ロシアへの旅20 参考文献

2011年10月15日(土) 22時58分
人は、必ずしも人と同じようにする必要はない。
しかし、それは相手に迷惑をかけない範囲で行なわねば、
っと失敗を元に心に誓う[K]です。こんにちわ

-------------------------------------------

ロシアに行くにあたって、いろいろ本を読みました。
キジ島の興味から発展できるところが旅行の良い所ですよね。

「罪と罰」 ドフトエフスキー
キジ島→ロシア→ロシア文学に興味を持って読みました。
が、あまり好きになりませんでした。
哲学の命題「大儀であれば人殺しも可か」としては興味ありです。


「ララチッタ −モスクワ・サンクトペテルブルク −」
さすがはJTB出版。あの薄さでサンクトペテルブルグとモスクワの良い所を図解紹介。
交通手段もきちんと書いてあり、一人旅行も対応可
持ち歩きにとても便利。
ただし、キジ島の話はない


「地球の歩き方 −ロシア−」
まるで待ち歩きをしているかのような独特な書き方の本。
読んで旅は出来るが、実際には同じ方向から同じ方向に向かって歩かないことが多いのが難点。
とはいえ、日本語旅行ガイドブック、マイナー国でもカバーする素敵な本である


「ことたび −ロシア語−」
ロシアに英語はあまり求められません。
最低限の言葉を覚えるのに、朝から晩まで流し続けました。
最低限の挨拶&チケットは買える様になりました。


「ロシアについて」 司馬 遼太郎
司馬先生が小説を書くために調べたロシアについて書かれています。
ビザを取りに行ったとき、代行を使わない人が待合室で読んでいたので知りました。
さくっと読めて、ロシアをちょっと知れる素敵な本です。

以上、楽しい旅にさせてくれてありがとう、本達。

ロシアへの旅19 バレー

2011年08月17日(水) 22時38分
暑いですね。
人間は気温が何度になったら融けるのでしょう?
※リアルに考えないように
[K]です。こんにちわ。
--------------------------------------

今年のロシアは暑いのでしょうか?
去年は暑かったです。

ロシアといえばバレー(踊り)でしょうということで
チケット屋に行き、チケットを買いました。

もちろん旅行代理店を通せば日本でも手に入りますが、
手数料が高いので、1人くらいはどうにでもなると思い、
購入せずにロシアに行きました。

ネットで直接購入もトライしましたが、
どうもクレジットカードをうまく認識してくれず諦めました。


チケット屋はどこにあるのか、
2つの線が交わるような大きな地下鉄の出口付近にあったりします。
当然ロシア語が読めない私は
文字とガイドブックを照らし合わせて、
または写真で想像し、チケットを入手しました。

ついでにサーカスもと思ったのですが、
サーカスは大人気でチケットは入手できませんでした。

サンクトペテルブルグでは、宿から近かったこともあり、
エルミタージュ美術館内での劇場でジゼル
モスクワでは中心部でジゼルを観ました。

ジゼルにそんなに嵌ったわけではなく、
モスクワで白鳥の湖を観ようと写真で選んだら、
定期的に演目が変わっていて、私が見た日はジゼルだったんですね。
それも旅の思い出ということで。

モスクワに至っては、下調べなしなので、劇場位置も分からず、
チケット屋に地図を渡して指差しで位置を教えてもらいました。

ただのミーハーでバレーを見たので、
今までまともにバレーを見たことがないのですが、
かなり素敵です。

踊りだけで表現し、ロシア語を知らなくてOK
爪先立ちした踊りは凄いし、
生演奏だし、
音楽は同じ曲でも弾き方を変えると雰囲気が違って楽しいです。

席を選ばなければ3000円くらいで買えるし、
まったく興味がない人にもお勧めですよ。

ロシアへの旅18 モスクワ ゴーリキーさんの家

2011年08月05日(金) 21時42分
富士山登りました。
登ること事態は体力的に辛くないけれど、
高山病が辛かった[K]です。こんにちわ。

-----------------------------------------

ロシアに行きたかったのはキジ島のためなので
モスクワは乗り換え通過点にしても良かったのですが、
モスクワに行くことに決めたものがあります。

それは「ゴーリキーの家博物館」です。
ロシア・アール・ヌーヴォーの建築で、
階段の写真に惚れて行くことにしました。

モスクワのユースに着いたのが昼過ぎで、
博物館に着いたのは16:00頃になりました。
某日本の旅行ガイドブックに因れば、
18:00までオープンとあるので
それはそれは安心していたのですが、
16:30でクローズ。

