仙台は留学生の地震で体験作文編纂成集

May 05 [Sat], 2012, 15:38
日本新华侨报網2月6日、大地震が発生した時、生活は震災の留学生が肌で実感している地震と津波恐怖、ローカル日本人の责任と愛を実践している。少なくない留学生には自分の能力でペンを残した当時の記憶。

日本の仙台国際日本語学校集大成外国人留学生は东日本大震灾で経験した作文を編集し「われわれの3・11』の作文集だ。そこから、読者が如実に籍を置いた留学生たちが異国の地での地震で被害を受けたときはどうか、どのように作ってもらったのだ。これもみんなのための、この経験を残しました貴重な資料だ。

地震が発生した時、この学校には、計登録学生240人、本作の文集が収录された中国本土から来た、メキシコ、サウジアラビアなど6ヵ国のうち40人の学生の作文。これらの作品はすべての生徒たちは2011年4 ~ 6月期の記述である。

作文に、みんなが记されている自分でアルバイトをしていると、宮城野スーパーコピー
区にある工場の被害や屋根の津波が襲ってくるや、周辺の住民と一緒に暮らしてきた避難时间など各種の変わった経験をした。

ネパールから来た22歳の留学生状は地震発生直後、自分が戻ってきては、多贺城区の自宅で时に行き、jr仙台線の中野栄駅近くの際、自分はあわてて路が襲ってくることを舍てて自転车ですぐに逃げてしまう。今思い出しのあの1段経歴を問うと、彼は「母国で中は一度も会えない地震と津波。、避難の時、多くの知らない人にもなるのは私に闻きますどこに行くを渡された暖かい」だった。

20歳の中国からの留学生王孝铭作文に書いた。「避難していた学校で、みんながいっしょに分かち合う料理や毛布を数日後に、郵便配達員やタクシーの運転手から診療に復帰しては多分にみんなそういう、责任感が强くだった」と話した。また彼は、「できることを望んで、私に多くのお世话になった仙台人に感谢する、みなさん、一日も早い立ち直り」だった。

作文集した留学生たちは地震直後の5 ~ 8月に、仙台市の海岸地域で展开されて奉仕活動をしている関連议。この作文集模様が優先的に配給获得し、ほかは220人留学生会を赠り、仙台、国際センターなどの関係機関だ。

作文集編集者の教授を務めて遠藤和彦は、「多くの留学生が現地住民たちの助けで、みんなも中から多くのものだった」と話した。皆さんの日本语が荒くてたのかもしれない。にもかかわらず、分かるように日本人に、日本は地震災害で猛烈な活躍を尊重する。「作文集は地震発生時留学生のスーパーコピーブランド
状況と心理など各方面を入手したのはとてもいいことに収录されている。留学生及び関連者を読む」だった。



http://yaplog.jp/goldenceleb/archive/22
http://yaplog.jp/goldenceleb/archive/23
http://yaplog.jp/brandyiisin/archive/21
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ipimcong/index1_0.rdf