まきりんとなっち

May 25 [Wed], 2016, 11:13
投資の未経験者が株を始めたいと決心したときは、できるだけ安全な資産運用のやり方を考えることが必要です。最初から個別の株を売買するよりも、最初は投資信託などから取引した方がよいかもしれません。

そのようにして、多少は取引の仕組みなどが分かってきてから実際に株式投資をスタートするとよいでしょう。
上昇や下落がどのくらいになるかを時系列にまとめて確認するものとしてチャートを参考にするという投資家はたくさんいます。
例えていうと、大幅に上髭がついている場合、株のローソク足はその後は下がるのではないかと考えることができますし、ローソク足は、どのタイミングで売買するかを決める材料になります。
株の初心者の弱点は、ずばり損切りというものです。ついつい上がると信じたくて、手放さない事が結構あるのです。

または、損はいやだと思って、さらに損失を大きくする場合があります。絶対とか100%ということはないため、損失を最小限に抑える事だって株投資においてはすごく重大な事です。



一点に集中型の投資をする方にはさほど必要ありませんが、株や債権、海外投資など、多種の投資を行う場合はポートフォリオを最大限に活用して投資の是非を下すべきです。投資で最重要なことはリスク分散型の投資スタイルになりますからバランスの良い投資がポートフォリオでできているのか、常に確認することが大切です。株の始めたての人から上級者まで絶対確認しないといけない数値が日経平均株価なのです。日経平均というのは、トヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産など、日本を代表する全部で225社の株価を平均したものなのです。初めての人でもしばらく続けて日経平均を確認すれば、株価の大きなトレンドが分かるようになってきます。

株の初心者から投資資金はどれほどで開始できるのかと聞かれれば、自分は最低100万円ほどは用意しないと、株式投資をやることは困難だと思います。

その裏付けは、このくらいのお金があれば株式上場されている多くの銘柄の中から気に入った出資先をチョイスすることができるからです。株の購入において、時間が確保できるのは大事な要素です。日本最大の株式市場である東証が開いている時間は午前9時から午後3時の間ですから、より良い値段で株を売り買いするためにはこの時間に、時間を確保できることが望ましいのです。

この点で奥様方は、ビギナーであっても有利な立場で株式投資が可能といえるでしょう。



株式投資を行う人のほとんどは投資した株をどのタイミングで売り抜けるかという点にためらうかもしれません。


でも、天井付近で株式を売り抜けることというのは本当に困難なので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの気持ちで売り抜けることができたなら問題ないのではないのでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shota
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ioaeuetssqopts/index1_0.rdf