【 更新情報 】

スポンサード リンク

iPod nanoの充電器と変圧器

iPod nanoの充電器には、Applestoreで購入できる「Apple USB 電源アダプタ」がおすすめです。
充電するだけであれば他社の安い製品も沢山出回っていますが、純正であるということだけでも安心ですよね。
このAppleの電源アダプタは、ご家庭で使用できるのはもちろんのこと、外出先でもiPod nanoを充電することができます。
しかもiPod nanoだけでなく、iPhoneやDockコネクタが対応しているiPodの全モデルで使用することができるので便利ですよね。
Appleの電源アダプタは、超コンパクトなデザインになっており短時間で効率の良い充電が行えるだけでなく、
パソコンが無くても充電することが可能なのです。
「Apple USB 電源アダプタ」の電源プラグ形状はアメリカ、カナダ、台湾、一部の南アメリカ諸国で使用することが可能ですので
海外でiPod nanoを使用する方にはおすすめです。
また、ここで紹介した国以外の海外でiPod nanoを使用する場合変圧器を使用することになるのですが、
同じくApplestoreで販売されている「ワールドトラベルアダプタキット」がおすすめです。
このアダプタキットには6種類のACプラグが同梱されており、世界中のほとんどの国でiPodの充電が可能なのです。
旅行や出張が多い方にとっては嬉しい商品ですよね。

iPod nanoのブランドケースを買いたい

iPod nanoが話題となって通勤や通学などに携帯される方が増えていますよね。
iPod nanoを持ち歩く際、本体をそのままポケットに入れて持ち歩く方もいれば、
プラスチックやラバー製のiPod nanoケースに入れて本体に傷が付かないようにする方もいらっしゃるでしょう。
そんなiPod nanoを入れるケースにおしゃれなブランドケースがあるということをご存知ですか?
iPod nanoのブランドケースは、iPodをアクセサリーのように楽しむ女性が増えている事に着目したブランド各社が共同開発、
商品化したものです。
iPod nanoケースのブランドといっても様々な商品があります。
例えば人気ブランドのグッチやプラダなどのiPod nanoケースは価格も低価格といったこともありかなりの人気を呼んでいるそうです。
他にもコーチ、シャネル、サマンサタバタ、ヴィトンなどのiPod nanoブランドケースは、若い方を中心に根強く人気があります。
iPod nanoのブランドケースには、職人が作るハンドメイドブランドのケースもありますので
自分だけのiPod nanoケースを作りたい場合はおすすめです。
また、人気アクセサリーブランド「Q-pot.」のiPod nanoブランドケースは
板チョコ型ケースやビスケット型コードリールが販売されています。
ビスケット型のケースには、裏面にブローチクリップが付いているため使い勝手が良い作りになっています。

iPod nano第3世代

iPod nano第3世代は、2007年9月5日にiPod touchやiPod classic第6世代と共に発表されました。
サイズは縦×横×厚さがそれぞれ69.8mm× 52.3mm× 6.5mm、重量が49.2gです。
気になる液晶画面は従来のサイズ1.5インチから2インチと大きくなり、解像度は320×240ピクセル、
ドットピッチは第5世代iPodやiPod classicでの163dpiという数値を上回る204dpiもの解像度を叩き出しました。
iPod nano第3世代は、1つ前の第2世代と比較してみるとワイドスクリーンであることや、
ビデオ再生に対応しているといった利点が挙げられます。画面の明度も65%明るくなりました。
他にもiPod nano第3世代ではiTunes Store で購入したゲームを遊ぶことも可能となり、
音楽や動画を楽しむだけでなく、ゲームで遊ぶことにも充実させた優れものなのです。
iPod nano第3世代のカラーは、4GBモデルの場合はシルバーのみ、8GBモデルになるとシルバーに加えて
ブルー、グリーン、ブラック、ピンク、(PRODUCT)RED の計6色から選ぶ事ができます。
ただし、 (PRODUCT)RED はApple Store とApple Storeオンラインでの限定販売でした。
iPod nano第3世代のバッテリー持続時間は音楽再生の場合は24時間、ビデオ再生の場合は5時間と長時間楽しむことが可能なのです。

iPod nanoの使い方

ここでは簡単にiPod nanoの使い方をご紹介しましょう。
iPodを使う為にはまずパソコンを用意します。
パソコンに、ipod nanoに付属しているCD-Rに入っている「iTunes」というソフトをインストールします。
CD-Rを無くした方はアップル社のホームページからもダウンロードする事が可能です。
iTunesを使って音楽や動画のファイルを保存したり、パソコンで再生することができます。
もちろん、iPodに曲を入れるのもこのiTunesを使用するわけです。
「iTunes」を立ち上げてiTunesにお気に入りの曲を入れた後、付属のUSBケーブルでipod nano本体とパソコンを繋ぐだけで
ipod nanoに音楽を入れる事ができるので非常に簡単です。
iPodに音楽ファイルが入ったらいよいよ再生です。
iPod nanoの本体を見てみて下さい。iPod nanoの電源の入/切は丸いクリックホイールの再生ボタンを押す事でON、
ボタンを数秒押す事により電源がOFFになります。
そして、「アルバム」、「アーティスト」、「プレイリスト」、「ジャンル」などを選択し、
聴きたい曲にカーソルを合わせてクリックしたら再生開始です。

iPod nano 4gの特色

iPod nano 4g は、ボリュームのある旧モデルから形状が大きく変化しました。
サイズは高さ90.7mm、幅38.7mm、そして厚さはこれまでのiPodの中では最薄となる6.2mmという薄さを実現しました。
重さが36.8gと軽量になりました。
それだけでなく、iPod nano 4gには2型の液晶画面とクリックホイールを兼ね備えており、
アルミとガラスを曲面に仕上げた細長くてシャープなデザインが特色となっています。
また、iPod nano 4gの大きな特色としては加速度センサーが挙げられます。
加速度センサーを搭載することにより本体を振ったり傾けたりして操作することが可能なのです。
例えば本体を回転させ場合、自動的にカバーフローに切り替わり、本体を軽く振った場合は自動的にシャッフルモードになります。
iPod nano 4gには8GBと16GBの2モデルが展開されており、カラーはシルバー、ブラック、パープル、ブルー、グリーン、イエロー、
ピンク、オレンジ、PRODUCT REDの計9色ものカラーバリエーションがあります。
連続再生時間は、旧モデルより細くなっても音楽再生時で最大24時間、ビデオ再生時では4時間と長時間楽しむ事が可能となっています。
P R
カテゴリアーカイブ