瀬尾があやか

July 07 [Thu], 2016, 20:20
基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、介護士の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。

けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。



ところで介護士であるからには、介護にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、それだけでなく自分自身の身体のこともわかるようになったりするようです。意外に思うかもしれませんが、介護士が働く現場として保育園があることを知っていますか?保育園を職場にするのは、子供好きの介護士には、ぴったりの職場でしょう。介護施設とは違って、保育園での介護士の仕事は園児の体調管理と共に、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする責任のある仕事だと言えます。



皆さんご存知のように、介護士の職場環境は千差万別で、様々な科を併設した総合介護施設から町医者までかなり違いがあります。介護施設に限らず、保育園や介護施設といった場所も介護士の勤務先です。

会社によって給料が変わるもので、当然ながら、介護士の場合も同じでしょう。
大きな総合介護施設と町医者を比較すれば、収入に差が出てしまいます。
こうしたことを踏まえても、一般的な介護士の平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。



介護施設内での介護士長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、それぞれの介護士に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、一般の会社組織においては課長職に近いものです。

いわゆる課長職でも、その年収は中小企業と大企業では全く違うのと同様に、介護士の年収は、介護施設の規模で全く異なるのです。
そのほかにも、公立介護施設と民間介護施設ではまた違いますし、介護施設がある地域が年収に影響していることもあります。稼ぎの良い公立介護施設に勤めるケースでは750万円位だと推測できます。


日々、介護士の激務に追われて働き続けていくと、つらいこと、大変なこともあります。
どこが一番楽のできる診療科か、ということを頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。全体的に見て、比較的忙しくないとされる病棟は、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。ですが、どういった介護施設か、症状がどれくらの患者さんを受け入れる介護施設なのかにより、業務のハードさについては差があります。世間的に、介護士は収入面で安定している仕事だと認識されておりローンの際も、比較的審査が通りやすいと言えます。ただ、非常勤で勤務している介護士の方など、不安定な雇用状態の場合には必ずしもそうであるとは言えません。
スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと派遣などではなく、正社員として勤めている安定している介護士に限って言えることであり、非常勤で勤務している人の場合、介護士であってもローンが難しいことがあります。介護施設で介護士として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどれ程のものなのでしょう。



試験の合格率ですが、毎年90%前後のようです。実際の試験の内容も、今までの授業でちゃんと学習していた人であれば十分に合格できるものですので、そこまで介護士の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。
近頃は、ますます介護士は不足気味です。
せっかく介護士資格を持っているにもかかわらず、現在は介護士として勤務していないという方も多いです。
このように介護士が足りなくなるのは何故かというと介護士の離職率が高いということが大きいと思います。常勤介護士のケースでは、離職率が11%を超えています。


女性の方が圧倒的に多い仕事のため、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。子供のころから介護士になるのが夢だったのですが、家庭の都合から、企業に就職して結局OLになりました。ですが、OLをしている間も介護士になりたいという思いが消える事がありませんでした。



資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも考えましたが、やはり介護士の資格が欲しいと悩んでいたところ、看護助手として勤務しながら資格も取れるそうなのです。介護士の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。当然ですが、介護施設には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアなど、看護の方法が違います。

それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。また、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、多くの知識を身に付けることが出来ます。将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、介護士としてのやる気も湧きやすいようです。



多くの方々と出会うことが出来る街コンですが介護士の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、なかなか男性と関わる機会がなく、新しい出会いを求めて、介護士がエントリーするのです。街コンでは、介護士という仕事は一種のステータスとなることが多いです。

ですが、もしも新しい出会いがあっても休日が合わないために結果として、破局、ということもままあるようです。病棟勤務と外来勤務では、介護士の作業内容はまったく違ってくるものです。という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。

そうすることで、それを活用できる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。


もちろん業務の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。介護士の勉強をするための学校には大学と専門学校という二つがあります。
大学の場合のいい面は高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、介護以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。



対する専門学校については、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、そういった経験を生かして即戦力になれます。

そして、必要とされる学費については大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。

介護士は良い給料をもらってはいますが、詳しく見てみると純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて給与が増えているという状態です。ですので、「いいお給料で介護士をしたい」というのならばどこで働くか考える時、日勤のみではなくてできるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。
この夜勤があるかどうかによって給料の額は違ってきます。



