美白(びはく)と

June 30 [Sun], 2013, 13:21
美白(びはく)という美容法は90年代の終わり頃に美容家の鈴木その子が火付け役となってブームになったのは記憶に新しいが、もっと前からメラニン色素の沈着によるシミ対策に対して採用されていたようだ。
押すと返してくるのが皮膚の弾力感。これを生んでいるのは、化粧品でおなじみのコラーゲン、つまりはタンパク質です。バネの機能を持つコラーゲンがきちっとお肌を持ち上げていれば、肌は弛みとは無関係なのです。
洗顔石けんなどで隅々まで汚れを落とすようにしましょう。石けんは肌に合ったものを使います。自分の肌に合っていれば、安い石鹸でも良いですし、固形タイプの石鹸でも良いのです。
美白ブームには、90年辺りから徐々に女子高生などに知れ渡ったガングロなど、不自然なまでに黒く日焼けする渋谷系ギャルファッションへの批判的な内容が内包されている。
メイクの長所:新しい製品が発売された時の高揚感。メイク前の素肌とのギャップがおもしろい。多種多様なコスメにお金をかけることでストレスが発散できる。メイク自体の面白さ。
エアコンのスイッチ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ipdsjaig
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ipdsjaig/index1_0.rdf