勿論ロシア語が分からない私はなんとなくニュアンスで理解。
ガイドブックの巻末の会話集にある「明日」という文字を指差し、
明日は開園しているか確認しました。
にっこり顔を見せてもらいほっと一息でした。

というわけで2日間に渡りこのゴーリキーさんの家に行きました。

受付や管理はおじいちゃんとおばあちゃん達で
ボランティアかなって感じです。
とても優しいです。

そして2日目は覚えていてくれて撮影料を取られませんでした。
また私を入れて写真を取ってくれました。
この位置から撮るとよいからなど指導つきでした。

※入館料は只ですが、撮影料は取られます。
ロシアの観光地はどこもそんな感じです。
写真取りたい人は+α払います。

ゴーリキーさんの家はこんな感じです。
写真がきれいでなくてすみません。
いいの見たい人は現物を見に行ってください。

天井


階段

ロシアへの旅17 モスクワ空港から町へ

2011年06月29日(水) 22時13分
避けられない道とは、避けられないから、避けられない道と呼ぶ。(当たり前)
言いたいことは、迂回しようが、疎開しようが、避けられないのである。
その先に行きたければ、通るしかないのである。
もし避けられない道を通りたくなければ、その先に行かないことを決定しているに等しい。
と思った[K]です。こんにちわ

------------------------------------------------------------
暑くなってまいりました。
暑くなると去年のモスクワを思い出します。
(去年2010は猛暑でモスクワで熱中症で死亡者が出たり、山火事が起きました。)

サンクトペテルブルグから空港へは地下鉄とバスで行きました。
そのときはルールが良く分からず乗ってしまったのですが、
バスは料金は場合によっては大きな荷物の場合、荷物分も払います。
つまりは、人が立っても荷物のための席は確保されます。
もしそれがいやならそのうち来るバスに乗ってねというのがロシアルールらしいです。
分からなかったために30分くらい立ってしまいました。


モスクワ空港からは、タクシー、ピックアップ、バスが選べますが、
安旅をするならバスでしょう。
バス券はありますが、空港では買えません。
ゆえに初めて来る場合は、バスで現金支払いをしてくださいな。

町に行くルートはいくつかあります。
ただバスはそんなに来ないので、地下鉄を通る番号の一番最初に来たものに乗りました。

空港は4箇所くらいありますが、それらを回ってから町に行きます。
地下鉄駅に着くまでひたすら乗ります。
どうやって地下鉄駅に来たか分かるかですが、
人がやけに降りること、バスターミナルみたいなものがあることで判断します。
渋滞もあったためおよそ1時間くらいバスにいた気がします。

駅に着いたら漸く、キヨスクで切符を買いました。
多少余ったとしても、キヨスクに何度も並んだり、拙いロシア語で
「アイン ビェット パジャレスタ」(1回券ください) と言いまくるよりは、
ここはたくさん買った方が良いという事で2日しかいないのに10回券を購入しました。


しっかり使いました。
初日
1.ホテル行き
2.ホテルから中央部へ
3.中央部からホテルへ

二日目
4.ホテルから修道院へ
5.修道院から中央部へ
6.中央部から蚤の市へ
7.蚤の市から教会へ
8.教会からホテルへ
9.ホテルからターミナル駅へ
10.ターミナル駅から空港へ

