歩く地図シリーズ

2005年11月27日(日) 22時45分
逃避行に走るために図書館まで走った[K]です.
こんにちわ.
_____________________________

その図書館で借りてきたのが,こちら.
逃避行グッズ.旅行書です.

オンライン書店ビーケーワン:名古屋・三河・浜名湖

歩く地図シリーズは,その名の通り,
地図が独りでに歩き出すというのは嘘ですが,
歩くことを前提に書かれている旅行書です.
狭い地域について,一軒一軒の店の名前が親切に書かれています.
目印の建物をだけ載っている地図とは異なるため,
これを持ってして迷うことはできないでしょう.

地図では一つ一つ手書きで店の名前が書かれているところが味があります.
バス停の行き先,発車位置もきっちり書かれています.
また,観光地もいくつも書かれているのが特徴です.

一つ難点を挙げるとしたら,
「歩く」人のための地図ゆえに,駅の近くについて書かれていることがもっぱらです.
駅から離れたところに行きたいと考えている場合は
役に立たない場合もあるかもしれません.

それでも歩くことが好きな貴方にはぴったりでしょう.
読んだことがありますか?
シリーズの中でお勧めの場所がありましたら教えてください.

新全国歴史散歩シリーズ

2005年11月26日(土) 13時40分
切羽詰れば詰まるほど,逃避行に走る[K]です.
こんにちわ.
____________________________

まさしく逃避行に相応しい本,旅行書を読んでいます.
「るるぶ」とかレジャーと名所が一緒になった本は色々ありますが,
歴史的名所を詳しく紹介するのがこちらの本,
新全国歴史散歩シリーズです.

オンライン書店ビーケーワン:静岡県の歴史散歩

この本は歴史を知りながら観光するには楽しい本ですが,
難点があります.

等高線を用いた地図が利用されており,
正確でいいのですが,分かり辛いということがあります.
また紹介する量が多すぎて,
何処が必ず行くべき名所なのかが分からなくなります.
本自体が1990年代に製作され,古いというところもあります.

それを差し置いても旅行前後に一読すると楽しいと思いますので,
紹介させていただきます.
このシリーズを読んだことがありますか.

大人力検定

2005年10月17日(月) 23時52分
久しぶりに同好会に出た[K]です.
こんにちわ.
汗を流してスポーツをするのは楽しいことです.
__________________________


先日,友達の家で面白い本を見つけました.
大人力検定.

オンライン書店ビーケーワン:大人力検定

こんな場合はどう受け答えするかを4択問題のクイズ形式となっています.
行事ごと,恋愛ごと,様々です.
この本のとてもいい事は,1問1答形式で,
さらに解説がとても笑えることです.
ついつい次の問題を読んでしまう,読ませる本です.

いい?大人の会話をしたいと願う方はどうぞ一読してください.
4択クイズの選択が面白いのでそれを楽しむのもまた一興でしょう.

アブダラと空飛ぶ絨毯

2005年09月27日(火) 23時32分
虫というものは一人でいるのは寂しすぎるそうです.
ゴから始まる某虫も,ムカデも,
そしてお口の中に巣を作る虫歯も例外ではないそうです.
虫歯治療に行ったら,他のところにも虫歯があると言われ,とてもショックな[K]です.
こんにちわ.
____________________________


whangdoodleさんからもコメントをいただきました本です.

『アブダラと空飛ぶ絨毯』

オンライン書店ビーケーワン:アブダラと空飛ぶ絨毯

昨日と同じでダイアナ・ウィン・ジョーンズ先生による作品です.
こちらの本,実はあのハウルやソフィ,カルシファーも登場します.
ただし,主人公はアブダラという青年で,続編として捕らえるとショックかも知れません.

でも相変わらずソフィーが元気そうで,
また予想外な展開がとても面白いファンタジーです.
ハウルさんたちに一目でも会いたいという方はどうぞ.
ファンタジー好きにもお勧めですよ.

魔法使いハウルと火の悪魔

2005年09月26日(月) 23時41分
どうも虫歯になったようで,歯の様子がきになる[K]です.
こんにちわ.
明日にでも歯医者に行こうかしらね.
_________________________


『魔法使いハウルと火の悪魔』

題名から想像されるように,
スタジオジブリで製作された『ハウルと動く城』の原作です.
分野としては児童文学とされますが,大人でも苦にならないファンタジーです.

オンライン書店ビーケーワン:魔法使いハウルと火の悪魔

流れとしては原作のような感じですが,
かかしのことカブさんの役割も異なっており,
別の作品としても楽しめる作品です.

ソフィおばさんにもう一度会いたい方は是非どうぞ.

からすのパンやさん

2005年09月19日(月) 22時10分
夕飯代わりにサッポロポテトを丸一袋空けてしまった[K]です.
こんにちわ.
__________________________


私は小学生の間,ほとんど本を読みませんでした.
記憶によれば小4のとき,母にねだって寝る前に本を読んでもらったくらいです.
その後も努力しなかったせいもあり,今でも音読ができません.

図書館に寄り付かなかった私ですが,
小学校高学年のときに探した絵本があります.
それが,かこさとし先生の「からすのパン屋さん」です.

