癌の治療方法

January 13 [Thu], 2011, 12:16


これまでの癌治療といえば、外科療法(手術)、化学療法(抗癌剤)、放射線療法の三大療法が主流でした。これらは一定の効果が期待されますが副作用による肉体的・精神的負担が大きいため、最近では免疫療法(免疫細胞療法)が開発されました。


これは外的な力で癌を治療するのではなく自己の免疫力を用いる為、副作用の悩みはありません。それと三大療法との組合せることにより相乗効果も期待できます。自分の血液から採取した免疫細胞を培養、活性化するため、拒絶反応やアレルギー反応の心配がありません。副作用の心配のない体にやさしい治療と言えます。


化学療法などの標準治療との併用が可能であるため、相乗的な効果や副作用の軽減が期待できます。複合免疫細胞療法については、どの症状にも効くわけではありません。患者様の容態によっては役に立てないケースもあります。それでも副作用がなく日常生活の質を維持しながら治療できる癌の新しい治療法として非常に注目されています。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ion
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ione947/index1_0.rdf