交通の話でした。また次回。

ロシアへの旅16 キジ島5

2011年05月08日(日) 23時51分
お久しぶりですね。

先日ちょっと嬉しい話がありました。
バーベキューの場所取りをしたら、そのすぐそばにごみが残っていました。
バーベキューをしている際に見た目よくないので片付け始めたら、
隣のグループの人も一緒に拾ってくれました。

そしてバーベキュー中は邪魔だからとごみを集めたままにしておいたら
新しいグループがその位置にやってきて、
帰りにはそのごみを持っていってくれました。

世の中捨てたもんじゃないですと思う[K]です。こんにちわ。

-----------------------------------------------
そろそろキジ島も終わりを迎えましょう。

キジ島の中には小さな村と教会があります。
教会はロシア独特の玉葱型屋根と日本とは違った古くなった木が、
灰色、光の当たり具合では銀色に見える素敵な建物です。
釘一本として使われていない不思議な教会です。
木が豊かな土地だから生まれたのでしょうね。

キジ島での滞在時間はどの人も3時間。
朝早く島に渡り、最終便で帰るとか言うものはNGです。
みんな平等になるようにという配慮なんでしょうね。
ただ大きな島ではないので大急ぎしなくても回れます。

ぼけている私は1時間間違えて2時間でゲートの外に出てしまったのですが、
島にいる限り素敵な協会を見ることが出来ます。
1時間を使って絵葉書を書きました。

さぁ、ここまでひっぱっておいたキジ島の素敵な教会、「プレオブラジェーンスカヤ教会」を是非ご覧あれ。




ロシアへの旅15 キジ島4

2011年03月26日(土) 22時37分
また明日といいながら随分日が経ってしまった[K]です。
こんにちは。

震災にあわれた方には月並みな言葉しかかけられる気がしません。
大きなことは出来ないけれど、小さなことを頑張りたいと思います。
また、生きていることを大切にしたいと思います。

---------------------------------------------------

電車だけでなぜこんなに語ってしまったのでしょうか?
こちらについて話したいと思います。

2.水中翼船の予約



夏は大人気だそうです。
私も1ヶ月前から準備を始め、
すぐに予約しようとしたのですが、
2つの会社に断られ、
空いたら連絡ほしいと返信したら、
ちょうどそのとき空きが出てOKになりました。

きっと自分と旅行行程の被っていた
日本のツアーが催行されなかったためではないかと思います。

2つの会社
Russia Karelia Trails
Karelia tourism potal 

どうも現地の方、他国の観光客は近くのほかの島々も回るらしく、
いろんな島の協会に行くツアーなどがあります。

メールを出してこうしたいと伝えれば大丈夫だと思います。
最終的には、Karelia tourism potalにて私は予約を取りました。

しかし、予約確認書とか、支払いはなし。
本当に予約されたのか心配でした。
でも大丈夫で、当日乗り場で代金を支払い乗れたので良かったです。

湖は大きいため少し波がありましたが、
ボートに乗ってもそんなに揺れません。

また、ボートの中央に少し外に出るところがあります。
キジ島に着くまで小さな島々が見えるので結構外に居ました。

しかしロシア人仕様なのか、160cmの私が背伸びしてやっと見える高さです。
なので優しいロシア人は、自分も楽しみにしているだろうに私に縁を譲ってくれました。

ロシアに行くまでは、
勝手にロシア人は寒い中口を閉ざして冷たいイメージでしたが、
そんなことはロシアに行って、すぐに消え去りました。
どこ行っても素敵でした。


冬に今回紹介した旅行会社のサイトを見てみると、冬でもキジ島に行けるみたいですね。
湖が凍ったのをいいことにスノーモービルを使っていくのですね。
びっくりです。

ロシアへの旅14 キジ島3

2011年03月17日(木) 23時20分
計画停電中に懐中電灯の明かりで布団に潜り込んで(寒いので)
本日発売の漫画を読んでいたら、
小さい頃、姉の漫画を内緒で布団に潜り込んで読んで、
見つかったときにばればれな嘘を吐いたことを思い出しました。
あの時は言えなかったけど、今更ながら
嘘を吐いて、また無断で借用してごめんなさい。

