プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iqgelsmruszbvn
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
脳型コンピューター、テレパシー、平均寿命200歳――孫社長が語った「最後の大ぼら」 / 2010年06月28日(月)
 ソフトバンクは6月25日、株主総会終了後に「新30年ビジョン発表会」を開催。同社の孫正義社長は、30年後に同社の時価総額を200兆円にすることや、現在800社あるグループ企業を5000社まで増やすなどの目標を発表した。さらに、自身の後継者を育成する学校「ソフトバンクアカデミア」を7月に開講すると宣言。300人の生徒枠のうち30人を外部から受け入れ、孫氏が毎週指導を行うとした。

【拡大画像や他の画像】

 孫氏は発表を「現役社長として行う一番大事なスピーチ」と位置付け、準備をしたという。ソフトバンク全社を挙げて30年後のビジョンを募集し、自身のTwitterアカウントでも意見を募った。発表会では、同社の考える30年後や300年後の世界を「30年に1度の大ぼら」として紹介。「人智を越えた脳型コンピューターが生まれる」「30年後には紙の新聞や書籍はほぼ100%ない」など、大胆な予測を打ち出した。

●「情報革命で人を幸せにする」

 孫氏と「アルバイト2名」からスタートしたという同社は、1996年に米Yahoo!に出資を行い、日本におけるYahoo!のポータルサイト運営を開始。2001年には「Yahoo! BB」でADSLサービスを始め、2006年には2兆円あまりを投じてボーダフォンを買収し、移動通信事業に参入した。孫氏の大病や、ADSL事業開始後に3000億円の累積赤字を出すなどの「崖っぷち」も経験しつつ会社は存続し、2009年度は4658億円の連結営業利益を記録。創業30周年の2010年度は5000億円の連結営業利益を見込む。

 孫氏はソフトバンク創業以来、「情報革命で人を幸せにする」ことを企業理念とし、今後もそれは変わらないと話す。そして、人間の最大の悲しみは「孤独」であり、最大の幸せは「感動」だと説明する。これは、自身のTwitterアカウントで「最も悲しいことは何か」「最も幸せを感じることは何か」を問いかけ、その返事から導き出されたものだ。情報革命を通じて「孤独」を和らげ、「感動」を広めるのが、同社の使命なのだという。

 こうした理念を今後30年でどう実現するのか。それを語る前に孫氏は、同社が考える“300年後の世界”を披露した。「300年間成長する企業のDNAを作ることが自分の役割」と語る孫氏は、30年という期間にとどまらず、将来通用する企業の方向性を持つことが重要だと訴える。「先が分からないときこそ遠くを見るべきだ。近くを見れば見るほど船酔いする。アラが見えてくる。しかし遠くをみるとそんなものは誤差だと分かる」

 「どうせこれが最後の大ぼらですから。ついでに300年くらい言っておこうと」

●1チップが人の脳を超える世界

 孫氏は過去300年における人類史のハイライトを工業革命ととらえ、次の300年には情報産業の発達が人類史上最大のパラダイムシフトをもたらすと話す。300年後の人類は、人の脳をはるかに超えた「超知性」を持つ人工知能と共存し、テレパシーのようなコミュニケーションを行い、平均寿命は200歳になる――SFを思わせる未来予測が、次々と語られた。

 ムーアの法則をベースにした同氏の計算では、CPUの中にあるトランジスタの数は、今から8年後の2018年に人間の大脳の神経細胞数である300億個を突破。さらに、2100年には大脳の1垓(がい)倍(1兆の1億倍)になり、2200年には1垓の2乗、2300年には1垓の3乗と、途方もない数の素子を搭載したチップが生まれると予想する。「本当にそうなるかは“いちがい”には言えない(笑)。大事なのは、人間の脳細胞の数を超えるということ」

 圧倒的な計算能力を持つチップが生みだすのは、自己学習機能を備えた“脳型コンピューター”だ。孫氏は脳型コンピューターの開発に従事した脳科学者の松本元氏と、活発に議論を交わしたのだという。

 この脳型コンピューターは、知識となるデータと知恵となるアルゴリズムを自主的に身につけて成長し、人を超える知能を身につけると孫氏は言う。人の1垓の3乗の頭脳を持つ人工知能にとっては「人間はアメーバ以下の知能」とも話す。そして、検索エンジンのクローリングなど、データを自動取得する技術はすでに実用化されていることも説明した。

