札幌出張での正しいすごし方。

August 22 [Wed], 2012, 14:55
以前はたまにあったことなのだが、ここのところの不景気で緊縮財政の中、なかなか泊まりでの出張はなかった。
しかしこの春、部署が変わってこともあってナントカ研修ので泊まり、しかも2泊の札幌出張があった。
一人で札幌に出かけることはめったにないし、しかも平日かつ泊まりならばなおさらなかった。
ここは食い意地の張った小生のこと、昼食はもちろんのこと夜の食事もB級グルメを目当てに楽しもうという気になるなあ。
宿泊は御用達のポールスターだが、研修場所は札幌医大近くの施設である。
ということは、昼はその付近で探すことになるので、まずは医大と食堂で検索。
早速気になったのが文字通り医大の食堂。
なんでも最近経営母体が変わったとかで結構いい評判もある。
ここもまずチェック。
次に気になったのがゆりや食堂とたくみ。
両方ともに昭和の香り濃厚な感じの、何でもありのいわゆる食堂スタイルだ。
こういうところのラーメンやカレーはこれまた素朴な味が期待できるんだよなあ、ということでここもチェック。
あとは付近のかつて知ったるラーメン屋さんを23軒頭にインプットしておいた。
さらに大事なのは札幌市内での足である。
もちろんクルマで行くからどこをどうなりと移動は簡単なのだが、やれ駐車場はどこだと探したり、また常宿の地下駐からいちいち出すのも気が引けるし、いや結局地下鉄にするかなどと考えるのが非常に面倒だと思ったので、今回は自転車を積んでいき、市内での機動力を発揮してもらうこととした。
幸いにも最近、ロードレーサーのハンドルをミキストタイプに変えたものを知人から譲り受けていた。
これはやや街乗りとしてはギアは重いものの、重量は軽いから積んでいくのも楽だ。
夜の街を走ることも想定しライトを取り付け、早速うしろ座席を倒してクルマに積み込んだ。
1日目、午後からの研修を終えたチェックイン直前の乗り入れでもよかったのだが、常宿の地下駐は午後になると込んでくるので早めに出発、10時にはクルマを滑り込ませる。
自転車を降ろし、地下駐のオジサンの何だいったいという眼から逃れるようにして外へ出、まずは医大付近へ。
車で移動すると10分くらいかかるところ、自転車でもわずか15分程度で到着。
事前に研修場所にあるか否かを問い合わせていたので、自転車置き場を探しあて駐輪。
まずはどこにするか、近いところで医大食堂にした。
今から思うとごはん大盛り無料の定食にするのが一番いいようだったが、どうしてもラーメンに目がいってしまい、ラーメン+ミニカレーセット600円也とした。
まあまずいということはないが、600円でこのボリュームはよしとしよう、とこのあたりが定食こちらも600円だったにしたほうがいいと思ったゆえんである。
量はともかくそれなりの味だなあ。
午後からの研修も17時には解放され、旧知の自転車屋さんに寄ったりしながらさてさてどこにするかと思案をめぐらせる。
せっかくの札幌、ちょっと遠いが時間もあるしラーメン好きとしてはやはりブタキングを味わいたい、と思い立ったところでもう既に自転車は環状通を東に向かっていた。
環状通がやや南よりにカーブしてそろそろだな、見えてきたかなと思ったら、なにやら暗い。
何と当日は水曜日で定休、意気消沈してしまった。
せっかく汗かいて遠くまできたが休みじゃ仕方がない。
それにしても疲れちまったなあ。
街中へ戻る自転車のギアがいやに重かった。
いまさらほかのラーメン屋まで走る気もなく、常宿近くの月見軒にしておいてあとはとぼとぼと歩く、いや自転車を走らせて帰ることとした。
2日目は朝から研修、昼はお目当てのゆりや食堂へ。
カツカレーにする。
もともとはそば屋さんのようだ。
予想通りのやはり素朴な味がよろしく、またお値段もまあ安い。
これで店員が無愛想でなければもっといいが、それより昭和の香りプンプンの雰囲気がなんとも言えずよかったなあ。
隣に座っていた別のお客さんが食べていたラーメン、これもまた予想通りよさそうだったので、明日はこれにしようと決心して午後の研修に臨んだ。
さて、夕食はもちろん前日の仇をとるべくブタキングへ。
前日同様に遠いことは遠かったが、かつて知ったる道、あのモヤシの盛りを頭に浮かべながら走って到着。
以前環状通を車で走っているときその行列に驚いた記憶があり、今回もやや不安だったが、平日の夕方ということもあってかお一人様お帰りになるともう席につくことができた。
出てきたのはもやしのてんこ盛りでこれはうれしいが、麺がやや好みよりも太いのがちょっと気になったところ。
まるでうどんのようだ。
しかしいちどは経験したい味であることは確かであった。
帰りはヨドバシカメラなどにも立ち寄り、常宿に帰るときちょっと目に入ったのが銀星食堂だった。
これも気になるなあ。
昭和の香りとまではいかないが、何となくいい雰囲気を醸しだしている。
いまさらブタキング食べたあとでもう一食というわけにもいかないし、明日の昼に研修場所からここまで戻ってくるのも面倒なので、次回の理想の相手チャンスを待つこととした。
常宿に帰ってネットで調べてみたら、ここはとにかく盛りがいいらしい。
大食いの小生にはうってつけのようだった。
ま、次回次回。
3日目の昼、ここはもちろんゆりや食堂で前日から決めておいたラーメンに半チャーハンを追加してみた。
やはり期待を裏切らないラーメンだ。
いわゆる札幌ラーメンのみそ味モヤシのせこってり中太縮れ麺も好きだが、このシンプルですっきりしたラーメンもまたいい。
最近はよくこってり系のラーメンさんで昔風ラーメンなるものを出すところも多いが、ここはまったくのオリジナルというか、わざわざ昔風にしていないラーメンがこれである。
もしかしたら昭和30年代から変わっていないとか、そんなことはないか。
半チャーハン含めて660円は納得のお値段だった。
心残りだったのがすぐとなりのたくみ。
1日目のブタキングが定休とわかっていればいく機会もあったと思うが、今回は残念ながら後ろ髪ひかれる思いで外観の写真だけ撮って帰ることとした。
こちらも銀星食堂と同様、次回ですなあ。
それにしても良かったのが自転車。
クルマよりはるかに機動力があるというか小回りはきくし、運動不足にも効果ありとくれば一石二鳥以上の効果がある。
札幌出張の折りは自転車でBグルメ三昧に限る。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iogcz7prtp
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iogcz7prtp/index1_0.rdf