放射能のアルファー線、ベータ線、ガンマー線の
ガンマー線は水を透過しないそうです
ただ、水の中では生きられないのが人間です。
魚になりたい[K]です。 こんにちわ。

-----------------------------------

本日は、予約できたら、実際に乗るまでのお話。

予約が取れましたら、プリントアウトして旅行に持って行きましょう。
それで駅のチケット売り場で実際のチケットと引き換えてもらいましょう。

日本の駅と異なり、行き先によって駅の位置も異なるので注意です。
東京駅みたいに仙台いくも、軽井沢いくも、大阪いくも同じ駅からってことにはなりません。
しかも間違えるとそれぞれ離れているのでピンチです。

サンクトペテルブルグからはラドーシスキー駅から発車します。

ラドーシスキー駅に夜いくと深夜列車も多いのか、21時とかになっても人は絶えません。
なので怖くはありませんが、盗人には注意が必要です。
どこの国も駅は注意ポイントです。

私はネットで予約したらOKかと思い、直接列車に乗り込もうとしたら、
チケットいるよって言われて、構内を走ってチケット売り場まで行きました。
間に合ってよかったです。

チケットはピンク色でちょっと上等な紙の商品券とかについている
キラキラするものもあり、複写できないようにしています。

構内案内は掲示板で確認することができます。
列車番号、出発時刻、ホーム番号、行き先、
同じ行き先や、ホームがいくつもあるのでがんばってください。

無事自分のホームが分かったら、チケットに書かれている号車の前に行き、
チケットとパスポートを駅員に渡してください。
ロシアではロシア人に対しても国内用パスポートがあります。
行動規制かもと思いました。

すると先ほどのちょっと素敵なチケットをびりっと手で千切られます。
パンチとか期待していました。

そして自分の座席を探します。
列車が走り出した後、チケットの再確認がありましたので、なくさないようにね。

ロシアの鉄道は主要駅での停車時間も長いため、定刻出発でした。


また長くなりましたのでまた明日です。

ロシアへの旅 13 キジ島2

2011年03月16日(水) 22時23分

放射能対策として、ガンマー線には昆布が有効というサイトを見つけてしまい、
(NPO法人のため、程々に信憑性があるかと)
苦手な昆布をしばらく口にすることにした[K]です。

こんにちわ。
------------------------------------------------------

☆サンクトペテルブルグ→ペテロザボーツクへの列車予約

ロシア電車予約システムの使い方を説明した親切なブログがあります。
最近は新システムに変わってしまいましたが、大体のところは同じです。
ただ、何故か私のクレジットの認識をせず予約できず。

私が使用したシステムはこちらです。
こちらの方が高いような気もします。
英語対応可能です。座席指定できます。

憧れのコンパートメントとかもありますが、予算の関係上断念。
一番安い3等者へ。といってもぎゅうぎゅう詰めじゃないし、
足を伸ばして寝れるし快適ですよ。

3等車に一人で乗るなら断然LOWER BEDをお勧めします。
理由:ベッドの下が蓋付き物置になっており、
蓋がソファーになります。
つまり自分が立ち上がらないと荷物が取り出せない
=荷物は盗まれる心配なしということです。
 (ロシアの電車は治安は悪くありませんが……)

窓側下段は寝るところの下に物は置けますが、
蓋付きではありません。。
ベッド側にも窓あります。

また2階建てベッドの2階に上がるためには
ステップ階段を上る必要がありちょっと急です。

1つだけ2階のよいことはいつ寝てもOKということです。
寝る時間になる前は、下の人の寝台に座っていますので、
上の人が2階に上がるまで下の人は横になれないのです。

私が眠たそうだったため、ロシア語しか話さないお兄さんに
ジェスチャーで場所を変わるかと聞かれましたが、
荷物が心配で眠かったのですが、
言っていることが分からない振りをしました。(ひどっ)

