パースの友達 

February 17 [Sun], 2008, 16:54
オーストラリアに行くって決まってから、



いつもはパースに行ったりするんだけど今回はお父さんのお見舞いなので、



もちろんいけるはずもなく。



でも取り合えずオーストラリアに行く事を大事な友人には知らせておこうと思って、



パースに住む大好きな友達のサンドラにメールだけしておいた。



そしたら、出発前日に電話があって、



「今回mieが来れないなら私がシドニーまで行くわ!」と言って、



二人の娘を連れて会いにきてくれました★



国内といえど、パースとシドニーは実に4000キロ!そして時差も2時間あるのに関わらず、



一日しか会えないのにわざわざ来てくれて、



本当に感激しました!!



サンドラの娘たちのヤスミンとナタリア、そして我息子の創様の念願の対面を



果たせてすごく楽しかったなぁ。



ヤスミンは2歳半、ナタリアは5ヶ月です。



2人も子供を産んでるのに、なんともオージーとは思えないスリムさ。



彼女は生粋のヨギーニ(ヨガ人)なので、毎日のエクササイズにヘルシーフードの



たまものです。



あっという間の時間だけど、



沢山育児について語り合ったり、ランチをしたり散歩したり、、、



ピアレンツルーム(授乳室)でおしゃべりしながらのおっぱいタイムしたり。



以前とは違ったスタイルでのお付き合いですが、



こんな風に国境を越え、遠く離れていてもいざというときには会いに行ける友人がいて、



とっても幸せ!



ちなみに、私は2002年サンドラの結婚式の時ブライドメイド(花嫁介添え人)をしたのだよ!



4人のブライドメイド、皆おそろいのドレスを着て、



すっごく楽しかった思い出ですッッ!!

<第8話>あなたしかいない・・ 

February 13 [Wed], 2008, 9:39
 2人が恐れていた時間が迫る。朝、目覚めてからの2人の言葉数は今までと全く違い少ない。ホテルからチェックアウトして空港へ向かう足取りも重かった。飛行機の出発時刻が刻々と近づく。

「この飛行機に乗ったら、さよならだね。」
すみれの方から切り出してきた。英明は来た時とは真逆の悲しい表情をして、
「どうしても・・・? 東京へ戻っても、このままでいよう。会えない事はないよ。」
と一生懸命彼女を説得した。
「仕事の都合でダメになるのは、・・・もう嫌なの。」
すみれは強い口調でうつむきながら言った。その言葉は英明にもわからない言葉ではなかった。
「離れたくないんだ・・・。」
それしかなかった。考えても考えても浮かんでくる言葉はそれしかなかった。

 そんな英明の言葉も空しく、飛行機に乗る時間になった。行きと違い帰りはシートが離れていた。同じ飛行機の機内にいるのに遠かった。東京までの時間がとても長く感じる。行きは笑いながら、あっと言う間に沖縄に着いたのに・・・。何度も英明は彼女の所へ行こうと思った。しかし、すみれの言葉が重く心にのしかかった。
 仕事の都合で恋愛がダメになるのは英明も同じだった。おまけに看護師との恋愛にも嫌な光景を見てきた。過去に、他のドクターが看護師と付き合って居た時、看護師同士の中でいじめがあり、その看護師は職場を離れたという事があった。すみれとは場所が別なら、そんな事は関係ないのだろうが、彼女の身を案じるとこのまま終わった方が幸せなのかも知れないとも考えた。
だが諦めきれない英明は空港に着いたらもう1度すみれに話してみる事に決めた。

 一方のすみれは、このまま会わずに自宅に帰る事を決めた。

 長い長い時間が経ち、空港に到着すると、すぐに英明は彼女を捜した。しかし彼女の姿は、いくら捜しても見当たらない。空港のロビーを名前を叫びながら走りまわる。周りの人達が何事かと英明を見るが、英明には、そんな事は関係なかった。

