じっくり触れても茶色い岩石だ!

January 23 [Wed], 2013, 17:01
二週間前に友達より佐川急便で兵庫名産の山の芋がやって来ました。
友達は少し前に可愛がっていたワンちゃんを亡くしたので、とても愛されていた犬の命日にと白いバラの花を送りました。
昔からの友達はワンちゃんの命日を覚えていた事にとっても感動してくれ故郷名産の山の芋をお礼に出荷してくれました。
急いで箱を開けると「何も無いよ?」山の芋の姿が見当たりません!箱いっぱいに粗いオガクズが入れてあり其れを除去すると内側からブツ?が現れて来ました。
「ん?岩?」って思えるほど硬い皮で覆われた山の芋。


おろしてご飯にかける事しか思い浮かばない私(涙)途方に暮れていると芋を取り出したオガクズの奥にキラリと光るOPP封筒が!!それをピックアップすると中に山の芋の小冊子が入っていて美味しそうなお料理のレシピが載っており思わず渡りに船(笑)と飛びつきました。
山の芋は、どんな調理法でも全てウマし!小冊子のどの写真もほっぺが落ちそうなんです♪それが私の料理魂に火をともし山の芋料理に惚れた始まりとなりました。
料理好きの方のHPを見たり友達に電話して教えて貰ったり山の芋料理のジャンルの多さにとても驚きました。
冬の時期は手作りのホワイトソースにおろした山の芋をのせて焼くとまろやかで滅茶苦茶美味です!後、これは一般的ですが、ぎんなんを入れた天ぷらも美味しいですよ。
たくさんのマイレシピが作れ、プチ料理教室を開催する喜びを知りました。
素材は素朴なほど色々と遊べて独自性が出せ面白いですね!で、最終的に気が付いたの事は一番要望の多いのは素朴な揚げ物とか。


トホホ(泣)でも友達からのお届け物のお蔭で私の暇つぶしが一つ増え有り難い気持ちでいっぱいです。
まだ何個か残っているので、今日の夕飯のメニューはやっぱり天ぷらかな?
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/inunazuna/index1_0.rdf