長くなってきましたのでまた明日。

ロシアへの旅12 キジ島1

2011年03月15日(火) 21時40分
こんにちわ。
関東在住です。
計画停電でもしかしたら素敵な夜空が見えるかと思っていましたら、
外に居ていいような状況ではなくなりました[K]です。
------------------------------------------------------

ロシアへ行くことを決めたのは、
世界遺産100選でキジ島の写真を見たことに始まります。
ゆえに「キジ島なくしてロシアの旅はない」というのが今回の旅のコンセプトです。

サンクトペテルブルグから300kmほど離れていても、
往復夜行であっても、それはGOです。

そのキジ島ですが、名前の通り島なので、周りを水で囲われており
一般には船で、まれにヘリを使う人がいます。

クルーズ船もありますが、安旅でありますと、
ペテルザヴォーツクから水中翼船に乗っていく方法があります。
夏は観光客でかなり混雑しており、予約を取っておくことをお勧めします。
でも当日予約していた人はいました。
ただ、遥々日本から来て見られないなんてことになったらショックですよね?
可能なら予約しましょう。

ということで、明日以降2つの予約方法を説明します。
1.ロシア鉄道の予約
2.水中翼船の予約

ロシアへの旅11 ペテルゴーフ

2010年09月17日(金) 23時17分
元気ですか?
皆に伝えられるほどの元気があればよいと思う[K]です。こんにちわ
-------------------------------------

ユースに泊まっているウクライナ人に尋ねると、サンクトペテルブルグの中でペテルゴーフが一番素敵だと言われた。
それで行くのをパスしようとも考えていたペテルゴーフにいくことを決めました。

ペテルゴーフはサンクトペテルブルグから直線15kmほど離れた岸に面したところにある公園です。
噴水が有名で11:00になると音楽と共に彫刻に作られた噴出し口から水が音楽に合わせて飛び出します。
なので、行かれる方は11:00より前に来ていることをお勧めします。



方法はエミタージュ美術館前からの高速船に乗っていく方法と
地下鉄とバスで行く方法があります。
安旅好きにはどちらを選んだか言うまでもないでしょう。

地下鉄を降りてから、ガイドブックに書かれていたバスの番号の乗り場を探し、
乗る前にガイドブックの写真を指差しながら「すみません、ペテルゴーフ?」と聞きます。
「行く」という単語すら覚えていないのでこれで精一杯です。
「いくよ」っと返って来たら、バスの上の方を見ると料金が書かれています。
なるほど場所によって違う金額をこう表示しているのですね。
行くかどうか聞いておくと、行き先を間違えないのは勿論、降りるころになると親切に教えてくれます。
何を言われたか分からないけれど、降りろってことだけ通じて降りると上の公園と言われるところに着きます。

ペテルゴーフに行く前に、その少し前にロシア風教会がありましたのでぐるっと一周
モスクワの聖ワシリー教会とサンクトペテルブルグの血の教会だけではないのですね。
タイミングが日曜日だったため、中ではミサをやっていました。



下の公園が有名ですが、無料の上の公園も刈られた木々の並びがきれいです。
のんびり一日過ごすならこちらも通ってみたら?



下の公園は噴水と大宮殿が有名ですが、大宮殿は夏の間は団体客優先。チケットも買えれる時間が限定。ゆえに中に入りたい人は団体バスツアーの方が良いでしょう。
そんなわけで私はパスしました。

その代わりモン・プレジール宮殿に行きました。
宮殿と名前は付いていますが、イメージとしては誰かの別荘地という感じがします。
大きさもさほど大きくないのですが、中々他では見られない部屋がひとつ。
漆塗りの部屋。
ロシアは広いなと思うところがこういうときにあります。
ヨーロッパの影響を受け暖炉があり、その装飾には中国や日本の焼き物。
それがマッチしてるのですから不思議です。
湿度管理がと言われすぐ追い出されてしまったのですが、感銘を受けました。



注意:この公園内には殆どトイレがありません
船着き場に向かう途中にある仮設トイレが全てのような気がします。