茂(しげる)の長沼

May 11 [Thu], 2017, 3:21
自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険は一定の条件が整えば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。ある条件とは、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。車を売却するときは還付の対象にはなりません。更に、保険金の還付があったとしても自動的に自分の口座に入金されるようなことはないのです。
自らが保険会社に対して手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。
なんども車査定の相場をチェックするのは面倒かもしれませんが、調べておくなら損はありません。


どちらかといえば、車を高く売りたいのであれば、愛車の相場を把握していた方が吉です。
なぜならば、相場を把握しておくことで、営業スタッフが掲示した査定額が最適な額なのかどうか確かめられるからです。年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、型式が古い自動車の場合には1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。車を買い取りに出す場合にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。
でも、機械というものは定期的に動かしていないと調子を崩すことが多くなってきます。

その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。

少しでも高く買い取ってもらうためには、より多くのの車買取業者に査定を依頼するのが一番です。

車買取業者によって得意とする車種やメーカーなどがあり、買取金額に違いが出ることもあります。より多くの業者に査定してもらえば、買取価格の最高額がわかるので、交渉がうまくいくはずです。自分にはちょっとと思う方は交渉が得意な友人に一緒について来てもらうといいですね。

車検が切れた車の査定については査定を受けること自体に支障はないのですが、車検切れの車の場合公道走行不可ですから、どうしても出張査定を利用することになります。

実際のところ車検をちゃんと通してから売却しようとするより、車検切れのまま売ってしまう方が車検に使うお金が無駄になりませんし、さっくりと出張査定を受けることに決めてしまいましょう。

もちろんこういう出張査定も一社からではなく複数のところから受けておくと少し面倒に思うかもしれませんがメリットは大きいです。中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。



しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検切れまで残り半年くらいになると見積額に影響することはほぼなくなるのです。しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに自動車を売る前に車検をする必要性は低いのです。
たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。

大掃除とばかりに徹底的に車内をきれいにしたり、前もって洗車して磨き上げたところで、見積額がプラスになることはありません。ユーザー個人が出来る掃除であれば誰にでもできるのですから仕方がないことです。



とはいえ良い影響がないわけではないのです。

査定時に車がきれいだと、業者も悪い気持ちにはなりませんし、大事にしてきたのだと思うでしょう。


点数をつけるのは担当者ですから、第一印象が取引にプラスの効果を与えることは充分考えられます。
自動車を手放す際に、買取と下取りのどちらがいいかというと、高く売りたいと思うなら買取です。下取りは買取よりも安い値段で車とお別れすることになります。



下取りでは評価されない部分が買取なら評価してもらえることも多いです。

特に事故車を売るときは、下取りにすると評価が非常に低く、廃車のための費用を請求されることもあります。いっぺんに多くの中古車買取業者に予約を入れて、その場に居る全員に同時に査定をしてもらうことを相見積もりと呼んでいます。

相見積もりによるメリットは、価格競争を起こさせて査定額を上げることですね。


買取業者の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、さほど相見積もりを嫌がらない業者は実際に購入しようとする意欲が高いところで、査定額が業者間でつり上がることを期待しても良いでしょう。相見積もりは少しでも高値で査定してもらうために効果的な方法といえるでしょう。
どのくらい残っているかにもよるのですが、自動車車検によって査定額が変わることがあるのです。

車検切れの自動車よりも、もちろん残りがある方が高く評価して貰えます。


ただ、残りの期間が一年もないくらいでは査定価格アップをそれほど期待できません。しかし、査定価格が上がらないからといって、売却前に車検を通すことは無意味であると言って良いでしょう。



車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検費用の方が高く付くことがほとんどだからです。