 遠目でそんな英明の様子を見た私は涙が止まらなかった。自分がいる場所など関係なく泣いた。泣きながら自宅に帰り、部屋に帰っても泣き続けた。目の前ではずっと携帯が鳴り止まない。全部、英明からだ。

――すみれ!どこ?――

――会いたいんだ! 連絡が欲しい。――

――別れたくない――

――離れたくない――

 そんな言葉のメールが何度も続いた。英明の連絡先を削除しようともした。でも消せなかった。携帯が鳴る度に辛い思いをするが、消してしまうと、もっと辛くなるような気がしてならなかった。

 一方の英明もうなだれたまま自宅に戻り、薄暗い部屋の中で悲しさに耐えられず泣いていた。ちょっとした音が鳴る度に彼女かと思い振り返る。しかし、何度振り返っても彼女の姿はない・・・。満足に眠る事も出来ずにバーボンのボトルは1本空になった。どうしても彼女が忘れられない・・・。次の日の朝になってもカーテンを開ける気力もなくウダウダしていた。荷物の片付けをしても1つ1つが彼女との出来事を思い出させた。

 それはすみれも同じで、片付けは一向に進まなかった。あんな終わり方をしなくても良かったのでないかとか、深入りし過ぎたのではないかとか・・・。恋愛をする事が、こんなに苦しい事なのかと・・・。

 お互いが、お互いの事を忘れる事が出来ないまま現実の空しい時間だけが過ぎた。短期間の間だったが、お互いの存在感は凄く大きなものになっていたという事だった。

悪魔で執事♥ 

February 01 [Fri], 2008, 5:39
かっこええ◇◆

デイジーからチュッ 

January 17 [Thu], 2008, 14:32
このグリでもワンショを頼む方が多かったんですが。ミニーちゃんとデイジーだけを撮る人が

多くて一緒に撮れないドナルドは寂しそうでした( ̄□ ̄;)

そんな落ち込んでいるドナルドにデイジーからキスのプレゼント!!(◎^∀^)σ由

キスをもらった瞬間ドナルド 元気になりましたよ♪愛のチカラはすごいですねっ☆☆

ぷか〜 

January 11 [Fri], 2008, 3:40
グアムのホテルに着いたのは、夕方でしたが、すぐに海へ向かいました。
グアムの海は、温泉?と思うくらいの暖かさでした。
波も全然ありませんでした。
子供たちは、大喜び(^−^)
浮輪は持っていかずに、腕輪だけを持っていきました。
ハルちゃんと、だいは、腕輪だけで浮くことを知って、ぷか〜 ぷか〜 ぷか〜
ひたすら、泳いでいました…というか浮かんでいました。

それにとっても、遠浅。
パンくずをもっていくと魚がよってくるよ!とお友達から聞いていたので、
やってみました。
来ました来ました。たくさん。

だいは、「さかにゃ〜」と不思議そうに喜んでいました。
ねーねは、目を輝かせながら、うれしそうに目の前の魚たちを見ていました。

お疲れ様でした! 

December 30 [Sun], 2007, 5:15
個別解説いきます!

10/29 18:22 のミニにんじん 

December 15 [Sat], 2007, 5:47
物凄い勢いで伸びてます♪

おやすみ。 

December 07 [Fri], 2007, 23:43
乾燥が気になる季節になってきましたね。

今日の夜ごはんにはグラタンを食べました。
美味しかったー


寒くなるにつれ、僕には気になることが・・・


僕唇がカサカサにナリガチで、秋から冬にかけて放っておくとすぐ荒れちゃって(^_^;)


で、近頃乾燥してきたのでこれ買いました。

リップクリーム。

他のより少し高めだったけど、良さそうな感じだったので☆


静電気もそろそろ心配ですね。
みなさんも寒さ&乾燥対策には気をつけてー(^^ゞ





本日のおすすめソング・・・・・・奥華子『恋』

頼りない私 

December 02 [Sun], 2007, 12:26
写真は、クラオカスズメダイです。
オヤビッチャかな・・と思って良く見ると
なんとなくかわいらしい感じがするので、違うのがわかります。
別にオヤビッチャがかわいくないという訳ではないのですが
あまりにも、うじゃうじゃとたくさんいて、ちょっと食傷気味でした。