介護施設で病棟勤務に就いている介護士なら文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制によりもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。



夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて現場から医師や介護士も減ってしまいますし、夜中の少人数体制の中で容態が急変した重体患者が出たりなど、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。


もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、日勤のそれを上回ることになります。



介護士と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、その一方で困難もまた様々なのです。することは多く、責任は重く、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、何より介護現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。
それらを承知の上でなお、介護士になろうと選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいにメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。

介護に関わる職種の中でも介護士という職業は特殊な仕事と認識されることが多いですが、そうは言っても、労働組合がないと雇用条件において不利になることも生じて、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。ストライキを起こそうにも介護士という仕事では難しいため、雇用する側の人達がきちんとした配慮を行うことが重要であるということに疑いの余地はありません。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、介護施設に勤める介護士は見た目にも注意する事を忘れてはいけません。
中でも、女性の介護士は派手な化粧はなるだけ控えておいて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのがおススメです。スッピンとはまた違って、雰囲気が良くなるでしょう。
少子化や高齢化のために、介護施設などの介護の現場で働く人々がまだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。なので、既に不足している介護士なのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。

年ごとに多数の介護士が新たに生まれているのにもかかわらず、いまだに介護士不足が叫ばれているのは職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も一因だといえます。介護施設の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、医師不足や介護士不足への対応が急務となっています。夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして急患対応も必要で、多くの介護士がかなりの重労働をこなしているといわれています。



男性介護士も増えてきてはいますが、いまだに女性の方が多い職場なので、ストレスにやられてしまったり、行きたいときにトイレに行けない介護士が便秘に悩まされがちというのも理解できる話です。入院施設のある介護施設に勤める介護士は、夜勤を避けられない職業の一つです。具体的な勤務時間でいうと、勤める介護施設が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。



3交代勤務での夜勤となると、夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。
応募する介護施設がどのような勤務形態なのか早めに調べた上で検討することをおススメします。

介護士といったら、昔はほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。ですが、近年は介護士の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男女共に働く職業となってきました。


介護士に求められる能力を考えてみると、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。

女性の持つ優しさだけではなく、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も今の介護士に求められる大切な能力だと言えます。

皆さんご存知のように、介護士は離職者が多い職業ですので、転職率も同じように高い傾向があります。



そうした傾向を踏まえ、介護士専門の転職サイトなるものが多くあります。介護士の求人に特化した転職サイトであれば、手間なく希望する条件にあった求人を見付けられる可能性が上がるので、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の介護士にぜひ利用してもらいたいです。たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを参考にしてみるのが良いでしょう。



他の仕事と違い、介護士が職場で勤務する時間というのは、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。


他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、園児や小学生などの母親をしながらであってもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。
子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、介護士という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。多くの方が介護士を続ける動機として外せない理由の一つに「給料が高い」ということがあります。働き始めて最初の給料を鑑みても、同じくらいの歳の新入社員よりもより高収入といえるでしょう。


ただ、そのように高給をいただくということはその分、研鑽に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。



一般的に、介護士の中には愛煙家が減っているように思います。

実際のところ、その印象は間違っておらず、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。



介護施設で勤める以上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように自主的に禁煙している人が少なくない様子が理解できると思います。

大変な激務と世間一般に認識されている介護士というお仕事の、その中身を少し見てみます。中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、容態の急な変化もありえますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも介護士が行います。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、時間が経つのを忘れてしまうほど次々と仕事が飛び込んできたりもします。夜勤は介護士にとって避けられるものではありませんが、決まって体調を崩すようであれば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。忘れてはいけないのが、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働く介護士と比べて収入が減ってしまう事があります。



今の収入を減らしてでも、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。
学校を卒業したばかりの新人ですとか、他の介護施設から転職してきた介護士の場合、間違いなく残業をしているのに、相当する手当が未払いになることがあります。
ただ働きで残業をさせるのは、労働者が新人かどうかは別の話で法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、当然、働いた分のお金は、給金という形で手に入るのが当然なのです。



介護士が働ける場所というのは介護施設以外にもあります。

「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においてもまだまだ介護士は足りていません。

グループホームで介護サービスを受けている方というのは、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。



介護の分野に関心があるという介護士は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのもいいのではないでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夏妃
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iorivangaisntp/index1_0.rdf