産経新聞からの引用記事

March 14 [Mon], 2011, 0:19
政治ニューストピック主張主張16人会派離脱届呆れる権力闘争ごっこ極めてわかりにくい行動と言わざるを得ない。民主党の小沢一郎元代浮ノ近い衆院議員16人が会派離脱届を出し、新会派を結逆援助成すると楓セしたことだ。岡田克也幹事長は会派離脱は無効だとしており、離脱届は宙に浮いている。参加メンバーの代賦iである渡辺浩一郎氏は、落Z関連法案の採決時に反対する可柏ォにいてあり得ると認めた。あらかじめ明白な造反行為を想定しているなら、会派離脱ではなく離党すべきだろう。会派離脱の理由にいては、菅直人政権が国民の生活が第一の政治理念を守らず国民への約束を捨て去ったなどと説明した。落Zの総組み替えなどはほぼ手付かずといった政権に対する批判は、これまでの小沢元代浮フ主張と重なっている。菅政権は本来の民主党政権ではないと言い切るなど、政権打倒の姿勢も鮮明にした。だが、ムダの排除でマニフェスト政権公約の財源を生み出すとのシナリオが破綻したからこそ、マニフェストの見直しなど今後の対応が厳しく問われている。その答えを示さないままマニフェストを守れと政権を批判しても説得力を持だろうか。消費税増税を批判もしている。政権与党として財政運営への責任意識と自覚を欠いているといえよう。小沢元代浮ヨの処分に対する反発が行動の背景にあり、政権を揺さぶるのが狙いだろう。これでは党内の足の引っ張り合いにしか映らない。そもそも、16人はいずれも当選12回で、衆院比例代舞I出の議員だ。民主党の看板で当選しながら、このような行動に出ることに正当性はあるのか。一方で、落Z関連法案成立にメドが立たない中で集団による造反行為が楓ハ化したことで、菅首相の政権運営の行き詰まりは明白だ。首相はこれまで政治とカネの問題にけじめをけようとしなかったことに加え、マニフェスト見直しと国民への謝罪をいまだに行っていないことを反省すべきである。政権の立て直しはその一点にかかっている。いずれにしても、内政外交面で国難ともいうべき課題が山積している。権力闘争ごっこをしている状況でないことだけは明白で、呆あきれ果てる。※うーん、どうなんだろうか
  • URL:http://yaplog.jp/ipi4rme1m7/archive/2
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ipi4rme1m7
読者になる
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ipi4rme1m7/index1_0.rdf