今井寿がダイヤモンドテトラ

May 11 [Thu], 2017, 12:46
FX取引のキャピタルゲインとインカムゲインは、キャピタルゲインとは為替差益のことで、インカムゲインはスワップポイントです。

為替差益は為替レートの変動で得た利益のことです。

そして、スワップポイントとはお金を銀行に預けた際にもらえる金利と同様のものです。

でも、スワップポイントは投資をしたからといってもいつも利益になるとは言えません。

外国為替証拠金取引には、専門用語がたくさんありますので、FX初心者の方は、頻繁に使用される専門用語を覚えた方がいいです。

FXにおけるポジションもFX投資の際に専門用語の一つとして頻繁に使用されます。

ポジションという用語の意味する所は、直訳では「位置」を意味しますが、FXでは「持ち高」のことを指します。

持ち高という用語の意味は、その人が通貨を持っている状態のことをいいます。

FXの意味を日本語でいうと外国為替によって証拠金取引をするということで、ドルとユーロなど異なる通貨同士による為替取引です。

為替の相場は日々変動するものですが、FXはその変動を利用することによって通貨と通貨での売買を行い為替差益を得る投資方法です。

ここ1、2年では、少額からでも始められる外貨投資法として、海外だけでなく、日本でも人気となっていますね。

投資といったものに興味を持っている方が何かを始めようと思ったときに、FXと株どっちを始めたらいいのか迷われることもあるでしょう。

初心者のケースでは株のほうがFXより安全であると考えられるかもしれません。

株であれば、仮に、買ったときより株価が下がっても、いつまでもプラスになるまで待ち続けることができます。

FXだったらレバレッジをかけることができるといったこともあり、自身の予想と逆だった場合には、損切りを余儀なくされてしまうといった事例が非常に多いと言えます。

一気に手元のお金が無くなってしまう場合も、ありえることなのです。

ただし、FXは株よりも効率よく利益を出すことができるといったことは言えるかもしれません。

FX投資を分かりやすくいうと日本円と外国通貨の取引の差額によって儲けを生むというものです。

投資の素人でも簡単に儲けられると、流行になったこともありますが、稼ぐ機会がある反面、大きな損が発生することもあります。

損失が出る可能性を考えた上で開始してください。

気軽に、FX投資に手を出して墓穴を掘った人も多いです。

本屋さんに行くとFXに関連するものが多くあり、その中にはFX投資成功者が出版する本もあります。

数千円ほどで購入できるので、こうした本を数冊手に入れて、自分なりに運用の方針を作成してみてください。

運用ルールを学習していく際には、初心者に向けたものではなく、中級者や上級者向けのものを選ぶことこそが大切です。

外国為替証拠金取引の場合は通貨の組み合わせが大事になりますが、初心者だと全く理解ができないでしょう。

理解するためにはある程度の時間がいるため、全く分からない状態で取引を始めてしまうと失敗するケースが多いです。

それに対して、日経225の場合は投資の対象が、日経平均株価であるため、個別の銘柄を選ばなくてよく、投資のための敷居が低いといえます。

FXでは取引を始める前に業者に保証金を預けますが、レバレッジを用いるとこの預け入れた保証金に対し、数倍から数十倍の範囲の金額まで取引していくことができるようになるのです。

