あゆみんのアオスジアゲハ

August 06 [Sat], 2016, 15:56
将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も存在します。

看護師としての腕を上げることで、収入アップを目さすこともできます。
職場によって看護師の行なう仕事は異なるため、自分が合うと思える職場を捜すことも大切でしょう。


自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特養が合うと思う人もいるので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度開催されます。看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後とかなり高い水準を示しつづけています。

看護師の国家試験は、大学の入学試験みたいな落とすための試験ではなく、一定の水準以上だったらパスできる試験です。

結婚と同時に転職を考える看護師も少なくありません。



パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職を選択した方がいいでしょう。


いずれ育児をする気だったら、結婚のタイミングで自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)となる時間の多い職場へ転職をしておくと生活に余裕ができますね。ストレスが多くあると妊娠しにくくなりやすいので、注意しましょう。
看護職員の方が仕事場を変える手段としては、昔とは違って、ウェブを介す方法が大部分となってきました。看護職に特化した人材派遣サイトをうまく使えば、出費もありませんし、見たい時に、見たい場所で最新オファーを確認することができるのです。

華麗なる転身のためには、多角的に検討するのが鍵ですので、勤務先を移りたいと考えたなら、できるだけ早くアクセスしてみましょう。
看護師国家試験に受かるよりも、看護学校の卒業の方が難しいことだという人持たくさんいます。


看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年してしまうようです。それほど厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。

看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、具体的には1月、6月がお薦めです。


看護職員の価値は市場では依然高いのですが、雇用の条件(ビジネスの際には特によく確認することが大切になるかもしれません)に恵まれたところを見落とさないように、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。



急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、転職情報が多くなる時まで静観することを推奨します。
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長時間の勤務となっているので、勤務中でも仮眠をとれることになっています。


国の指針により月に8回までと定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。
病院における看護師の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、過労になる人が多いのも、長つづきしない看護師が多い理由の一部と思われます。


看護専門職が職場を移る根拠としては、ステップアップと説明するのが良策です。


以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件(ビジネスの際には特によく確認することが大切になるかもしれません)だったというような、マイナス要素をあげてしまうと、不本意な評価をされかねません。

この場合は、仕事を変えたい本当のわけを素直に明かす意味もありませんので、未来志向であることを印象付ける志望理由を告げるようにして下さい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナナ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる