ヒョウモンチョウが内山

August 05 [Fri], 2016, 14:31
通勤通学の電車内で恋人と出会ったなんていうと、ちょっとときめいてしまいますよね。

しかし、実際はそうでもないんですよね。駅でいつも見ていた相手にやっとの思いで声をかけ、なんとか連絡先を渡すことに成功しても、期待するような反応を示してくれるケースは少なく、避けられることもあります。それよりは、現実的な出会いサイトなどを利用すれば、会う前にコミュニケーションがとれますし、相手も会う気持ちがあって登録しているのですから、成功する可能性が高いです。

ネット社会となった現在、自分の写真を使用する時は 払い過ぎなくらいの注意を払うべきでしょう。
異性との出会いが目的の出会い系サイトを使うのなら、尚の事、気をつけるようにしましょう。第一に、プロフィールに自分の画像をアップしない方がいいです。
写真つきであれば興味をもってもらえる率が高いからといって世界中の人がみることのできるところに自分の顔を出すのは危険です。


また、相手に写真を送るのも悪用されかねませんから、できれば避けた方が無難です。
せっかくステキな人と出会っても人見知りではチャンスをふいにしてしまいます。これまでの人見知りな性格をガラッと変えることは、すぐに、というわけにはいきません。



そこで、人見知りな人には出会い系サイトをオススメします。コミュニケーション時に、顔をお互い見合う必要がないですし、「あっ、嫌だな」と思ったらいつでも関係を断てますから、とても気楽なやり取りだといえます。相手のパーソナルな部分も事前に知ることができますから、全く情報がない人と直接会った時のような気まずさは感じないはずです。火遊びで出会い系サイトを利用している人が多いみたいに言われているものの、最近は真面目に付き合える異性を求めて利用している人の方が多くなっています。

忙しすぎて出会いのない人、バリバリの理系で女性慣れしていない人なども必然的に多いです。そういう人に限ってメールはクールでも、出会ってみると穏やかで、頭が良く、優しい性格の人がほとんどです。


男女の出会いの手段は多数存在しますが、お手軽で、割と成功する率が高めなのが出会い系サイトではないでしょうか。
ただし、利用するサイト選びには注意しないと、サイトにはサクラだけで、出会えるはずもなかったり、自分に合った異性がみつけられないことも多いのです。具体的には、一見してアダルトな印象の出会い系サイトなどは、付き合うための異性を探している人にとっては、使いづらいため、止めておいた方がいいでしょう。
出会い系サイトは犯罪の温床と言われることもあるほど、トラブルの多い場所でもあります。



中でも未成年に関するトラブルの数は群を抜いて多いようです。



それに対して、成人済みの男性が犯罪に関わってしまうケースでは、相手が18歳未満の女性と知りながら、あるいはその可能性を分かっていながら深い関係を持ってしまう等のケースが多いです。



また、女性の場合は性犯罪の被害に遭いやすく、出会った時に相手の車に乗ってしまうと連れまわされてしまうということが多く見られますから、注意しましょう。



世間で言われているように、出会い系サイトは一般の婚活サイトやSNSと違って注意が必要になる場合があります。主に男性の場合は、会えないサクラやキャッシュバッカーに騙されて金銭を失うことがあります。
あるいは、恋人探しという自分の目的とは違って独身のフリをして浮気相手を探している既婚者に騙されて、不倫問題など思いもよらないトラブルになるケースもあります。

警戒し過ぎなくらいが、出会い系サイトではちょうどよいといえます。



インターネットで恋人を探すことも珍しくなくなっているようですね。私の周りでも、友人がスピード結婚したのですが、旦那さんと知り合ったのは出会い系サイトだったと言っています。
いわゆる遊び目的の出会い系のイメージとは違って、二人とも結婚も視野に入れた真剣な交際を希望していたので、交際してからも居心地がよかったそうで、すぐ結婚を決めたと言っていました。私から見ても旦那さんは優しくて素敵な人で、今どきの出会い系は遊びじゃなくて真剣な交際を期待できることを知って驚きました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Takeshi
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/io8bstla74llo9/index1_0.rdf