幸せなときの寂しさ 

2004年10月30日(土) 21時59分
今という時が幸せなら

不安な不幸せな時間でもある

あなたからの連絡が途絶えてしまった

きっとまた時間が立つと来ると信じていても

不安な夜は未だ続く

一人歩きを始めたこの愛

長いあなたへの気持ちの先には

何が待っているのかな?

お互い、きっと同じ気持ちを持っていると

私1人で

信じていても良いかな?


クリスマスのあの鈴が

今、もうなり始めてる

孤独なクリスマスには

あなたの笑顔がありますように…


〜大切なキミへの手紙〜 

2004年10月09日(土) 18時57分
大切な大切なキミに手紙を書こう

犬として生まれてきたキミだけど

僕とは兄弟のように育っていったね

一番仲の良い友達で、いつだってそばを離れなかった

なのに今は離ればなれ…

ちょっと寂しいけど、たまには会いに行くからね

まだまだ僕のいる世界からサヨナラしないでね

僕にはキミがまだ必要だから

背中合わせに感じた


あの温もりが



〜愛しいよ〜





大好き 

2004年09月29日(水) 20時56分
分からないことだらけ…

何も見えてこない あなたの心も笑顔も何もかも

それでもね あなたのことが大好きなんだ

だって 幸せだから

なのに あなたは僕のこと分かってないんだ

僕もどうしたらいいか分からないよ

明日もあなたに逢えるけど

笑顔でいられるかな? いつもいつも顔が合わせられない

だってあなたの目に見透かされてしまいそうで

恐いから見れないんだよ…






〜daisukidayo〜




あなたの背中が凄く遠い… 

2004年09月22日(水) 21時21分
ねぇあの幸せは嘘?

今の僕にはあなたの背中が遠いの…

どうしたらいいか僕には分からないんだ

あなたの笑顔も背中も僕には掴みきれない

僕が近づけば

あなたは遠くなる…

何で?

あのノートの端の文字は嘘?

僕は近づきたいのに

あなたは遠くなるばかり

傍にいて欲しいのに  傍にいたいのに

僕はどうすればいいの?


大好きだよ

ダイスキダヨ



あの抱きしめた腕の力

忘れられない…


幸せの続きは… 

2004年09月19日(日) 20時27分
大好きです、愛しています

ありがとう、ごめんなさい

おはよう、さようなら

当たり前にそんなことが

あなたに言えたなら最高の毎日を

過ごせるのにね^^

これから頑張れるかな?

大好きなあなたのために

もうあなたは僕の前にいないけど

今でも忘れないあの思い出


今はもっと違う大切な人が

僕の目の前にいるような

そんな気がするから今はその「気」を大切にして

今は生きています




背中から抱きしめてくれたら

きっと僕は泣いてしまうね

抱きしめて貰うために

僕は泣いてるのかな?

忘れたくないの あの涙を…。。


今はまだ… 

2004年09月15日(水) 20時36分

今という時がとても幸せです

永遠が続かないのは知っています

だから、願ってしまうんです。。

あなたから始めた幸せを

このノートに綴るように、、

一つ一つ大切に今始めよう

今まではゴメンね…そしてこれからも宜しくね

あなたとまだ一緒にいたい

嫌い=大好き、愛してる

僕の嫌いの答えはこうだから…


今は一人だけの願いかもしれないけど

でも、この幸せが

いつまでも、続くように


僕はこれからも、ずっと思っているからね^^





あの青空の雲は

いつしか群れからはぐれ

そして、知らないうちに

群れへと戻った



今更だけど、、楽になりたいんだよ… 

2004年09月10日(金) 21時12分
あなたを見てることしかできなくて

逢いたくてでも逢えないのは…僕が…

何故か、、心の奥で拒否をしてるから

素直になれなくてゴメンね、、

話せなくてゴメンね、、

今は生きてるだけで精一杯なの…

頑張ってこの地上に足をついて歩いてる自分が

奇跡でしかないけど、、

いつか自分で自分がここにいることが幸せだと思えたなら

きっとあなたに何もかも話ているんだろうね

あなたに言わなきゃいけないことがある

それは、今の僕には分からないことで、、

どうしたら、分かるんだろうか…自分の中をいくら探っても

分からないんだよ

何もワカラナインダヨ

助けてよ!僕はまだ鳥かごの中の鳥のまま

青空すら見ない…あんなに大きかった青空に

はばたくことなく僕はここで終わりを迎えるの?

分からないから、求めてしまうの…

知ってるから、よりあなたの愛情を求めてしまうの。。

感謝の言葉を告げられないまま



きっと僕とあなたは別れていくのだろうね…


−ワカレテシマウノネ−


〜そして〜


もう関わることはないのかな…?


〜アナタガダイスキナノニ〜




抱きしめられた記憶 

2004年09月09日(木) 19時24分
小さい頃から誰かに抱きしめられた覚えはない

みんな働いててなかなかそんなこと

してくれなかったような気がする

赤ちゃんの頃の記憶なんてないから

そう言うときにしか抱かれていないような気がする

自分の中で一番愛情を感じていたのは

誰かの大きな背中だけなのかもしれない

だから、友達とかに横からや後ろから抱きしめられると

凄く弱くて、何故か涙が出る…。。

あのEXPOで出逢った人一人の人は

しっかりと僕を抱きしめてくれた…本当に嬉しかった

今日も夢なのか…

誰かに後ろから抱かれたような気がした

あの太陽のニオイと石けんの香りが


〜忘れられない〜


闇を作るモノいれば光を照らすモノもいる 

2004年09月09日(木) 13時48分
もし、僕が闇を作るモノなら

キミはきっと光を作るモノで

9年間僕の人生を照らしてきてくれてありがとう

あなたの船に乗ったのは9年前

幸せだったよ 今も幸せだよ ちょっと闇の中だから

もう一度照らして欲しいの…

甘えてばかりでゴメンね。。早く一人で歩いて行かなきゃね

でも、まだまだ甘えていたいからもう少しだけ

傍にいてね^^

僕もいっぱい「ありがとう」と「愛してる」を伝えるよ

もう、秋が顔を覗かせているよ


〜もう一度秋に貴方に逢えること嬉しく思います〜


何もない世界で 

2004年09月08日(水) 20時04分
何も無い世界で僕が一人なら

もっと楽になるのにな…

全て疲れたから、もっと楽になりたい

素直、生きる、笑う、楽しむ、怒る、泣く、

全部全部もう疲れたの

今はもう「無」に…

毎日酷いこと言ってるような、

ごめんね、ごめんね、、ごめんね、、、

もう無理だよ。。一瞬だけ忘れられても

それはただの一時の幸せで…

あなたの中には傷が増えていくのね

あなたが近づけば全身で拒絶する、、

気分が悪い、、イライラする、、ただあなたを傷つけることしか

今の僕には出来ない…。。。




2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:io-jiro
読者になる
Yapme!一覧
読者になる