Walkerがキビタキ

July 02 [Sat], 2016, 9:31
病院に初めて看護師が就職を果たした時、どこに配属されるかは大変気になりますが、ほぼ希望を通してくれる病院もありますし、人材を管理する人の胸三寸で決められてしまうこともあるでしょう。配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、導き出された結果としての配属であるはずです。でももし、その配置に不満がやまないのなら指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。離職率が高い職業として看護師が有名ですが、どうしても転職率も高い数値になります。ですから、転職サイトによっては看護師のみに対象を絞ったものが多種多様に存在しています。こうした看護師専用の転職サイトであれば、時間をかけずに希望する条件にあった求人を見付けられる可能性が上がるので、仕事に追われて時間のない看護師にはぴったりですね。たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを参考にしてみるのが良いでしょう。病院で看護師として働く場合、勤務する時間がイレギュラーであることにプラスしてハードな仕事内容であるということを理由に違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、実は看護師の資格というものは、違う職種の現場においても実際に役立つことがよくあります。いくつか例を挙げるならば、人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。交代勤務を代表に大変な仕事を抱える看護師ですが、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、しっかりと申し送りをする看護師に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。伝言程度で終わるケースも少なくないですが、医療的に重要な処置等に関しての申し送りは重い責任の仕事だと言えます。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。覚えておかなければいけない仕事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため常に緊張を強いられる状態なのです。なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も今では珍しくありません。看護師の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:杏莉
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iplca9cna5mekt/index1_0.rdf