ロシアへの旅15 キジ島4

2011年03月26日(土) 22時37分
また明日といいながら随分日が経ってしまった[K]です。
こんにちは。

震災にあわれた方には月並みな言葉しかかけられる気がしません。
大きなことは出来ないけれど、小さなことを頑張りたいと思います。
また、生きていることを大切にしたいと思います。

---------------------------------------------------

電車だけでなぜこんなに語ってしまったのでしょうか?
こちらについて話したいと思います。

2.水中翼船の予約



夏は大人気だそうです。
私も1ヶ月前から準備を始め、
すぐに予約しようとしたのですが、
2つの会社に断られ、
空いたら連絡ほしいと返信したら、
ちょうどそのとき空きが出てOKになりました。

きっと自分と旅行行程の被っていた
日本のツアーが催行されなかったためではないかと思います。

2つの会社
Russia Karelia Trails
Karelia tourism potal 

どうも現地の方、他国の観光客は近くのほかの島々も回るらしく、
いろんな島の協会に行くツアーなどがあります。

メールを出してこうしたいと伝えれば大丈夫だと思います。
最終的には、Karelia tourism potalにて私は予約を取りました。

しかし、予約確認書とか、支払いはなし。
本当に予約されたのか心配でした。
でも大丈夫で、当日乗り場で代金を支払い乗れたので良かったです。

湖は大きいため少し波がありましたが、
ボートに乗ってもそんなに揺れません。

また、ボートの中央に少し外に出るところがあります。
キジ島に着くまで小さな島々が見えるので結構外に居ました。

しかしロシア人仕様なのか、160cmの私が背伸びしてやっと見える高さです。
なので優しいロシア人は、自分も楽しみにしているだろうに私に縁を譲ってくれました。

ロシアに行くまでは、
勝手にロシア人は寒い中口を閉ざして冷たいイメージでしたが、
そんなことはロシアに行って、すぐに消え去りました。
どこ行っても素敵でした。


冬に今回紹介した旅行会社のサイトを見てみると、冬でもキジ島に行けるみたいですね。
湖が凍ったのをいいことにスノーモービルを使っていくのですね。
びっくりです。

ロシアへの旅14 キジ島3

2011年03月17日(木) 23時20分
計画停電中に懐中電灯の明かりで布団に潜り込んで(寒いので)
本日発売の漫画を読んでいたら、
小さい頃、姉の漫画を内緒で布団に潜り込んで読んで、
見つかったときにばればれな嘘を吐いたことを思い出しました。
あの時は言えなかったけど、今更ながら
嘘を吐いて、また無断で借用してごめんなさい。

放射能のアルファー線、ベータ線、ガンマー線の
ガンマー線は水を透過しないそうです
ただ、水の中では生きられないのが人間です。
魚になりたい[K]です。 こんにちわ。

-----------------------------------

本日は、予約できたら、実際に乗るまでのお話。

予約が取れましたら、プリントアウトして旅行に持って行きましょう。
それで駅のチケット売り場で実際のチケットと引き換えてもらいましょう。

日本の駅と異なり、行き先によって駅の位置も異なるので注意です。
東京駅みたいに仙台いくも、軽井沢いくも、大阪いくも同じ駅からってことにはなりません。
しかも間違えるとそれぞれ離れているのでピンチです。

サンクトペテルブルグからはラドーシスキー駅から発車します。

ラドーシスキー駅に夜いくと深夜列車も多いのか、21時とかになっても人は絶えません。
なので怖くはありませんが、盗人には注意が必要です。
どこの国も駅は注意ポイントです。

私はネットで予約したらOKかと思い、直接列車に乗り込もうとしたら、
チケットいるよって言われて、構内を走ってチケット売り場まで行きました。
間に合ってよかったです。

チケットはピンク色でちょっと上等な紙の商品券とかについている
キラキラするものもあり、複写できないようにしています。

構内案内は掲示板で確認することができます。
列車番号、出発時刻、ホーム番号、行き先、
同じ行き先や、ホームがいくつもあるのでがんばってください。

無事自分のホームが分かったら、チケットに書かれている号車の前に行き、
チケットとパスポートを駅員に渡してください。
ロシアではロシア人に対しても国内用パスポートがあります。
行動規制かもと思いました。

すると先ほどのちょっと素敵なチケットをびりっと手で千切られます。
パンチとか期待していました。

そして自分の座席を探します。
列車が走り出した後、チケットの再確認がありましたので、なくさないようにね。

ロシアの鉄道は主要駅での停車時間も長いため、定刻出発でした。


また長くなりましたのでまた明日です。

ロシアへの旅 13 キジ島2

2011年03月16日(水) 22時23分

放射能対策として、ガンマー線には昆布が有効というサイトを見つけてしまい、
(NPO法人のため、程々に信憑性があるかと)
苦手な昆布をしばらく口にすることにした[K]です。

こんにちわ。
------------------------------------------------------

☆サンクトペテルブルグ→ペテロザボーツクへの列車予約

ロシア電車予約システムの使い方を説明した親切なブログがあります。
最近は新システムに変わってしまいましたが、大体のところは同じです。
ただ、何故か私のクレジットの認識をせず予約できず。

私が使用したシステムはこちらです。
こちらの方が高いような気もします。
英語対応可能です。座席指定できます。

憧れのコンパートメントとかもありますが、予算の関係上断念。
一番安い3等者へ。といってもぎゅうぎゅう詰めじゃないし、
足を伸ばして寝れるし快適ですよ。

3等車に一人で乗るなら断然LOWER BEDをお勧めします。
理由:ベッドの下が蓋付き物置になっており、
蓋がソファーになります。
つまり自分が立ち上がらないと荷物が取り出せない
=荷物は盗まれる心配なしということです。
 (ロシアの電車は治安は悪くありませんが……)

窓側下段は寝るところの下に物は置けますが、
蓋付きではありません。。
ベッド側にも窓あります。

また2階建てベッドの2階に上がるためには
ステップ階段を上る必要がありちょっと急です。

1つだけ2階のよいことはいつ寝てもOKということです。
寝る時間になる前は、下の人の寝台に座っていますので、
上の人が2階に上がるまで下の人は横になれないのです。

私が眠たそうだったため、ロシア語しか話さないお兄さんに
ジェスチャーで場所を変わるかと聞かれましたが、
荷物が心配で眠かったのですが、
言っていることが分からない振りをしました。(ひどっ)

長くなってきましたのでまた明日。

ロシアへの旅12 キジ島1

2011年03月15日(火) 21時40分
こんにちわ。
関東在住です。
計画停電でもしかしたら素敵な夜空が見えるかと思っていましたら、
外に居ていいような状況ではなくなりました[K]です。
------------------------------------------------------

ロシアへ行くことを決めたのは、
世界遺産100選でキジ島の写真を見たことに始まります。
ゆえに「キジ島なくしてロシアの旅はない」というのが今回の旅のコンセプトです。

サンクトペテルブルグから300kmほど離れていても、
往復夜行であっても、それはGOです。

そのキジ島ですが、名前の通り島なので、周りを水で囲われており
一般には船で、まれにヘリを使う人がいます。

クルーズ船もありますが、安旅でありますと、
ペテルザヴォーツクから水中翼船に乗っていく方法があります。
夏は観光客でかなり混雑しており、予約を取っておくことをお勧めします。
でも当日予約していた人はいました。
ただ、遥々日本から来て見られないなんてことになったらショックですよね?
可能なら予約しましょう。

ということで、明日以降2つの予約方法を説明します。
1.ロシア鉄道の予約
2.水中翼船の予約