少年野球の正しいひじの使い方をおぼえる練習法。

February 06 [Wed], 2013, 14:19
こんにちは。
今、ものすごく眠いけどあとひとふんばりだ。
さて、話は変わるけど今回は少年野球の正しいひじの使い方をおぼえる練習法について書くのでお子さんがいる方は参考にしてみてね。
まず、軽くボールを投げて届くくらいの間隔に離れて、お互いに両ひざをついて、キャッチボールする。
下半身を使わずに投げるわけなので、上体のひねり戻しだけでボールを投げることになるので、正しい腕の振り方をおぼえられるんだ。
ポイントはひじがきちんと前に出ているかどうかなので注意してね。
今度は、方ひざを立ててその足のつま先を相手にまっすぐに向けて投げるんだ。
さっきのときと同じように下半身を使わなくても、さらに、上半身のひねりを使えるのでさっきより腕を大きく振れるんだ。
次に、きちんと立ってキャッチボールするんだけど、あくまでも「正しいひじの使い方」をおぼえることを念頭において思い切り、気持ちよく投げ合ってね。
やりかたは、
1、両ひざをついて投げる。
2、方ひざを立てて投げる。
3、立ったままで投げる。
の順番だね。
あくまでも正しいひじの使い方をおぼえるための練習なので、あまり無理はしないでね。
このブログで少しでも野球が上手くなったり、好きになってくれたら感無量だなぁ。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iqcyu4de/index1_0.rdf