法定相続分の計算

September 03 [Tue], 2013, 18:36


和花の最新情報

相続人が複数いる場合、相続人の相続財産の割合を相続分と言います。相続分は遺言で定めることができます(指定相続分)が、遺言による指定のない場合には、民法で相続分によって相続します(法定相続分)。
子どもが場合には、この1/2を均等に相続します。

2.配偶者と)が相続人の場合配偶者が相続財産の2/3、直系尊属が1/3です。

3.配偶者と兄弟姉妹が相続人配偶者が相続財産の3/4、兄弟姉妹が1/4です。
この場合も場合は、1/4を均等に相続します。

4.嫡出子、非嫡出子非嫡出子の相続分は嫡出子の1/2です。
法による相続分は複雑で、相続人の組み合わせで法定相続分は異なるため、試験に際しても、仕事に際してもしっかりと覚えましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛可347
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/inu936zt/index1_0.rdf