パーカーだけど生田目

February 12 [Fri], 2016, 13:43
数年ほど、看護師として働いているのですが、ちょっと気になることがあって、看護師というのはタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。
禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。


また、お酒の席での看護師たちの酔いっぷりといったら羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。


ただ、健康には気をつけてほしいです。看護師というものは、つくづく激務だと感心してしまいます。

交代とはいえ、夜勤もあり、病院も経営難だったりして、少人数で回すしかない状態です。

過労でうつ状態になる人も多く、離職する割合も高いでしょう。

看護師が白衣の天使とはいっても、実際、こんな激務をこなしているのは、まさに天使だといえます。
看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが申込理由です。どうしてこの仕事場がよいのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのは容易ではありません。

高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが勤務条件の利点を並べるのに比較して、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、転職の理由に発展的な要素をもたせたものがパスしやすくなるでしょう。



一般的に、看護師の中には煙草を吸う人が減っているように思います。


実際のところ、そのイメージ通りに一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。
医療施設で働く職業上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識している人が多いと分かるのではないでしょうか。



看護師として働く時、他に比べて、楽だといわれているのが、外来勤務によるものです。

もちろん、人命を預かるということでの責任は同じことですが、日勤だけで夜勤がない、割合に休暇がとりやすいといった理由で外来勤務希望の人も増えてきております。看護師は大変なこともいっぱいある仕事ですが、続けやすい仕事であるとも思われています。妊娠したことで、一度休みを取ったとしても、復職しやすい仕事です。


高いレベルの専門性が子育てが一段落してからの復帰がしやすいことに関わっているといえるでしょう。ただ、就職先に困らないといわれますが、離職の割合が高い職業です。


看護師の初任給は決して高くはないです。事実、入院して看護師ウォッチをしてみると、多くのサポートが必要な患者が入院していないのならば、勤務時間内で一定の作業をするだけですが、その仕事量だけでもかなり大変です。深刻な患者が入院している場合には、いつも以上に激務となってしまい、精神的にもキツイことになるでしょう。食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。それから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、特に恐れるようなものではないようです。さて、看護師を養成するための機関といいますと専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。
託児所付き求人を探す看護師には悩み事が結構あるものです。
看護師は激務の代表のような職業なので、人間関係に疲れるケースが多いのです。給与が良くても、たくさんの悩み事がある仕事となっているため、退職者が後を絶たない職場もあるでしょう。


かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。



ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。なお、看護師という職についていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、それだけでなく自分自身の身体のこともかなり深く理解できるようになるでしょう。多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。

あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。会社によって給料が変わるもので、もちろん、看護師も同様です。地域の診療所と総合病院とでは、やはり収入に差が出てしまいます。

こういった事を考えても、看護師だからといって平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。
「マイナビ看護師」を利用すると、離職率が低くて労働環境がいい転職先を紹介してくれますので、転職をした次の職場では満たされている方が多くおられるようです。担当者も医療について詳しい方がサポートするため、自身が希望している条件の細かい点も飲み込んでくれ、その希望条件に見合う勤め先を見つけ出してくれるのです。



看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、一般企業においては課長の役職相応でしょう。課長職につく人物の収入が企業によって違うように、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。
ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、約750万円と推測できます。看護師になるとすると、知識や技術だけにとどまらず、「医療界に貢献していくんだ」というような固い意志が必要だと考えられます。専門職ですから、OLなどに比べると高収入で、勤務先にも困らないでしょう。


だけど、日常ではほとんど関わることのない人間の死と向き合うことになるからです。きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。
どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。



そしてまた、患者さんのご家族に何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、やりがいを覚えなくなったら、多分看護師はもう辞めたい、などと願い、悩んでしまうと思うのです。

看護師の資格をとるための国家試験は、1年に1度あります。

看護師の不足が問題となっている日本という国にとっては喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格の合格する割合は90%前後と非常に高いレベルをキープしています。看護師の国家試験は、大学入試のような合格させないための試験ではなく、決まっているレベルをクリアできればパスすることができる試験です。

3年の間、看護専門学校に通学し、国家試験の受験資格を獲得できるのです。この方法で免許を取ることを目標にする人が一番多いです。
今現在、病院で行う実習が他に比べ、多いということもあって、勤め先でも意外と簡単に業務をすることができます。
結婚のタイミングで転職してしまう看護師も非常に多くいます。配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職する方が良いでしょう。

今後、子育てを頑張るつもりならば、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職をすると生活しやすいですね。ストレスが蓄積されていると妊娠しづらくなるので、気をつけましょう。



少々昔の話ですが、看護師などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に世間的に認知されていた節があります。
しかし、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、看護師はそれに相当する給金の獲得が可能であるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。何しろ看護師の給料といえば、家の屋台骨として充分に、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。
要するに看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。



仲のいい叔母が、ついに離婚を決意してふるさとに戻ってくることになりました。



しばらくぶりに会った私の想像よりも叔母は元気そうで、「看護師の資格があるのだから、仕事に困ることはない。

あんな男の世話になんかならなくても食べていくことくらいできるわ」とスッキリとした顔で笑っていました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タクミ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ipermtekrlorgo/index1_0.rdf