オランダ&ベルギー03  参考文献: フェルメールとオランダの旅

2012年05月16日(水) 22時38分
先日友人と話していて、乾燥機があると天気を気にせず洗濯できるからよいと友人に言われ、
天気を気にして洗濯できるから乾燥機がない方がいいなって思った[K]です。こんにちわ。
-----------------------------------------------


この旅に出ることに決めたのは、
ベルギーにはアールヌーボー調の建造物が多いと聞き、決めました。
なのでオランダはさらっとパスしてベルギーでゆったりしようかと思っていたら、
どうもオランダの方に長く滞在することになりそうです。(といっても5日間だけど。)

その訳は、オランダの方が美術館が充実しているからです。
誰しもが一度は目にしたことがある、青いターバンの女の作者、フェルメールはオランダのデルフトっていう町の生まれ。
ゆえに作品も勿論多くあるのです。
日常生活の一面が描かれている絵を見ると、何か静かに時間が流れているように思えます。




題名: フェルメールとオランダの旅
作者: 星野知子

この本の良さは、絵の紹介をしているけれど、
きっと絵に詳しい人が書いたのではなく、
きっとフェルメールにはまってしまった人が、
フェルメールだけにフォーカスして、フェルメールを求めて、
フェルメールの絵に書かれている床とか、白い水差しを求めて旅しているところが楽しいです。

オランダ&ベルギー02 宿:アムステルダム ゲストハウス

2012年05月08日(火) 22時42分
だいぶ日にち経ちました。
とはいえ、行く気がなくなったわけではないです。
ただまとまらず調べていることが多いだけです。
=========================

旅の重要項目
観光地、料理、そして宿。
安宿でも決して非快適なところには泊まりたくないのが人ってもんでしょう。

ちょうど私が行くお盆時期は、今年は水上コンサート祭り中のため、
かなり気合を入れて、3ヶ月前宿確保をすることにします。
祭り自体の案内はまだ出ていないようなので、それは追々調べて、
何か1つ見れたらいいなって思います。

なので今日は宿。

宿(ゲストハウス)を探したサイト
amsterdam30
宿の位置が分かりやすく、評判のランクも分かるので便利。
1割先にクレジットで支払えば、契約成立。
残りは当日宿で支払い。

泊まる宿 その1
Van Gogh Hostel
ゴッホ美術館に近く壁一面にゴッホの絵が描かれているゲストハウス。約30ユーロで宿泊。
ユースの中でも評判のよいので期待する宿である。


泊まる宿 その2
Hotel The Globe Amsterdam
何より駅近。ちょっとだけ飾り窓地域に近いのがちょっと難点なゲストハウス。同じく30ユーロほどで宿泊。
泊まった翌日フライトを控えているので、交通の便からここを選択。
また運河に面しているってなんだかいいよね。

どうも、オランダのユースは女部屋って物が少ないみたいです。どちらも男女混合部屋です。


その他、今回泊まれなかったけど、
アムステルダムにはボートに泊まれる宿あります。
Dutch Canal Boat Hotel

何故同じ土地で2箇所泊まるのかは、
ゴッホほ宿にものすごーく興味があるのと、
日程の事情により、ばらばらの日に泊まる必要があったからです。

その話はまたそのうち。