インドVISA郵送物語=後編

2007年10月09日(火) 12時36分
このくだらないネタをずっと話していていいのか、
迷うところの[K]です。
しかし、きっと誰かが、困っているかも?

______________________________

郵送できるという新事実を元に、インド大使館のホームページへ。

ホームページはとっても素敵に、重要なVISAの所は英語だった。
インドとは英語ができない人を受け入れてくれないのか?
それとも代行会社とぐるになっているのか?

これで負けては駄目だってことで、
英文和訳サイトEXCITE

訳してもらうと、どうもバングラディッシュの方のVISAフォーム、
パキスタンの方のVISAフォームの後に日本人のVISAフォームがあった。
何故に日本大使館の情報で日本人が最初に来ないのだろう?

じゃ、日本人用VISAフォームを埋めるとしよう。
てなときは、役に立つのはインターネット。
こちらの代行屋さんは、どこまでも親切丁寧だ。
そして値段も良心的に思える。

フォームを埋めて、写真を用意。
これもとある03年のガイドブックじゃ5×5cmというが、
3×4cmでもできるので安心あれ。

郵便屋さんに1200円(VISA代)+1000円(郵送の場合)
+580円(封筒代20+送り560)
支払うと2週間以内に届くはず。代金

私は3週間ぎりぎりだったので、
いつ行くよってことと、
もしもの場合に連絡先を書いたが、一度も電話はかかってこなかった。

足で取りに行ったほうがいいかなって思ったときに、届いた。
なお、大使館の休日はこちらを見ると良い。
朝9:00−11:00までに申し込みを済ますと、
16:00−17:30にて受け取れるらしい。

以上、インドに行きたくて困っている人へ
困っていた人からのメッセージ。

_________________________________
お世話になったサイト
ハート*フル
ASIA LAND SURVICE

インドVISA郵送物語=前編

2007年10月08日(月) 22時33分
毎度お騒がせしております塵紙交換車でこざいます。
じゃなかった
毎度お騒がせしております[K]でこざいます。
______________________________

インドで観光するには観光ビザを取る必要だ。
日本のパスポートは結構な国でそのまま受け入れてくれるので
初めて自力で観光ビザを用意した。

理由はひとつ、頼んだ旅行会社の代行料が7500円
ビザ代が1200円
払いたくなかったのである。

とある旅行03年のガイドブックによれば、
大使館に赴かないと取れないと言う話だったので

ガイドブックを片手に朝9:00に東京九段坂へいく。

日本武道館にてジャニーズ系のコンサートがあるらしく、
一人浮いた格好でその場を進む。
(場所が違えば間違いなく向こうが浮いているはずだ!)

インド大使館前に着く。
しかし、なんと、建替えのため移動。

赤坂方面に移動。
仕方無しに電車に乗って移動。
しかし、見つからない。

仕方無とばかり、電話する。
カチャ、……、カチャ。
「もしもし」も何も言わずきられた。
その間1秒。

改めて電話。
カチャ、
「もしもし」
「はい、インド大使館です。」
どうやら先ほども繋がっていたらしかった。

ビザを取りに来たが道が分からないので教えてほしいと願うと、
後5分でオフィスを閉めるからきても無駄だと言われた。
大使館と言うものは時間に厳しいそうだ。

ビザを取りたいなら郵送できるといわれた。
根本から崩す新事実!

常に情報とは変わりゆくものだと痛感。

続く。