レバレッジを用いることでハイリターンとなりますが、同様にリスクがそれだけ高くなる可能性もあるのです。

FX会社が倒産してしまうと、預けておいたお金を失うことがあり得ますから、信頼性をちゃんと確認して選択してください。

また、レバレッジはメリットがある反面、デメリットともなり得ます。

元本以上の金額を扱うことが可能なのは有利な点ですが、うまく利用しないと大きな損失を出してしまうことになるでしょう。

FX業者を選ぶ際に忘れてならないのは取引にかかるコストです。

取引の際のコストを抑えられれば利益を出すことにつながります。

また、最低取引単位が小さい方が少額の資金しかあてられなくても始められますし、FXを扱う業者それぞれに取引ツールの使いやすさの点で違いがあります。

もう1点、モバイル取引に対応しているか否かも基準になります。

FXで長期間やりとりしている人ですとロスカットというシステムがどんなにトレーダーにとって大切な救済措置なのかということを理解されていると思います。

けれど、そういう人でもFX取引を開始したての時は、ロスカットになるのがイヤで損失を増やしてしまったというような経験があったのではないかと考えます。

FXのレバレッジはどのくらいが良いかといいますと、経験の浅い初心者の人でしたら、2から3倍といったところでしょう。

レバレッジの上限は利用をしているFXの業者によっても異なってきますので、高くレバレッジをかけられるところもあります。

けれども、その分リスクのほうも上がってくるため、ちょっとのレート変動でもロスカットをすぐにされてしまいます。

FXのスプレッドというものは狭い方が得です。

スプレッドが広い幅ほど利益が出るのに時間も掛かるものですし、リスクも高まってきます。

中でも初心者は、スプレット幅が狭く定められているFX業者を選んだほうがよろしいでしょう。

加えて、スキャルピングトレードやデイトレードも、スプレッドが狭いと有利だと言われています。

FX投資の一つの魅力は、レバレッジと呼ばれるものです。

このレバレッジという言葉をそのまま訳すと「てこ」という意味の英語で、FX業者に取引保証金(証拠金)を預けた場合に、その金額以上の取引ができることを意味します。

かけられるレバレッジがどれくらいであるかということはFX業者によってまちまちですが、規制前と比較するとわかりますが、その倍率は低下してきています。

通貨証拠金取引をする際に、通貨の売り買いの時期を判断する素材の一つとなるのが外貨の売買比率になります。

ポジション比率とは主要通貨2種類が所有されている外貨の単位を比べたものです。

FXのポジション比率を理解するためには、顧客の利益実績を公開しているFX取引を目的とする企業のサイトをみることをおすすめします。

外貨預金とFXの異なる部分に、元本保証やレバレッジの利用といったものがあります。

外貨預金は銀行への預金ですから、基本的には元本保証がなされます。

FXではレバレッジを使うことができ、手元の資金より数十倍もの金額で動かしていくことが可能ですが、逆に大損失が起こることもあるので、リスクも高くなるのです。

外国為替証拠金取引のスワップ投資をする場合、その他諸々よりもまず、外国為替証拠金取引業者選びが肝心です。

どうしてかというと、スワップポイントそのものが各FX会社で違うものですし、わずかちょっとの違いでも短くない期間、持っておく上ではビックな差になってしまうためです。

また、信頼性の低くないFX会社を選択するということも大切です。

FXが人気がある一番の理由は、レバレッジが利用できることが挙げられるでしょう。

一般の株取引などの投資の際には、ある程度の金額の投資資金が必要とされますので、初めて投資をする方にとっては利用しにくいものです。

でも、FXだったら投資の資金は少な目でその何十倍もの取引が出来るため、初めての方でも始めやすい投資法だといえます。

FXに魅力を感じる1つのポイントである多額な投資をしなくてもいい理由は、レバレッジを使うこともできるためです。

FXのやり方はFX業者に証拠金を入金して、その金額以上の金額で取引をやることが出来ます。

要するに、少ないお金で大きな利益を得るチャンスができるというわけです。

これがいわばレバレッジの法則です。

FX業者に売り注文や買い注文を出した時には絶対に成立するものだと理解している人もいるでしょう。

しかし、約定力が高くないFX業者の場合、一度に注文が集中した場合、システムの耐久力が限界に達して、約定が不可能となったり、システムがストップすることもあります。

損益の変動が大きいですから、FX業者がどれだけの約定力を持っているかは非常に重要です。

FX業者によっても取引システムには差異があり、自分に合う業者と合わないところがあります。

それを判別するためにも、模擬取引は有効です。

それに、FX会社の中には、賞品が出るところもあります。

上位に入った場合には外車などが賞品として受け取れるデモトレードもあり、本気になることができるでしょう。

FX取引を開始するにあたって、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析、どちらに則って取引をしたら利益が上がるのだろうと思った人も多いのではないかと思われます。

FXを初めて行う人の場合には、まだレート観が養われていないため、自分の直感、世界情勢を考慮して取引を行うというファンダメンタルズ分析を使うことは危険な状態に陥るかもしれません。

FX投資は運だけでは利益を生むことはできないでしょう。

本来F、Xは、FXの仕組みそのものをよく理解してないと絶対継続して利益を生むことはできません。

FX関係の書籍などで学んだり、模擬の練習をして利益を出すには、どうすればいいのかじっくりと考えることこそ大切です。

FXにおけるスワップとは、外貨を買うために借りた通貨の金利と購入した外貨の金利の差のことです。

スワップと略称されることも少なくありませんが、正式な専門用語では、スワップ金利及びスワップポイントという名が付いています。

このスワップ金利は、日々変わっており、その通貨を持っている限りもらうことができます。

FXではスワップポイントという名前で呼ばれる金利と似ているものを日々受け取りができます。

この金利を日本のものと比べるとはるかに高いものとなっているため、スワップポイントを当てにFX投資を行う場合も少なくはありません。

FXは危険を理解しておけば、簡単な外貨投資法です。

外国為替証拠金取引や株などの投資を開始して、収益を得るという方法もあります。

ただ、投資することで、利益を得ようと思う場合は、元手がいくらか必要です。

損をすることもあるという事を覚悟して、ちゃんとFXや株についての勉強をした後で臨んでください。

充分に知識を取り入れて、自己責任で投資をすることをお勧めします。

FXで取引をやっていると、ついつい欲が出てしまって、高いレバレッジをかけての取引をしてしまいがちです。

そうなると、最も悪いケースでは証拠金が不足となり、もう二度と相場に戻ることができなくなってしまいます。

そんな状態にならないためにも、FXに慣れるまでは、2〜3倍程度の低いリスクで取引を行っておいた方が安心です。

日経225とFXはどっちの方が稼げるのか、多くの方が気になっているのではないでしょうか?これは非常に難題な問題で、個人個人で異なると考えた方がいいかもしれません。

前者も後者も投資という共通していますが、何カ所か違う点があるので、そこを見極めて、どちらが自分に合っているのかを決めるべきでしょう。

FXについては日々理解を深めていくことができれば大きな損を出してしまうこともありませんし、ほんの少しずつでもプラスにしていくことができるはずです。

FXには運だけが大事だと思っている方は学んでいこうとはしないので、儲けよりも、損失を出すことのほうが増えるのです。

FXで儲けている方は、運が味方するだけの努力をしてきた方々なのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Fuuto
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる