安眠のための布団

March 16 [Fri], 2012, 14:00
◎ 安眠のための布団

● 布団の防ダニ加工とは

◇ ダニを寄せ付けない”防ダニ”加工
インテリア・寝装業界(全日本寝具寝装品協会)が、防ダニ加工カーペットや防ダニ加工ふとんの新しい品質基準を作成しました。新基準は2種類あります。

1.ダニを寄せ付けない”忌避効果”・・布団にダニを寄せ付けない効果です。殺虫を目的 としたものではなく、寄せ付けない事を目的としています。

2.ダニを増やさない”増殖抑制効果”・・ダニは数週間単位で産卵・ふ化を繰り返して、  数を増やしていきます。ダニが付着した場合に、増殖を阻止して、ダニを減らしていきます。

また、加工薬剤の安全性についても厳しくチェックし、基準に合格した製品にだけ統一マークが表示されます。ご購入の際には「防ダニ加工製品」をお選びください。

ダニを増やさず寄せ付けない、工夫とお手入れ
ダニは清潔な環境が大の苦手、”防ダニ加工”の効果をより高めるためにも、日常のお掃除が大切です。また、こまめに窓を開けて換気することも、ダニの繁殖を防ぐ大きなポイントです。

●  防ダニ、抗菌防臭加工等のふとんの安全性と効果期間
   
◇ 全日本寝具寝装品協会の基準より衛生的で快適な寝具をと、最近の寝具にはさまざまな加工が施されていますが、その加工には「安全性」と「効果の持続」などの基準が設けられています。また、防ダニ、抗菌防臭加工以外のものについてはメ−カ−独自の実験や調査で基準が設けられています。
効果の持続期間は、加工方法、使用薬剤などにより違ってきます。

◇ 抗菌防臭加工では、繊維製品新機能評価協議会が認定するSEKマークは、定められた洗濯方法で、生地は繰返し10回、ふとんわたは3回までの基準を満たすことを定めています。

※一般的な抗菌加工の定義は
 製品の表面に付着した細菌の増殖を押さえるための加工。

◇ 防ダニ加工では、防ダニ加工製品協議会が認定するものは、3年と定めています。

※一般的な防ダニ加工の定義は
防ダニ加工処理済であることを表します。防ダニ加工により、ダニを寄せつけない忌避効果と、徐々にダニの数を減らす増殖抑制効果を備えています。産卵付加による増殖を阻止する作用もありますが、ダニをすぐに殺してしまう効果ではありません。防ダニには、ダニを最初から寄せつけないこと、日常での掃除等お手入れが必要です。

 安眠のための布団
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ipanema-boy
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる