?

プレゼントしたら大事に遊んでほしいのは
本音ですが、物理や化学そしてモノ作りの楽しさを
体験してもらえたら、おくったかいがありますよね。

ちなみに壊れたパーツだけ、取り寄せることもできるので
子供には、いっぱい遊んでもらって大丈夫です。

電動知育ブロックIQKeyは、孫と一緒に遊べるプレゼント 

March 30 [Wed], 2016, 15:23
今の30代後半から40代にかけてのお父さん世代の方は、
IQKeyで遊んだ人もいるかもしれません。

以前は、「カプセラ」という名前で呼ばれていました。

管理人も実は、同世代で親にねだって誕生日プレゼントとして
「カプセラ」を買ってもらった記憶があります。

買ってもらった時は、うれしくて学校から帰ると
毎日飽きずに作っては、遊んで
遊んでは、バラして
そして、また組み立ててを繰り返していました

中でもよく作っていたのは、水陸両用車です。

お風呂に浮かべて「どうすれば速く進むのか?」などを
基本設計を元にオリジナルの組み合わせで実験するのが
楽しかったのを憶えています。

おもちゃは、遊ぶもので遊んでいるうちに壊れてしまうもので
ブロックの接続部分がゆるくなってしまい
遊べなくなってしまいました。

ですが結局、小学3年生から5年生までの3年間遊べました。

その後のおもちゃは、ラジコンやファミコンなどに
移っていった感じです。


さて、本題のIQKeyですが、「カプセラ」と名前が変わっただけで
まったく同じものです。

経験的に3年くらいで壊れてしまうかもしれませんが
孫と一緒に遊べるおもちゃだと思います。

もし、孫が遊ばないなら、おじいちゃんのボケ防止にも
役立ちます。(笑)

そんな一面もありますが、電動知育ブロックIQKeyは、
私のように買ってもらった世代なら息子、自分、親父と
3世代をつなげるコミュニケーションツールになる
のではないでしょうか。