『対岸の彼女』読みました
2008.03.10 [Mon] 12:28

人間関係の難しさは実は子供の頃から始まっていて 生まれて最初に人間関係の難しさ、疎ましさにぶち当たるのは学校だったりする。 そんな自分の体験した事やあの頃悩んでいた事、全て本に書いてあったようで 懐かしくもあり、切なく痛くもなりながら一気に読みました。 女同士の友情は難しい。 女の友情は大人になると環境の違いなどからなかなか成り立つには難しく優先順位も友達より大切な物がたくさん出来てしまう。 いじめられっ子でいつも一目を気にしてるような女子高生だった葵が大人になり、素敵な女性に成長していた所が凄く良かった。 葵とナナコの友情は美しく切なく、とてもリアルで素晴らしい本に出会いました。 この本に「勝ち犬負け犬」という表現はおかしく、似合わない。