●感情を備えた脳型コンピューターとの共存

 現代社会で「人のクローンを認めるかどうか」が議論されているように、今後の300年で人類は脳型コンピューターの是非を議論することになる――そんな予測も立てる。そして、孫氏が想像する300年後では、脳型コンピューターと人は共存している。かつての産業革命では、人の職を機械が奪うことを危険視するむきもあったが、結果として工業は文明を大きく進歩させた。孫氏は、工業化が起こした社会問題と、情報革命が生みだすコンピューターとの共存問題をオーバーラップし、テクノロジーが作る“明るい未来”を信じているようだ。そして、人とコンピューターとの共生を実現するために、コンピューターに「感情」を持たせることが「正しい進化」だと主張する。

 孫氏は、人間の脳は感情のおもむきに従って知識と知恵を使い、その感情は食欲などの生理的な欲求から、自己実現や愛といった高等な欲求まで存在すると説明する。そして、高等な感情が本能的な感情を制御することで、社会的な行動ができると説く。だからこそ、高度な感情を人工知能に与えることが人工知能の危険性を下げるという。

 脳型コンピューターと共存する社会では、新技術の発明は主に脳型コンピューターによってなされる。さらに、生命体の種類を越えるロボットが脳型コンピューターによって機能し、災害救助や、介護、救急医療など、多様な分野で活躍。また、脳型コンピューターがDNA治療や人工臓器の発達を促し、人間の平均寿命は200歳になっている。人々は脳型コンピューターを身につけ、距離や言語の壁を越えてテレパシーのようなコミュニケーションを行う。

 SF映画のような300年の情報革命。これを実現し、人の幸せに結びつけるのが同社の300年のビジョンだという。「私はSF映画の監督でも、小説家でもなく、事業家。我々はこれを実現したい」。脳型コンピューターを広めることで「携帯会社じゃなくてテレパシー会社になるかも」と笑う。

●分権・Web型の企業構造、戦略的シナジーグループの推進

 こうした未来予測を披露した上で、孫氏は今後30年のビジョンを語り始めた。まず、CPUのトランジスタ数は30年後に3000兆個になるという。これは大脳の神経細胞の10万倍だ。端末内のメモリ容量は、iPhoneの32Gバイトの100万倍となる32Pバイト。通信速度は、1Gbpsの300万倍である1Pbpsに達するとみる。あらゆる情報が一瞬で手に入るこの時代には、「紙の新聞や雑誌、書籍はほぼ100%ありえない。CDをトラックで運ぶなんてことは1000%あり得ない」とも主張する。

 家電から靴、メガネにいたるまで、さまざまな製品がクラウドと連携。靴が健康状態を知らせ、メガネに同時通訳の字幕が出る。ITの発達によって、教育、医療、ワークスタイルのあり方が大きく変化するという。

 今後30年において、ソフトバンクがどんなサービスやテクノロジーを提供するかは、具体的には示されなかった。特定のテクノロジーやビジネスモデルにこだわらず、情報産業の分野で、時代ごとに「最も必要とされるもの」を提供するという。そして、優れたテクノロジーやビジネスモデルを持つ企業と積極的に手を結んでいくとした。現在2兆5000億円規模の同社の時価総額を200兆円規模にまで成長させ、グループ企業を現在の800社から5000社まで増やす目標も示した。

 「孫正義が何を発明したか。たった一つ挙げよというならば、チップでもソフトでもハードでもなく、300年間成長し続けるかもしれない組織構造を発明した。そう言われたい」――そんな言葉もあった。同氏は今後、中央集権・ピラミッド型ではない、分権・Web型の企業構造を推進するという。グループ企業とは20〜40%の出資比率で提携し、支配的でない“同士的結合の集団”を作る考えだ。「私がイメージしている組織体は、戦略的シナジーグループ。分散・分権型で、自律していて、協調し合っている。だからこそ自己進化、自己増殖する」

 自身の引退を「危機」ととらえ、「孫正義2.0」の育成にも力を入れるという。経営陣を育てる学校「ソフトバンクアカデミア」を7月に開講し、孫氏が「初代校長」として運営にあたる。300人の生徒枠のうち、270人をソフトバンクグループから、30人を外部から受け入れ、毎週水曜日の夕方から夜まで孫氏自らが生徒を指導する。「十数年という年月をかけて、生徒を指導し、競争させ、後継者育成のプログラムを作っていく」と、孫氏は意気込みを見せた。【山田祐介】

【6月28日18時6分配信 +D Mobile
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100628-00000053-zdn_m-mobi
 
   
Posted at 23:43/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!