ワキの下でできるにきびの原因とケア方法

December 24 [Thu], 2015, 22:48
ワキの下でできるにきびの原因とケア方法
ワキは肌が薄くて、非常に纎細です。 また、汗を流しやすく汗腺も多いから、意外ににきびができやすい部位でもあります。 顔のにきびは目立ちやすいですが、ワキでできるにきびは意外に見逃すスィブサングではないでしょうか。 ワキの下ににきびができる原因が分かって、正しいケアを留意しましょう。
ワキの下のにきびの原因
にきびは、余分の咲か毛穴にすなわち各殿になることでできます。 皮脂の集まって超はまだ白い 「白色にきび」、咲か酸化して黒くなれば 「フックヨドルム」、炎症を起こせば 「赤にきび」、化膿すれば 「黄色にきび」になります。
ワキでできるにきびの原因の一つに、制汗剤のあまり付けて行っています。 制汗剤は、毛穴(汗腺)にふたをすることで汗の分泌やスサングハンを抑制することなので、あまり必要以上に付ければ毛穴を蹴らせてにきびを呼んでしまうというのです。
また、誤ったワキトルの処理もにきびの原因になります。 毛抜きやカミソリで処理する時に、むりやりに抜くとか処理前後のケアを怠るとかすれば、肌と毛穴に負担が行ってしまいます。 これによって毛穴の開きや出血が起きて、そこから細菌が入り込むことで炎症が起きてにきびを誘発するというのです。
それに過剰である摩擦もにきびの下です。 入浴時にナイロンタオルですいすい洗うとかタオルドライの時に力を込めて磨けば、肌に相当な刺激を与えます。 スポーツで汗を流した時に、タオルでワキをすいすい磨くこともならないです。 摩擦による刺激で炎症を起こせば、にきびで繋がれる可能性があります。

ワキ下のケア方法

December 24 [Thu], 2015, 22:49
ワキ下のケア方法
にきびの主な原因は肌への刺激であるから、何の事も肌に負担を与えなく思案するのが重要です。
まず気を付けたいことが、ワキトルを処理する時のケアです。 毛抜きで急に選んでしまえば毛穴がぶつぶつになるとか炎症を起こしてしまいます。 脱毛前には入浴やホットタオル等でワキを暖かくして毛穴を開いておくことがポイントです。 そうすることで毛が抜きやすくなって、肌や毛穴に大きい負担を与えないです。 カミソリの場合は、ワキにクリームやワセリンを塗ってから削るようにしましょう。 基本は上から下に刃を踏みはずすように(ように) 削って、残った毛だけ逆にひげ剃りするすることが肌を損傷させないポイントです。
処理後の肌は、駄語機能が低下して乾燥しやすくなっています。 化粧水等での補習ケアも忘れないようにしましょう。 美容額をコットンに浸してパックをすれば、ダメージを受けた毛穴のゾングドンヘに効果的です。
いつもワキを清潔に維持することも重要です。 身を洗う時、ワキを丁寧に洗っていますか? 意外にさっと結局到逹するのが多くのことではないでしょうか。 特に制汗剤を付けた日は、確かに洗って流さなければ肌の負担になる成分が男児、にきびになる可能性が高くなります。 ただし、きれいに洗わアンウミョンとすいすいもんでは、反対に肌に刺激を与えてしまいます。 せっけんやボディーソープを充分に泡がおこらせて易しくて丁寧に洗うことを留意しましょう。 入浴後のスキンケアも重要です。
元々顔ににきびができやすい人は、ワキにもにきびができやすい傾向にあります。 このような方は、ミネラルやビタミン類など、肌の新陳代謝を急き立てて潤沢を与える栄養素がたくさん含まれたことを食べるようにしましょう。 例えば、海藻、果物、きのこ類、豆類、さつまいも類等が、そこに当たります。
反対に、チョコレートやお菓子、ナット類など、糖分や地方成分が多い食べ物や、香辛料を含んだ刺激のある食べ物はできるだけ避けましょう。 コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインもビタミン B群の吸収を邪魔するので、飲み過ぎないように注意が必要です。
正しいスキンケアとバランスが良い食事、ストレスのない生活がにきび予防で繋がれます。 直ちにすべての生活を見直しすることは難しいですが、できることから始めてきれいな肌を維持するように努力しましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nao
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ioeoq8uwot/index1_0.rdf