オンライン書店ビーケーワン:からすのパンやさん

その話がとっても面白かった,などということはちっとも覚えていないのですが,
もう一度読みたくなったので,図書館で予約しました.

ところが,何も考えず予約したのですが,
本は想像以上に大きかったです.
サイズ51cm.
(きっと横幅,たてはもっと大きいです)
初めてであったときの4倍の大きさくらいです.
私が大きくなるのと同じように大きくなっていたようです.

これを自転車で片手にもちながら,
数キロ先にある寮まで坂を上りながら帰りました.(泣)


話の内容は,

ある森にからすがいっぱい住んでいて,
その中の一家族はパン屋を営んでいました.
しかし,4人の赤ちゃんが生まれたばかりで,
その世話が忙しく,
パンを焦がしてしまったり,
お店の清掃まで手が回らなかったり,
だんだん売り上げが落ちてきました.
そして…….


道徳とかそんなこと抜きで,ただ面白い,楽しいという本です.
お子さんがいる方は一度読まれてみるのも良いかもしれませんね.
もちろん大きいサイズで.

議論の余地しかない

2005年09月15日(木) 21時34分
卵を持って帰る間に2つも割ってしまった[K]です.
こんにちわ.
__________________________

前回も紹介しましたが,森博嗣先生という素敵な作家さんがいます.

森博嗣先生は『すべてはFになる』を代表作に,
多くのミステリーを書かれている作家さんです.

本業が建築を教える助教授ということもあり,
建物や,理系よりな話もあり,ちょっと読んでいて嬉しいです.

クロネッカのデルタを黒猫のデルタとかけてみたり,
封印再度とHow Insideをかけてみたり,
ユーモア溢れる作家さんです.

そんな先生ですが,ミステリーではなく,
ミステリー中に使ったドキッとする言葉と写真とをあわせた本があります.
それが『この議論の余地しかない A Space under Discussion』です.

ちょっと一文お借りして,
「正解とは,真実とは,本人が最も納得できる仮説に他ならないのです」

こういう,『ああ,言われて納得』な言葉が一杯詰まってます.
読んでみてはいかがでしょうか?

オンライン書店ビーケーワン:議論の余地しかない

京極噺六儀集

2005年09月03日(土) 22時29分
web拍手で拍手をもらって,
コメントももらって,
駄文を最後まで読んでもらって,
喜んでいる[K]です.

____________________________

友人から面白い本を読ませていただきました.
京極夏彦先生著,「京極噺六儀集」です.

オンライン書店ビーケーワン:京極噺六儀(だいほん)集

どんな話かといえば,狂言です.
狂言とは,日本の伝統文化の一つですよね.

ちょっとした小話の途中にチョコチョコ落ちを入れて
最後も落とす
と,これが適度に面白いわけですね.

その中に死神がでてくる話があるのですが
いい言葉があります.

幸福は人によって差があるけれど,
死は誰にでも公平に訪れる.
だから福の神より,死神のほうが好きだ

面白いでしょう.
その時,友達が言った言葉は

幸せは相対的
死は絶対的


幸せは人と比べて,ああ良かったと思い,幸せを知るってことですね.
でももし,幸福は絶対的に見つけられる自分があったら,
本当の意味で幸せでしょうね.

世界がもし100人の村だったら

2005年07月13日(水) 21時25分
世界がもし100人の村だったら

○○人は,鉛筆を持ったことがあり,
自由に文字や絵を描くことができます.

まぁ,書いてある内容はこんな感じで,
今ある自分に感謝しなさい,
周りを大切にしなさい,
他の考え方も受け入れなさい,
ってことなんでしょうか.

ちょっと表現に,「何々ができない,○○人の人より裕福です.幸せです」と書かれてむっとくる文章もありますが,分かりやすいと思います.

オンライン書店ビーケーワン:世界がもし100人の村だったら

さて,在るか無いか分からない私の良心の元に,
著作権を侵害するのを少しずつやめていこうと思います.
というわけで,手始めに,ブログを書くために,
どこかから引っ張ってきた画像の使用を減らします.
(無くすと言わないところが恐ろしい.)

そんなわけで,上記の絵は,オンライン書店ビーケーワンというところのを借りました.よくあるサイトから購入者がでると,その利益のいくらかがもらえるってヤツですね.リンクがすっきりしているので,アマゾンをやめてこちらにしました.

ポイントが溜まることなんて無いだろうと思いますが,私と同じで,本の画像を使いたいが,著作権は侵害したくない人にお勧めします.


今日のブログ
ボチボチでんな 精進しなはれ

13歳の黙示録

2005年05月29日(日) 23時31分
13歳ってどんな歳でしょう.

ティーンエージャーの最初の歳
 (注:eleven twelve thirteen fourteen……
  よって十代という意味ではなく実は13から19を指すそうです.
  私は最近その事実を知りショックを受けました.)

中学生の2年でなる歳

不吉な数字の歳



少年保護法が適応される最後の歳

というわけで,少年保護法を題材にした小説です.著者は宗田理先生,そうです,あのぼくらのシリーズの著者であります.舞台はある学校の先生と12歳の少年が徐々に大きくなっていく話です.

少年保護法は「少年の今後の人生について優しさが見られる法律」ですが,本当にそれがいいことなのか.結構考えさせられます.宜しければお試しください.