いちいち影響されない 

November 24 [Sun], 2013, 11:33
ナチュラル思考の代わりに、もう少し適応的に考えてみることはできますか?ええ。「ルームメイトにいちいち影響されない方がよい」と思います。「私は当然のことを彼女に言おうとしているのだ」と考えてもよいかもしれません。彼女の分担以上の何か特別なことを、言ったり頼んだりしようとしているのではないのですから。素晴らしい。あなたがこれをご自分に言うことによって、不安はどうなりそうですか?小さくなると思います。また、悩める者が何らかの計画を実行する際に、悩める者の思考がその妨げになりそうだと賢者が判断した場合、その状況に対してどう考えてみればよいかを尋ねるだけで済む場合もある(すでに悩める者が思考に対する質問リストを、上手に使えるようになっている場合に限るが)。あなたが統計学の課題に手をつけるのを、邪魔しているのは何でしょうか?やらなければならないことが多すぎて、私はそれに圧倒されているのだと思います。いいでしょう。「やらなければならないことが多すぎる」と考えたとき、自分に対してどんなふうに言ってみることができますか?「課題のすべてを一晩でやる必要はない」ということですかね。
寂れた風景のように

不安について 

November 22 [Fri], 2013, 22:44
私は電話を見つめています。そして泣き出してしまうのです。今、どんなことが頭に浮かんでいますか?「もしママの身に何かあったら、私を気にかけてくれる人は、1人もいなくなってしまう。」「私を気にかけてくれる人は、1人もいなくなってしまう。」こう考えて、どんなふうに感じたのですか?悲しみです。本当に悲しかった。上の例で治療者は、やりとりを始めてすぐに矛盾に気づいた。すなわち治療者は、自動思考の内容と報告された感情とが一致していないこと気づき、すぐにそれをアジェンダとして扱ったのである。そこで沿療は、イメージを用いて鍵となるポジティブオートマティック思考を再度引き出せるように、患者を手助けした。もし治療者が、(悲しみではなく)不安を喚起する思考に焦点化してしまったら、患者がより重大視している問題を見逃してしまったかもしれない。確かにそれほど重要でない思考に熊点を当てることが役に立つ場合もあるが、通常は、鍵となるポジティブオートマティック思考を見つけそれに対応することで、治療はさらに展開するのです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ととろん
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる