キャリーバッグ

October 17 [Fri], 2014, 22:06
私が住む地域では最低気温が10℃を下回るようになりました。

炬燵が大活躍しています。

愛犬の青衣(チワワのオス)と一緒にぬくぬくしています。

先日、ほうじ茶を贈ったマイミクさんから無事に届いたというお礼のメールをもらいました。

そのメールを読んだら、そのことばのあたたかさにぽかぽかしました。

子育てという24時間年中無休のお仕事をしているおかあさん。

贈ったお茶と和菓子で、気分がルンルンになってもらえたのが、心から嬉しいです。


炬燵の上のテーブルでは母が京都について猛勉強中です。

老眼鏡をかけて懸命に旅のルートを考えている姿は、受験生のようです。

私は、その専属家庭教師です。

まぁ…私は童顔なので、32歳になっても未だに大学生に間違えられますが。(笑)

ちょっと遠い目をしそうになりますが、肌がきれいなんだ!と、プラスに考えます。うん。

妹のほうが<姉>に見られちゃいますが…。肌が…うん…。


旅に必要だろうと三連休中に母と妹が靴やキャリーバッグを買ってきました。

私は人混みが苦手なので、ショッピングモールには行かないで家で休んでいました。

母が嬉しそうに新しい靴や服を見せるので、買った分のお金を払ってあげました。

すると母が、

「え?青!!こんなに至れり尽くせりでいいの?」

と、笑顔が抑えきれない驚き顔で問うので

「OKだよ。旅に行く前に散財したんじゃ、意味がないもの。思いっきり楽しんできなよ。」

と、言いました。すると、母が、

「青、ちょっと優しすぎる!お母さん、テレビで観たわ。こういうのフラグが立つっていうのよね?あなた、いい人過ぎて今、死亡フラグ立ってるわよ!漫画や映画なら確実に死ぬ予兆だわ!」

「いや、死なないからね!!(この間、死にかけたけど)」

と、食い気味に光速でツッコミました。

母上…テレビで変な言葉覚えるからなー…。ツンデレとか。


まあ、家族や大切なひとが少しでも幸せを感じてくれれば、それでいいのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:犬のしつけマニア
読者になる
ヤプミー!一覧
読者になる