ダイビング自体は、アガニア湾内の穏やかなポイントのみで行われた。
ここのショップは、客が全員上がった事を効率的に確認するために
BCDのフックなんかにひっかけられるタグを客に装備させ
ボートに上がって来た客のタグの番号をチェックしていた。

一緒にいたsansonさんが、このタグを海で落っことしちゃった。
というか、このタグのフックの作りが、ちょっと弱くなっているのが
気になってはいたんだけれども、やはり・・って感じだった。
彼女は胸に近い所にある留め金に、このタグをつけていたって言ってたから
多分、Air2か何かで押されて、取れてしまったんだろう。

彼女はこの時、とんでもない目にあっていて
グループのガイドを務めるイントラさんが対応していたものの
タグが落ちるだけでなく、ふとした弾みで水面まで浮かび上がってしまうわ
フィンまで脱げるはで、かなり驚いたらしい。
私も彼女が浮かび上がって、何か対応をとられているのは見ていた。

後になって気がついたんだけど
彼女はスチールのタンクでしか潜った事がないそうで・・
つまり、スチールのタンクの最後らへんと
アルミのタンクの最後らへんとでは、タンクの重さに差があって
スチールのタンクの方が重くて浮力に差が出るから
アルミのタンクで潜るときは、ウエイトをスチールの時より
+1kgくらい重くしといてねって、言っとけば良かったのに
すっかり忘れてた。全く、頼りないバディーでした。

頼りないと言えば、彼女が写真を撮るのに夢中になって
間違って他のグループについていっちゃったのも
ガイドさんがしっかり見てないのが最大の責任とは言え
写真を撮るのを邪魔してでも、グループのほうへ連れ戻すのが
私の役割だったんだなーと思って、自分の頼りなさに、反省した。
あの時は、グループの他のダイバーの人もみんな
彼女がはぐれそうになっているのを、いつこっちに戻るかと見ていたんだけど
やはり、誰一人、何も手だしはしないんだよね。

だから、自分のバディーを連れ戻すのに
躊躇していてはいけないんだなと改めて自覚したのでした。
透明度も悪いなら尚更、視界の届く範囲で連れ戻すくらいの事が出来ないと
だめなんだわー・・と思った。
他のグループについていった事だから、日本人のガイドさんもいる事だし
まあ、大丈夫だろうなとは思ったものの、それは言い訳でしかないんだよね。

そういえば私も、ゴールデンウィークのパプアニューギニアで
日本人のイントラさんから
背後霊のように後ろから見守られていたり
時には肩をぽんぽんとたたかれたりしたことがあったけれど
ああっいったことが、自然にできないとだめなんだわ、という
理解に至ったのは、ある意味グアムでの、一番の収穫かもしれない。


遭難してまで撮る価値のある写真なんて無いのだしね。

ひ〜 

November 27 [Tue], 2007, 20:26
   やだね


   人生て楽しくないね


   


   世界は狭いな
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ioggdo1522
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» パースの友達 (2008年10月16日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» パースの友達 (2008年10月11日)
アイコン画像猫男爵
» パースの友達 (2008年10月07日)
アイコン画像RAOSU
» パースの友達 (2008年10月05日)
アイコン画像チャーリー
» パースの友達 (2008年10月01日)
アイコン画像ikumi
» パースの友達 (2008年09月19日)
アイコン画像MASA
» パースの友達 (2008年09月17日)
アイコン画像よしや
» 悪魔で執事♥ (2008年02月02日)
アイコン画像ネオニート
» デイジーからチュッ (2008年01月19日)
アイコン画像ネオニート
» ぷか〜 (2008年01月19日)
Yapme!一覧
読者になる